韓国語教室 K Villageのブログ 韓国語コラム

韓国語の母音をマスターしよう!母音のハングルとご紹介!

韓国語の母音をマスターしよう!母音のハングルとご紹介!

韓国人と会話をするための一歩は、韓国語の母音をマスターするところからはじまります。韓国語のテキストは、ほとんどが韓国語の母音から説明されています。韓国語を身に付けていくための基本ともいえるでしょう。

つまり、韓国語の母音が理解できていないと、これからの内容が飲み込めないということにもなってしまいます。

さらに、韓国語の発音をインプットするのにも、韓国語の母音は大切な役割を担います。韓国語のハングルは表音文字です。韓国語の音声を正確にハングルで表記できます。ハングルから母音を覚えていけば、正確な発音ができるようにもなります。

そこで今回は、韓国語の母音をマスターするために、ハングルとあわせてご紹介していきます。

この記事の目次
・韓国語の基本母音
・韓国語の二重母音
・韓国語の母音を発音するコツ
・まとめ

韓国語の基本母音

日本語にあ・い・う・え・お……の五十音表があるように、韓国語にも가・나・다・라(カ・ナ・ダ・ラ)……という反切表(パンギルピョ)、またはカナダラというものがあります。このうち、日本語の母音は「あ・い・う・え・お」です。韓国語だと基本母音が10個、比較すると種類が多いように感じるかもしれません。韓国語では母音を発音するとき、そのままでは読み上げられないので「ㅇ」を組み合わせます。

【아(ア)】
厳密にいうとまったく一緒ではありませんが、比較的日本語の「あ」に似ている発音です。

【야(ヤ)】
야(ヤ)も比較的日本語の「や」に似ている発音です。

【어(オ)】
日本語で「え」と発音する口の開き方で「お」と発音しましょう。

【여(ヨ)】
日本語で「え」と発音する口の開き方で「よ」と発音します。

【오(オ)】
唇をすぼめて、突き出すようにして「お」と発音します。

【요(ヨ)】
오(オ)と同じ口の形です。そのまま「よ」と発音します。

【우(ウ)】
日本語で「う」というのと同じように発音します。

【유(ユ)】
日本語で「う」と発音する口の開き方で「ゆ」と発音します。

【으(ウ)】
唇を横に伸ばすように開いて「う」と発音しましょう。横棒をイメージしてみてください。

【이(イ)】
으(ウ)のように唇を横に向かって棒のように伸ばしながら「い」と発音します。

初心者のうちは、ハングルと一緒に発音を覚えながら、さらに韓国人が発音するとき、どのような口の形をしているのか、実際の音声と合わせて確認しておくと、きちんとした韓国語の発音を覚えられるでしょう。

韓国語の二重母音

韓国語の二重母音とは、ひとつの韓国語の音声にふたつの母音が組み合わさっているものをいいます。どれも日本語にはみられない発音なので、覚えるまでは難しく感じられるかもしれません。韓国語のリスニング能力に関わるので、初級段階できちんと覚えておくのがおすすめです。

【애(エ)】
基本母音のように、厳密にいうとまったく一緒ではありませんが、比較的日本語の「え」に似ている発音です。

【얘(イェ)】
日本語の「い」と「え」を「い・え」というのではなく、「いえ」と一気に発音します。

【에(エ)】
口を小さく開いた状態で日本語の「え」を発音します。

【예(イェ)】
얘(イェ)と同じように、日本語の「い」と「え」を「いえ」と一気に発音します。

【와(ワ)】
日本語の「お」と「あ」を、一気に「おあ」と発音しましょう。

【왜(ウェ)】
日本語の「お」と「え」を、一気に「おえ」という発音です。

【웨(ウェ)】
日本語の「う」と「え」を、一気に「うえ」と発音します。

【워(ウォ)】
日本語の「う」と「お」を、一気に「うお」という発音です。

【위(ウィ)】
日本語の「う」と「い」を、一気に「うい」と発音します。

【외(ウェ)】
왜(ウェ)と同じように、日本語の「お」と「え」を、一気に「おえ」と発音します。

【의(ウイ)】
口を横に伸ばすようにして、上下の歯をくっつけずに「うい」と発音します。

ハングル文字の形状が似ていたり、発音そのものが似ていたり、身に付けるまでは混乱しやすいのが二重母音です。韓国語の発音が難しい……と日本人が思うのは、この二重母音もひとつの理由だといわれています。音声を繰り返しリスニングしながら、ハングルと合わせて覚えていけば、それぞれの区別もつくようになるでしょう。

韓国語の母音を発音するコツ

韓国語の基本母音は、ハングルの読み書きをできるようになって、それぞれの発音をインプットして、何度も口の形を真似して覚えていくものですが、効率よく身に付けるためのコツも存在します。

韓国語の母音を発音するときの口の形を、大雑把にですが3つに分類することができます。会話のときに発音で混乱しそうになったら、分類を思い出して発音できるようにしておくと、韓国語の会話がスムーズにできます。

まず、「아(ア)」と「어(オ)」、さらに「야(ヤ)」「여(ヨ)」は大きく口を開けます。日本語の「あ」・「お」に似ていますが、それよりも口腔内に空間ができるよう意識します。「오(オ)」「우(ウ)」「요(ヨ)」
「유(ユ)」はくちびるをすぼめます。突き出すようなイメージです。「으(ウ)」「이(イ)」はどちらもくちびるを横に引き伸ばして発音します。縦に開かないように気を付けましょう。

韓国語初級者にとってネックになるのは発音です。だからこそ、コツをつかみながらクリアするべきだといえます。

韓国語の母音には基本母音と二重母音があります。それぞれ日本語にはない文字と発音のため、韓国語ビギナーはひとつひとつ身に付けていかなければいけません。ですが母音をきちんと覚えることができれば、子音もスムーズに飲み込むことができます。これからの韓国語学習のためにも、しっかりと母音をマスターしましょう。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国語のスタート時点になる母音から、ネイティブスピーカーの先生がわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の母音から会話への一歩を踏み出しましょう。

1レッスン500円からの韓国語教室
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保本校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪本校
なんば校
西梅田
福岡校

体験レッスン申し込み

韓国語学校 K Village ブログ関連記事

  1. お土産にも自分用にもハングル入りのかわいい雑貨が欲しい!人気…

  2. 韓国語でボランティアは何て言う?韓国でのボランティアや勉強を…

  3. 韓国語でペットはなんていう?どんな名前つけてる?韓国のペット…

  4. 韓国語「ポジマセヨ」の意味や使い方は?他に気を付けたい韓国語…

  5. 韓国語の文法は日本語とそっくり?これであなたも韓国語上級者♪…

  6. 実は日本語にもなじみの深いハングル!ハングルにそっくり日本語…

1レッスン500円からの韓国語教室
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。