韓国語で〇〇さんって?日本人が知りたい韓国人の名前の呼び方をご紹介!

韓国語で〇〇さんって?日本人が知りたい韓国人の名前の呼び方をご紹介!


韓国コミュニティーに日本人が馴染むためには、親しくなりたい相手への第一印象が大切です。

日本的な~さんという言い方だと、韓国では失礼になってしまうケースも珍しくありません。

第一印象が「失礼なひと!」だと、挽回するのも一苦労です。特に、ビジネスだったら、自分自身の収入にも影響してきます。

韓国では相手が年上であるのか年下であるのか、つまり年齢に気を付けなければなりません。

それは会話における敬語表現ばかりでなく、~さんという名前の呼び方にもあてはまります。

では、韓国人と距離を縮めたい日本人は、どのように韓国人を~さんといえばいいのでしょうか。

そこで今回は、韓国語の~さんについて、わかりやすく呼び方をご紹介していきます。

韓国語で~さんの定番 【씨(ッシ)】

韓国ドラマの会話から、韓国語で~さんというとき、韓国人が~씨(ッシ)といっていることに気付いている人も少なくないはずです。

これは間違いではありません。ですが、韓国では誰にでも彼にでも~씨(ッシ)といえるわけではなく、さらにいえる相手も想像以上に限定されているので注意しなければなりません。

日本では「大久保さん」「上野さん」「田原さん」というように、苗字にさんをつけるのが当たり前です。

ですが、これは韓国語では失礼にあたります。

韓国人はフルネームに~씨(ッシ)をつけるのです。임씨(イムッシ/イムさん)、심씨(シムッシ/イムさん)では失礼にあたります。

임나연씨(イム・ナヨンッシ/イムナヨンさん)、심창민씨(シム・チャンミンッシ/シム・チャンミンさん)といわなければいけません。

発音するときは、日本語のちいさい「っ」ではなく、横棒のように口を開けながら、息を強く吐きつけるように「シ」と発音するようにすると、韓国人にも礼儀も正しいし、発音も上手だしと好印象になるはずです。

韓国ビジネスの~さん 【役職名님(ニム)】

韓国のビジネスシーンでは、~씨(ッシ)という言い方は失礼になる場合があります。

韓国ドラマでも役職についているビジネスマンたちが、이사님(イサイム)、과장님(クァジャンニム)、사장님(サジャンニム)と呼ばれているところをみたことがあるはずです。

이사(イサ)とは理事、과장(クァジャン)とは課長、사장(シャジャン)とは社長のこと。

韓国語の役職名は、漢字語ベースのものがほとんどなので、日本人にとっては覚えやすいはずです。外来語ベースだと팀장님(ティムジャンニム/ティーム長)という使い方があります。

気を付けなければならないのは、社外でどのような敬語表現をするかということです。日本は相対敬語なので、社内の人間について話題にするときは、「大久保部長」ではなく「大久保は~」という言い方をします。

ですが、絶対敬語の韓国では、相手が社外の人間であっても、김부장님(キム・プジャンニム/キム部長)ということになります。

韓国人とのビジネスで日本人がうっかり敬語表現を間違えてしまいやすいパターンなので意識を持つようにしましょう。

韓国語の~さん 【님(ニム)】にはこんな意味も

韓国旅行で大衆食堂にいってみた、韓国で生活をしていて屋台の常連だったという日本人にとって疑問だったのが、おそらくローカルな飲食店での「사장님(サジャンニム)」でしょう。

えっ、社長さん……?となるのはいうまでもありません。

店内に飛び交う사장님(サジャンニム)……どっかの社長さんたちが、こんな庶民的なところで懇親会でもしているのだろうかと思ってしまいますが、そういうわけではありません。

実は店員さんのことなのです。韓国語でいう저기요(チョギヨ)~と店員さんにアピールするのと同じことなのです。

ですが、その意味合いはちょっと違ってきます。韓国独特の感覚ともいえますが、店員さんに感謝をしながら、相手を持ち上げてみるというもの。

韓国人常連客が店員さんに親しみを持っている場合、珍しいことではありません。

このような韓国現地のローカルルールは存在していますが、一般的に役職名님(ニム)だとビジネスシーンで失敗しない~さんという言い方になるので、韓国で仕事をするときは、できるだけ早い段階で相手の役職を把握しておくようにしましょう。

自己紹介するときも、自分から役職を名乗るようにする配慮があってもいいかもしれません。

【まとめ】韓国語で〇〇さんって?日本人が知りたい韓国人の名前の呼び方をご紹介!


韓国語で~さんというとき、日本人だからこそ気を付けておきたいポイントがあります。

~씨(ッシ)というときはフルネームでなければならない、ビジネスでは役職名がわかっているのなら、苗字に役職名をつけていわなければならないということを覚えておきましょう。

また、ローカルな飲食店では、店員のことを사장님(サジャンニム)とよぶこともあります。韓国で行きつけの食堂や飲み屋ができたときに使ってみるのもいいかもしれません。

きちんと韓国語で相手に呼びかけることができれば、礼儀正しい日本人だと好印象のはず。すぐ韓国コミュニティーに打ち解けられるでしょう。

韓国語教室 KVillage韓国語では、韓国語ネイティブスピーカーの先生が、初心者にもわかりやすく韓国語のレッスンをしてくれます。

韓国で失礼な会話をしないよう、日本人にとってはわかりにくい韓国語特有のニュアンスについてもしっかり指導してくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語でコミュニケーションをとるための一歩を踏み出しましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員ネイティブ。受付には韓国語も堪能な日本人スタッフが常駐で更に安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

9,000人が通う日本最大の韓国語教室、K Village 韓国語。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に11校

まずは韓国語レッスンを無料体験してみませんか?

韓国語教室 「K Village 韓国語」は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP