韓国語のフォントを知ろう!気になるハングルの書体をご紹介!

韓国語のフォントを知ろう!気になるハングルの書体をご紹介!

韓国語にもさまざまなフォントが存在しています。ワードのフォントをスクロールしながら、ハングルにはどんなフォントがあるのか興味を持ったかもしれません。韓国のSNSでも見慣れないフォントが気になることもあるでしょう。

韓国語の文書を作成するわけでなくても、気になる韓国語のフォントを知ることで、なかなか身に付かない韓国語のタイピングを覚えるきっかけにもなるはずです。

韓国語のフォントを知ろう!気になるハングルの書体をご紹介!

そこで今回は、韓国語のフォントについて、くわしくご紹介します。

この記事の目次
・韓国の歴史的なフォント
・韓国でも標準的なフォント
・デザインにこったフォント
・まとめ

韓国の歴史的なフォント

韓国語のフォントを知ろう!気になるハングルの書体をご紹介!

訓民正音は木版が盛んだった朝鮮半島らしく、木版にハングルで印字されました。訓民正音とは朝鮮民族固有の文字であるハングルについて、公的に発表すると同時に、くわしく解説した書物のことです。訓民正音のハングルがスタンダードなフォントとして知られるようになったのです。

現在でこそさまざまなフォントがありますが、それでも数多くあるなかに歴史的なフォントも残っています。

■판본체(パンボンジェ)

訓民正音の書体がモチーフとなっているものです。漢字で表記すると板本体。정음체(ジョンウムジェ)といわれることもありあます。どこか直線的で左右のバランスが対象となっているのが特徴です。漢字の隷書体とも似ているので、イメージがしやすいかもしれません。現在では書道分野で定着していますが、実生活で活用されることはほとんどありません。

■궁서체(クンソジェ)

朝鮮王朝時代、宮廷の女官たちのハングルがモチーフとなったフォントです。궁서체(クンソジェ)とは宮書体を意味しています。판본체(パンボンジェ)と比較すると、女性らしくやわらかい筆遣いが印象的です。また、판본체(パンボンジェ)のように、左右対称にはなっていません。

韓国でも標準的なフォント

韓国語のフォントを知ろう!気になるハングルの書体をご紹介!

韓国語にも「明朝体」「ゴシック体」といった、標準的なフォントがあります。日本の明朝体やゴシック体の特徴も持ち合わせているので、見比べてみるとおもしろいでしょう。

韓国版のワードにはさまざまなフォントがあります。韓国国内でメジャーになっているフォントをピックアップしてみます。

■바탕체(パダンチェ)

韓国版の明朝体です。韓国語で바탕(パダン)は基礎のこと。韓国のワープロソフトではほとんどが「標準」としてこのフォントが設定されています。판본체(パンボンジェ)よりも、궁서체(クンソジェ)に似ており、明朝体らしく「トメ」がはっきりしています。

■돋움체(トドゥムチェ)

韓国版の角ゴシック体になります。韓国語の돋움(トドゥム)には「目立つように上げる」という意味合いがあります。바탕체(パダンチェ)よりも直線的なので、どちらかというと판본체(パンボンジェ)に似ているかもしれません。韓国でもよくみかけるフォントにあげられるでしょう。

■굴림체(クルリムチェ)

韓国版の丸ゴシック体です。돋움(トドゥム)が目立つように上げるのに対し、굴림(クルリム)には「まるくけずる」という意味があります。돋움체(トドゥムチェ)のように直線的ではありますが、コーナーがまるくなっているのでやわらかい印象のフォントです。

デザインにこったフォント

最近の韓国ではデザインにこったフォントも人気があります。無料でインストールして個性的なハングルを活用することができるのです。プライベートで自分の個性を表現するためにインストールしている韓国人がたくさんいます。

■나눔글꼴(ナヌムグルコル)

돋움체(トドゥムチェ)ほと直線的でなく、굴림체(クルリムチェ)ほどまるっこくもない、活用しやすいフォントとして人気になっています。

■배달의 민족(ペダルエミンジョク)

韓国高度成長期を彷彿とさせる、ちょっとレトロなフォントです。あえて時代っぽいデザインにしたいポスター制作に活用することができます。

■HUCat122

女の子らしい印象のフォントです。女の子特有のクセ字を再現したかわいらしい仕上がりになっています。男性が使用するには抵抗があるかもしれません。比較的、韓国の女子高生たちに好まれているようです。

まとめ

訓民正音からはじまったハングルは、現代になって数えきれないほどのフォントができるまでになりました。歴史的に定着したフォントから、一般的な文書作成に必要となるフォント、個性を表現できるイマドキなフォントまであるのです。

どのような目的で使用するのか、どのように表現したいのかをふまえて、フォントを選択するのがベストです。韓国のホームページや出版物のフォントをチェックしてみるのもおもしろいでしょう。このような媒体のものには、このようなフォントが使用されるという傾向もみえてくるはずです。

韓国語のフォントをきっかけに、韓国語そのものに興味を持つこともあるでしょう。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、ネイティブスピーカーの先生が、初心者にもハングルの読み書きから教えてくれるので心配することはありません。ハングルがわかれば、さらにフォントの違いもみえてくるはずです。

まずは体験レッスンで、韓国語のフォントから韓国語の勉強への一歩を踏み出しましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校 TEL 03-3232-1916
上野校 TEL 03-5826-4823
横浜校 TEL 045-620-9810
名古屋校 TEL 052-212-5854
大阪校 TEL 06-6809-3624
なんば心斎橋校 TEL 06-4963-3137
福岡校 TEL 092-791-7475

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国語の助詞って日本語の「てにをは」のこと?覚えやすいポイン…

  2. 韓国語であいさつをしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさ…

  3. 韓国語で「会いたい!」。会いたい気持ちを韓国語で。만나고싶다…

  4. 名古屋で見つけた韓国!中部地方の韓国人の窓口にはコリアンタウ…

  5. 韓国語で「友達」って?「チング」だけではない友達の言い方をフ…

  6. 【PR】韓国語教室の求人をチェック!日本人・韓国人のスタッフ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。