【アボジ】韓国語でパパ(お父さん)って言いたい!アッパと仲良くなるための呼び方をご紹介!

【アボジ】韓国語でパパ(お父さん)って言いたい!アッパと仲良くなるための呼び方をご紹介

韓国人は家族を大切にすることでも知られています。もちろん、世界中の人たちが家族を大切にしていることに違いはありません。ですが、家族だからこそ照れくさくて素直になれないこともたくさんあります。韓国人は比較的、普段はなかなか言えない家族への愛情を、きちんと言葉できるのです。

韓国語のお父さんがわかれば、韓国のホームドラマをまた違った角度から楽しめますし、自分自身の家族にも、もっと愛情表現ができるようになるかもしれません。

そこで今回は、韓国語のお父さんについてご紹介していきます。

この記事の目次
・韓国語で一般的なお父さんの呼び方
・韓国語でお父さんをパパといいたい
・韓国語でお父さんをとっても丁寧に呼ぶとき
・まとめ

韓国語で一般的なお父さんの呼び方

韓国語でお父さんの意味として幅広く使用されるのが아버지(アボジ) です。日本のお父さんの言い方にすると「お父さん」「父さん」「お父ちゃん」「親父」「おとん」など、実に幅広くあてはまります。

아버지(アボジ)という言い方は、男性でも女性でも関係なく使うことができます。自分の父親であればどのような年齢であっても아버지(アボジ)と言うことができるのも特徴です。

発音するときは、アボからジの音を気持ち上げて言うだけでも、ネイティブに近い印象になるはずです。

また、韓国語の아버지(アボジ)で自分のお父さんを紹介することもできます。日本語では親しい関係でなければ「父」といわなければなりません。韓国語では普段のとおり아버지(アボジ)と人前で言っても問題ないのです。

第三者に아버지(アボジ)というときは、우리아버지(ウリアボジ)と言うようにしましょう。우리(ウリ)とは「私たちの」という意味という韓国語です。우리어머니(ウリオモニ/私たちのお母さん)、우리언니(ウリオンニ/私たちのお姉ちゃん)、우리나라(ウリナラ/私たちの国)など、韓国語特有の表現ともいえます。

また、誰かのお父さんのことは、〇〇아버지(〇〇アボジ)と言うことができます。〇〇には子どもの名前が入ります。例えば、준호(ジュノ・ジュンオ)という子どものお父さんだったら、준호아버지(ジュノアボジ)といいます。韓国ではまったく失礼な言い方になりません。

韓国語を代表するお父さんの表現は、やはり아버지(アボジ)と言って間違いないでしょう。

韓国語でお父さんをパパといいたい

韓国の子どもたちは아버지(アボジ)ではなく、ほとんどがお父さんのことを아빠(アッパ) と呼んでいます。日本語にあてはめると「パパ」になりますが、日本ではお父さんと言う子もいれば、パパと言う子もいるのに対し、韓国ではほとんどの子どもが아빠(アッパ)と言っています。

아빠(アッパ)は幼少期限定の表現で、中学生、高校生、大学生、社会人となるにつれて、아버지(アボジ)というようになるのがあたりまえだと言われていました。しかし、最近では大人になっても아버지(アボジ)にしないケースが増えてきているようです。韓国でもアットホーム・パパが増えたことが関係しているのではないかとみられています。

아버지(アボジ)と違うのは、人前ではマナー違反になるということ。これは日本でパパと言うときの感覚とほとんど同じでしょう。

お互いにちいさな子どもがいるのなら、〇〇아빠(〇〇アッパ)と呼びかけることもできます。ただし、子どもが成人しているのに、〇〇아빠(〇〇アッパ)と言うのは失礼になってしまうので、必ず〇〇아버지(〇〇アボジ)にしましょう。

韓国語でお父さんをとっても丁寧に呼ぶとき

韓国では아버지(アボジ)と言うと、ほとんどのシーンでは乗り切ることができます。ですが、場合によってはお父様というような言い方が求められることも。韓国語でお父様にあたるのが아버님(アボニム)です。

日本で「お父様」と言うと、なんとも大げさな気がするものです。どこかの令嬢でもないのに、なんだか恥ずかしい……なんて思うかもしれません。ですが、現在の韓国では아버님(アボニム)というのは、大げさでもなければ富裕層限定の言い方でもなく、あくまでとても丁寧なお父さんの呼称のひとつだという認識です。

아버님(アボニム)と自分の父親のことを呼ぶこともできますが、아버지(アボジ)や아빠(アッパ)のほうが定着しています。아버님(アボニム)は義理のお父さんや誰かのお父さんに使います。これは、自分の父親ではないお父さんに敬意を表すためであると言えます。

そのため、相手との関係から適切に아버님(アボニム)や아버지(アボジ)を使い分ける必要があるといえます。また、それぞれの呼称にふさわしい敬語に言葉そのものをシフトすることも忘れてはなりません。

まとめ

韓国語でお父さんと言うときは「아버지(アボジ)」「아빠(アッパ)」「아버님(アボニム)」と呼ぶことができます。それぞれ日本語にすると「お父さん」「パパ」「お父様」となります。

幅広く対応できるのは아버지(アボジ)、子どもは아빠(アッパ)、そしてとても丁寧な言い方が아버님(アボニム)だと覚えておきましょう。

韓国語でお父さんと言えるようになったら、韓国のアイドルたちがドキュメンタリーで家族への愛情を言葉にしているのも、これまでとはちょっと違った見方ができるかもしれません。自分の父親にも、改めて感謝の気持ちを言葉にしたくなるはずです。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国人の先生が初心者でも韓国語が身に付くようわかりやすく指導してくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語のお父さんから、韓国語会話への一歩を踏み出しましょう。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語に関する資格を徹底調査!就職や仕事に役立つ韓国語の資格…

  2. ハングルの疑問詞を攻略!疑問形や疑問文だけじゃない便利な使い…

  3. 韓国語のフレーズで勉強しよう!K-POP・韓国ドラマ・人気の…

  4. 助詞でハングルをさらにレベルアップ!助詞を使いこなして長い文…

  5. 韓国語の子音がモルゲッソヨ!韓国語の子音で知っておくべきこと…

  6. 韓国で最新映画を見るには?~字幕なし、オール韓国語の映画鑑賞…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。