韓国語教室へ行こう!自分にぴったりの韓国語教室をみつけるポイントをご紹介!

韓国語教室へ行こう!自分にぴったりの韓国語教室をみつけるポイントをご紹介!

最近耳にすることが多くなったK-POP。歌詞を肌で感じたい、と思うことがよくあります。でも韓国語ってどうやって勉強したらいいのでしょうか?

韓国語の学校では、韓国語を母語としていない日本人が韓国語を身に付けるために、レベルによってさまざまなレッスンがおこなわれているのです。韓国カルチャーブームによって、日本国内の主要都市にも韓国語の学校が増えて、教室の選択肢も広がりつつあります。

コリアタウン・新大久保がある東京都内、コリアタウン・鶴橋がある大阪エリアには、数えきれないほどの韓国語教室があります。だからこそ、たくさんの中から、どのようにして自分にぴったりの教室を選べばいいのか悩んでしまうもの。

そこで今回は、韓国語の学校の選び方についてご紹介していきます。

この記事の目次
・韓国語の学校をレッスン料で比較
・韓国語の学校を講師から比較
・韓国語の学校をサポート体制から比較
・まとめ

韓国語の学校をレッスン料で比較

韓国語レッスンのレッスン料は学校によってレッスン料の設定が違ってきます。また、それぞれ30分レッスン、45分レッスン、60分レッスンなど、レッスン時間も同じではないので、一概にどのくらいが平均価格だと言えるものでもありません。ですが、学校ごとにレッスン料を比較してみることにはとても意味があります。

経済的な状況も個人で違ってきます。できるかぎりレッスン料をおさえたい、レッスン料には余裕がある……さまざまでしょう。そのため、自分は1か月にこれだけのレッスン料を払うことができるというボーダーラインを決めてみてください。おのずと学校候補をしぼっていくことができるはずです。

韓国語のレッスン形態に、グループレッスンとプライベートレッスンがあることもポイントです。グループレッスンでは韓国語のレベルが同じくらいの生徒と一緒に勉強します。プライベートレッスンはひとりの先生からマンツーマンレッスンを受けます。

グループレッスンと比較すると、プライベートレッスンはレッスン料が高額です。ですが、マンツーマンレッスンで行き届いた指導を受けられるだけでなく、レッスンのタイミングも自分のスケジュールに合わせることができるというメリットがあります。

韓国語の学校ごとにレッスン料を比較しながら、グループレッスン、プライベートレッスン、どちらのレッスン形態が自分にとってふさわしいか見極めていきましょう。

韓国語の学校を講師から比較

韓国語のレッスンを韓国人のネイティブスピーカーが教えている場合と、韓国語を指導できる日本人が教えている場合があります。

韓国人のネイティブスピーカーだと、そもそも日本語でコミュニケーションがとれないので、ある程度韓国語ができないとダメなのでは?と思う人もいるようですが、そんなことはありません。

韓国語の学校にもよりますが、日本語が堪能な韓国人が授業を受け持っているので、初級の段階では日本語で説明しながらレッスンをおこないます。

この場合、韓国人講師のレッスンによって、韓国語ネイティブの会話が身に付くというメリットがあげられます。その国の言葉はその国の人に教えてもらうのがいいとはよく言います。それは、日本語特有の言い回しがあるように、韓国語にも韓国語特有の言い回しが存在しているから。

母語話者である韓国人が感覚的に理解していることもたくさんあります。テキストだけでは理解しきれない本当の韓国語会話に触れられるのです。

そのため、韓国語初心者は、ネイティブの韓国語を効率よく身に付けるために、日本語が堪能な韓国人の先生に教えてもらうのがベストだと言えるのではないでしょうか。

韓国語の学校をサポート体制から比較

韓国語の学校によって独自のサポート体制があります。サポート体制の内容によって、韓国語のレッスンを継続していけるかどうか、さらにスキルアップをしていけるのかどうかが違ってきます。

社会人だと予定していたレッスンに参加できないこともあるはず。スケジュールに不安がある場合は、振替レッスンの制度がある学校を選ぶといいかもしれません。プライベートレッスンだとレッスンを欠席するのにキャンセル料がかかることも。キャンセル料が無料なのかどうかは確認しておく必要があるでしょう。

韓国語を勉強して韓国留学をしたいという目的を持っているのなら、留学をサポートしてくれる制度がある学校を選ぶのがおすすめです。自分で留学の手続きをするのはとても大変です。だからといって、留学エージェントを利用すると想像以上の費用がかかってしまいます。

韓国語の学校は現地とのコネクションを持っていることがあります。一般的な価格よりも留学費用をおさえることができたり、現地の語学学校や大学付属の語学堂を紹介してもらえたりするのが魅力です。

韓国語会話を自分のものにするためにも、レッスンを継続しなければなりません。留学というひとつの目標を達成するときにも、学校のサポート体制が決め手になるでしょう。

まとめ

韓国語の学校を選ぶときは、「レッスン料」「講師」「サポート体制」を比較してみることがポイントです。自分自身が通い続けられる学校を選ぶようにしましょう。

韓国語教室 K Village Tokyoは、1レッスン500円からというリーズナブルなレッスン料で、ネイティブスピーカー講師陣たちがレッスンにあたっています。現地とのコネクションを駆使した韓国留学サービスもあるので、留学を視野に入れている人にもおすすめです。

まずは体験レッスンで、韓国語の学校で勉強してみましょう。

体験レッスン申し込み

1レッスン500円からの韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保本校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪本校
なんば校
福岡校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 韓国・福岡は高速船で3時間!韓国語で福岡?釜山と姉妹都市?そ…

  2. 韓国の結婚・家族について考えてみる。親・息子娘・兄弟姉妹・親…

  3. ハングル文字の順番とは?反切表から初声字母や中声字母の文法の…

  4. 韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説…

  5. 韓国語でも水・雨・花・雪・星など漢字は使う?韓国語の漢字読み…

  6. ハングルの図形名称まとめ。意外と知らない線や角など図の言い方…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。