韓国語教室 K Villageのブログ 韓国語コラム

韓国語で(笑)ってみよう!韓国語の笑顔になれる絵文字をご紹介!

韓国語で(笑)ってみよう!韓国語の笑顔になれる絵文字をご紹介!

LINEでリアルタイムトークをしていて「それ、笑える」と6文字打ち込むよりも、笑だったりwwwだったり、絵文字のほうがスムーズに会話できます。タイムロスにならないだけでなく、なんとなく相手がどんな表情をしているのか、イメージできるのではないでしょうか。

韓国といえばカカオトークですが、韓国人トークで絵文字を遠慮なく投稿してきます。実は、日本と比較すると、想像以上にバリエーションがあり、そのときの自分の表情や気持ちをダイレクトに表現することができます。

そこで今回は、さっそく投稿してみたい、韓国語の笑顔になれる(笑)な絵文字をご紹介します。

韓国語の(笑)のテッパン! ㅋㅋㅋ(ククク)

韓国語の(笑)絵文字でテッパンなのが、韓国発信のSNSフォロワーの日本人にとってはすでにお馴染みのㅋㅋㅋ(ククク)です。さながら、日本のアニメーションのキャラクターが思い浮かんできそう ㅋㅋㅋ…… というように絵文字を多用します。

日本だとマンガの効果音をイメージするとわかりやすいかもしれません。キャラクターたちが場面に合わせて「ハハハハ!」「ははは……」と笑い方の違いを表現しています。ㅋㅋㅋ(ククク)も、韓国語の笑い方を表現している効果音のようなものです。

ちなみに、ㅋㅋㅋ(ククク)は、ㅋを3連続しなければいけないわけではありません。むしろ、このㅋの数によって、さらに笑い方をくわしく表現することができます。韓国ではㅋがいくつ連続しているかによって、笑いの度合いをアピールすることになるのです。

ㅋがひとつだと失笑・冷笑を意味しているそう。この絵文字ひとつで撃沈する韓国人も少なくないようです。これと比較して、ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋだと、まさに大ウケという状態。ㅋㅋㅋ(ククク)だけでも、自分がどんな気持ちなのか、相手がどんな気持ちなのかよくわかります。

韓国語の不敵な(笑) ㅎㅎㅎ(フフフ)

ㅋㅋㅋ(ククク)のようにゲラゲラと笑っているわけではないときは、ㅎㅎㅎ(フフフ)という絵文字がベストです。微笑んでいるかもしれませんし、不適な笑みを浮かべているかもしれません。会話をしているふたりにしかわからないでしょう。

ハングルのㅎは日本語の「は行」の音にあてはまります。ははは、ふふふ、へへへ、ほほほ……日本語でいうところの、こんな笑い方の効果音を表現します。ㅋㅋㅋ(ククク)と比較してみると、どれも落ち着いた笑い方であることがわかります。

韓国のSNSやカカオトークでは、日本人以上にㅎㅎㅎ(フフフ)と絵文字が活用されています。中高生ともなると、もはや乱用といえるかもしれません。本当におもしろいときはㅋㅋㅋ(ククク)、スマイルマークのような笑顔になるときにはㅎㅎㅎ(フフフ)……というイメージ持っておくと、使い分けやすいのでおすすめです。

まだまだある(笑)韓国語の(笑)絵文字

数多の星ほど存在する世界中の言語において、韓国語は擬音語・擬態語、いわゆる「オノマトペ」がとにかく豊富です。日本語も擬音語・擬態語は豊富だといわれていますが、韓国語には到底およびません。擬音語・擬態語に関しては、韓国語の独走であり、他の追随を許しません。

これには、韓国語の固有文字であるハングルによって、様々な音声を表現できることが関係しています。韓国語は母音も子音もたくさんあります。組み合わせ次第で、いくらでもニュアンスの違いを表現することができるのです。

そんな韓国語にはㅋㅋㅋ(ククク)、ㅎㅎㅎ(フフフ)だけでなく、オノマトペをもとにした(笑)の絵文字がまだまだあるので、その一部をご紹介していきます。

まずはㅍㅍ(ププ)です。ちょっと噴き出すような笑い方を表現します。日本でもプッと表現するので、わかりやすいのではないでしょうか。ㅋㄷㅋㄷ(クツクツ)はクスクスとひとりで笑っているような様子をイメージさせます。

まとめ

韓国語の(笑)には、日本人にも知名度を拡大しつつあるㅋㅋㅋ(ククク)、ㅎㅎㅎ(フフフ)ばかりでなく、ㅍㅍ(ププ)、ㅋㄷㅋㄷ(クツクツ)などなど、様々な笑い方を表現する絵文字が存在しています。ㅋ(ク)やㅎ(フ)を連続させることで、笑いまくっている状態までアピールすることができるのです。

韓国語の(笑)をインスタグラムやツイッターなどのSNSやカカオトークで使いこなすことができれば、韓国人とのコミュニケーションもスムーズになり、会話が盛り上がること請け合いです。 ㅎㅎㅎこのように絵文字を投下して相手の笑いを誘ってみましょう。ちょっとしたコメントでも、(笑)の絵文字があるのとないのとでは、相手のインパクトも違ってきます。

韓国人との会話がヒートアップするにつれて、韓国語スキルが追いつかなくなってしまうことも。どんどんハングルと絵文字を打ち込んでいきたいのに、頭も指先も追いつかず、悔しい気持ちになるかもしれません。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、初心者にもわかりやすく韓国語のレッスンをしてくれます。ネイティブスピーカーの先生だからこそ、絵文字やオノマトペの微妙なニュアンスの違いも教えてくれるはずです。

まずは体験レッスンで、絵文字の(笑)からどんどん会話を盛り上げられる一歩を踏み出しましょう。


【PR】K Village TokyoK Village 韓国語教室は日本最大の約9,000人が通う韓国語教室。まずは無料体験レッスンでおまちしております!

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

約9,000人が通う日本最大の韓国語教室K Villageの授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校

まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数9,000人を超える日本最大(※1)の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

新大久保駅前校新大久保本校
新宿西口校上野校
秋葉原校横浜駅前校
名古屋校大阪校
なんば校福岡校
※1 2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

無料体験申し込み 申込アイコン

韓国語学校 K Village ブログ関連記事

  1. 【チョア】韓国語のチョアってなに?韓国人との距離が縮まるチョ…

  2. 韓国語で誕生日の意味って?韓国ならではの誕生日文化とあわせて…

  3. 韓国ドラマに頻出!韓国語の日常会話からみたコリアンライフをご…

  4. すぐに使える韓国語!素敵な彼氏をベタ褒めしちゃおう♡

  5. 韓国語教室へカジャカジャ(行こう行こう)!気になる韓国語教室…

  6. 韓国語講座のココがチョアッ(いいっ)!3つのチョアで韓国語が…

1レッスン550円(税込)からの韓国語教室
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。