【PR】韓国語教室の求人をチェック!日本人・韓国人のスタッフ・教師を募集!

韓国語教室の求人をチェック!日本人・韓国人のスタッフ・教師を募集!

韓国語教室のスタッフとして、韓国人と一緒に働きながら韓国と日本の架け橋になることもできます。韓国と関わる仕事をするために、韓国に留学するために、国内でも韓国語が飛び交う環境にいたいという気持ちもあるでしょう。

日本で生活している韓国人にとっても、日本の韓国語教室で韓国語教師をすることにはとても魅力があります。日本人とのつながりができるだけでなく、日本語のスキルアップにもなるからです。

韓国語教室の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。日本人ならどのくらい韓国語ができなければならないのか、韓国人なら韓国語教師経験ばかりでなく、就労ビザも気になるところです。

そこで今回は、日本人・韓国人のスタッフ・教師を募集している韓国語教室の求人をチェックしてみます。

この記事の目次
・韓国語教室の日本人スタッフ
・韓国語教室の韓国語教師
・韓国語教室に勤務するメリット
・まとめ

韓国語教室の日本人スタッフ

韓国語教室の所在地が日本にあるのなら、当然ですが日本人受講生を想定しています。韓国語がまったくできない初心者から、ある程度の韓国語を理解できる中級・上級者まで、さまざまな韓国語レベルの受講生たちがいます。

体験レッスンを申し込んだからといって、必ずしも初心者というわけではありません。これまで独学で韓国語を勉強していた経験がある場合もあります。このような体験レッスン参加者の対応も日本人スタッフの役割です。

韓国語教室に体験レッスンの申込者が到着したら、どんな韓国語教室なのか、どんなシステムなのかを説明します。そして、体験レッスン終了後、入会を希望する場合には手続きもおこないます。

韓国語教室にとって、体験レッスンの参加者はとても大切な存在です。体験レッスンの満足度によって、これから韓国語教室の受講生になるかもしれないのです。体験レッスンの内容ばかりでなく、対応してくれたスタッフの印象も判断材料になることもあります。体験レッスンの対応は日本人スタッフにとって重要な仕事というわけです。

韓国語教室の事務を担当することになるため、在籍している韓国人教師たちともコミュニケーションをとることができなければなりません。そのため、韓国語の日常会話レベルが求められます。

韓国語教室の韓国語教師

韓国語教室ではネイティブスピーカーだけを採用しているのか、ネイティブスピーカーでなくても採用しているのかという違いがあります。

ネイティブスピーカーは韓国語を母語としているひとです。国際結婚家庭に育ち、国籍が日本であっても韓国語と日本語のバイリンガルになったというパターンもありますが、基本的には韓国出身の韓国人教師に限定されます。

ネイティブスピーカーのみを採用している韓国語教室には、日本人の韓国語教師はいません。そしてネイティブスピーカーであることだけでなく、求人にはさまざまな条件が提示されます。

講師の経験があることは絶対条件でなくても、日本語の中級レベルが求められます。日常会話が成立しなければなりません。外国語教授法もさまざまですが、日本語で説明しながらのレッスンがほとんどです。日本人受講生とのコミュニケーションをとるうえでも、ある程度の日本語スキルが必要となるのです。

海外で働くときに気を付けなければならないビザ関係では、ワーキングホリデービザを持っていること、在留資格を持っていることなど、確認が必要となってきます。また、韓国の2、3年制の専門大学にあたる「短大卒」という学歴が求められます。韓国語教室で就労ビザをサポートしてくれる場合もあるので、あらかじめ求人をチェックしてみてください。

韓国語教室に勤務するメリット

韓国語教室で日本人スタッフとして勤務をすることには、韓国語・韓国文化に興味がある日本人にとってたくさんのメリットがあります。韓国語のスキルがあるのなら、必要なのは韓国語と韓国文化を理解しようとする姿勢だけです。。

韓国人スタッフとのやりとりから、韓国語のスキルアップができますし、韓国文化を知る機会も得られます。韓国語教室で働いた経験は、韓国留学や韓国企業への転職にも役立つでしょう。たくさんのスタッフや受講生に接することで、コミュニケーション能力そのものもアップします。

韓国語教室で勤務する韓国人には、韓国語を日本人に教えたい、韓国の文化を日本人に知ってもらいたいという気持ちを持った講師が求められます。そのため日本人と積極的にコミュニケーションをとりたい韓国人がふさわしいといえるでしょう。

韓国語と韓国文化を、自信を持って日本人に紹介する韓国語教師の仕事は、韓国人にとってやりがいのあるものに違いありません。

また、韓国語教師として働いた経験は帰国してからも役立ちます。韓国国内にもたくさんの韓国語教室があります。帰国後に韓国語教師として就職する選択肢にもなるのです。

韓国語教室は日本と韓国の国際交流拠点です。何よりも日本と韓国のつながりに貢献したいという気持ちが大切になるでしょう。

まとめ

韓国語教室では日本人スタッフと韓国人教師が求められています。日本人と韓国人が一緒に働くことは、他では得ることができない貴重な経験になるはずです。韓国語教室にしかないたくさんの出会いもあります。

韓国語教室 K Village Tokyoでは日本人スタッフ・韓国人教師をそれぞれ募集しています。

engage

韓国が大好きな日本人、日本が大好きな韓国人で、日本と韓国をむすぶ架け橋になりたいという気持ちがあるのなら、韓国語教室の求人に応募してみてはいかがでしょうか。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校 TEL 03-3232-1916
上野校 TEL 03-5826-4823
横浜校 TEL 045-620-9810
名古屋校 TEL 052-212-5854
大阪校 TEL 06-6809-3624
なんば心斎橋校 TEL 06-4963-3137
福岡校 TEL TEL 092-791-7475

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国語教室はどのくらいで会話ができるようになる?3か月で話せ…

  2. 韓国語は世界で1番日本人が「簡単」に覚えられる!共通点を見つ…

  3. 韓国語でごめんっ!親しい相手に謝るためのフレーズをご紹介!

  4. 韓国語の単語の覚え方!単語帳で語彙力を増やすための3ステップ…

  5. 韓国語式英語のコングリッシュって?韓国語ならではの外来語がお…

  6. 韓国語の助詞って日本語の「てにをは」のこと?覚えやすいポイン…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。