韓国語で「ごめんっ!」親しい相手に「ごめんっ!」と謝るためのフレーズをご紹介!

韓国語で「ごめんっ!」親しい相手に「ごめんっ!」と謝るためのフレーズをご紹介!

韓国アイドルのバラエティーで、オンニたちにからかわれたマンネがプンプンと怒っているのに「ミアナダ、ミアナダ~」と適当にあしらわれてるようなやりとりは、女性アイドルばかりでなく男性アイドルでも珍しいものではありません。

ほほえましいやりとりにㅋㅋㅋ(ククク)と笑ってしまうことも。とはいうものの、からかっているわけではなく、本当に謝らなければならないこともあります。そんなときは軽々しい口調ではなく、「チョンマル、ミアネ……」と謝っています。

韓国語で親しい相手に謝るには、どんなフレーズを選択すればいいのでしょうか。親しいからこそフォーマルのようなよそよそしい言い方はしたくないですし、だからといって謝罪の気持ちが伝わらないのも困ります。

そこで今回は、韓国語で親しい相手に謝るためのフレーズをご紹介します。

この記事の目次
・韓国語でごめんっ!미안해(ミアネ)/미안(ミアン)
・죄송해(チェソンへ)
・정말(チョンマル)で誠意を伝える
・まとめ

韓国語でごめんっ!미안해(ミアネ)/미안(ミアン)

韓国語でごめんなさいというときに、ポピュラーなものが「미안해요(ミアネヨ)」です。親しい関係ですが敬語でなければならない相手へのフレーズです。

韓国では絶対敬語が使われています。相対敬語である日本の敬語をあてはめることはできません。例えば、韓国では祖父、両親といった家族にも、フランクな敬語があたりまえなのです。

この「미안해요(ミアネヨ)」は「미안하다(ミアナダ/すまない)」が原型になります。すまないばかりでなく、気の毒という意味合いも。もともとは漢字語なので、漢字では未安と表記することができます。

もし、相手が自分よりも地位や年齢が低かったら、「미안해요(ミアネヨ)」というよりも、「미안해(ミアネ)」または「미안 (ミアン) 」といいましょう。敬語を使わなくてもいい相手にごめんなさいと丁寧にいうのはおかしなものです。「ごめん」「すまん」と謝るのがベストになります。

죄송해(チェソンへ)

韓国語での謝罪フレーズとして、「죄송합니다(チェソンハムニダ)」があります。申し訳ありませんという意味合いがある言葉です。本当に悪いことをしてしまったときには「미안해요(ミアネヨ)」よりも「죄송합니다(チェソンハムニダ)」のほうがふさわしいでしょう。

この「죄송합니다(チェソンハムニダ)」も敬語ではなく、ごめんということができます。相手の地位や年齢が、自分からみて低いときは、「죄송해(チェソンへ)」というべきなのです。日本語にすると「申し訳ない!」ともなります。

「죄송해(チェソンへ)」は知り合いではあるけど距離がある、そんな関係の相手にも使うことができます。「미안해(ミアネ)」だと馴れ馴れしくなってしまうかもしれません。

比較的幅広く使用できる「미안해(ミアネ)」だけでもカバーすることはできますが、「죄송해(チェソンへ)」も知っておくと、相手にごめんと謝りたいときには便利でしょう。

정말(チョンマル)で誠意を伝える

미안해(ミアネ)…미안해(ミアネ)…
죄송해(チェソンへ)…죄송해(チェソンへ)…

これだけでもごめんという気持ちは伝わりますが、もっと心を込めた言い方をすることができます。韓国ドラマでも정말미안해(チョンマルミアネ)と謝っているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

정말(チョンマル)とは「ほんとうに」という意味です。副詞である정말로(チョンマルロ/ほんとうに)の略でもあります。

정말미안해(チョンマルミアネ)…미안해(ミアネ)…
정말죄송해(チョンマルチェソンへ)…죄송해(チェソンへ)…

정말(チョンマル)があるだけで、本当にごめんと思っていることがわかるようになります。

ハングルをそのまま発音すると「チョンマル」ですが、ネイティブだとほとんど「チョンマ」という言い方になっています。そのため、発音するときは最後のルをはっきり発音しないようにするといいでしょう。

韓国の文化では日本ほど繰り返してごめんはいわないようです。しっかりとごめんと謝ったら、ポジティブにこれからについて考えましょう。同じ失敗をしないこと、きちんと埋め合わせをすること、そしてそのことを相手にわかってもらうことが大切になります。

まとめ

韓国でごめんというときは、미안해(ミアネ)、죄송해(チェソンへ)と敬語ではなくタメ口であるパンマルにしましょう。また、정말(チョンマル)をつけくわえるだけでも、心から謝りたいという気持ちを伝えることができます。

韓国語でごめんということができたら、さらに相手と仲良くできるはずです。きちんとごめんをいうことができないばかりに、すれ違ってしまいたくはないものです。それは韓国でも日本でも変わらないでしょう。

미안해(ミアネ)!とかわいいキャラクターがいっているかわいいスタンプもあるので、LINEやカカオトークで活用するのもいいかもしれません。

韓国語のごめんから、韓国人と仲良くなると、韓国語でのやりとりも増えてくるはずです。韓国語に興味を持つきっかけになるかもしれません。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国語の初心者でもネイティブスピーカーの先生がわかりやすくレッスンをしてくれるので、韓国語でさまざまな気持ちを表現できるようになります。

まずは体験レッスンで、韓国語で気持ちを表現するための一歩を踏み出しましょう。

体験レッスン申込

60分500円の韓国語教室 K Village
一緒に韓国語レッスンしませんか?

上場企業グループが運営する安心の韓国語教室

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保校 新大久保駅前校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校(梅田)
なんば校 大阪新校(西梅田)
福岡校

体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語の「パッチム」の発音を覚えたい!「パッチム」簡単な3つ…

  2. 韓国語の手紙の書き方が知りたい!ファンレターの送り方もご紹介…

  3. 韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズ…

  4. 韓国語を使ってバイトをしてみる?韓国語の接客用語・フレーズで…

  5. ハングルは世界遺産だった!世界遺産に登録された3つのスゴイポ…

  6. ハングルでうちわに文字入れをしたい!フォントやハングル文字メ…

  7. 韓国語で〈使う〉はなんて言う?韓国語の使える言い方をご紹介!…

  8. 韓国語で恋愛したい!韓国人と恋愛する愛の言葉やフレーズをご紹…

  9. 韓国語の翻訳機って?韓国でも使えるの?話題の韓国語翻訳機をご…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。