韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

韓国語レッスン、ずっと気にはなってるんだけど……なかなか韓国語教室のレッスンに一歩を踏み出せない、「韓国語レッスン生徒予備軍」は想像以上に存在しているようです。韓国語会話ができるようになりたい、ハングルの読み書きをマスターしてやりとりしたい、どこまでも理想は膨らみますが、現実は理想に追いつきそうにありません。

韓国語レッスンのクラスについていけないかもしれない、仕事と両立できないかもしれない、やっぱりレッスンの料金が気になってしまう……社会人だからこその事情から、地道な独学を積み重ねている人もいるのではないでしょうか。韓国語の独学は経費削減になりますが、韓国語を身に付けるうえではデメリットがあります。

韓国語教室がいっぱいあって、どの教室を選んだらいいかわからない……たくさんの韓国語教室からひとつ選ぶことに、はじめから挫折をしてしまっていることもあるかもしれません。

韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

そこで今回は、韓国語教室のレッスンについて、メリットから教室の選び方までを総まとめしていきます。

この記事の目次
・韓国語教室のレッスンとは?
・韓国語レッスン 3つのメリットとは?
・韓国語レッスン 教室選びの三箇条
・まとめ

韓国語教室のレッスンとは?

韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

韓国語教室は韓国語以外の外国語母語話者に、韓国語を身に付けてもらうことを目的とした民間の教育機関ということになります。難しい言い方になってしまいましたが、社会人向けの英会話教室と変わりありません。ただ、目的の言語が韓国語になっているだけです。

韓国語教室には体験レッスン参加者や生徒に対応する受付があり、グループレッスンのための教室が複数あります。学生時代にお馴染みだった黒板ではなく、だいたいホワイトボードが採用されています。ちなみに、韓国でも教育機関は黒板が大多数だそう。授業がはじまると、ホワイトボードのペンをすべらせるキュッキュッという音が響きます。

どの韓国語教室でも、特定の教材を使用しています。複数の出版社から外国人向けの韓国語語学教材が出版されており、教室によってふさわしいテキストを選んでいます。韓国語教室でのレッスンが決まったら、あらかじめ受付で購入するか、大型書店やインターネットサイトで購入します。

スタンダードな教材として人気なのが、アスク出版のできる韓国語シリーズです。日本・韓国国内の韓国語教室で採用されています。韓国語をはじめ様々な言語の教材を出版しています。できる韓国語シリーズのポイントは、ハングルにルビが振られていないことです。講師の発音を聴きながら、ヒアリング・リスニング能力をアップすることができます。

韓国語教室の授業時間は、その教室によって様々です。だいたい月に4回、短時間だと45分程度になりますが、一般的には60~90分くらいのようです。午前は10時くらいから、午後は20~21くらいまでとなっており、どのような勤務時間帯であっても、仕事の前後にレッスンを受けることができます。

フリースペースが設置されている教室もあり、韓国語という目標を同じくする生徒たちの交流の場にもなっているようです。

韓国語レッスン 3つのメリットとは?

韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

韓国語レッスンには3つのメリットがあります。裏を返すと、独学にはデメリットが存在しているということ。ここで、韓国語レッスンのメリットを説明します。

韓国語レッスンでヒアリング・リスニングができるようになる

韓国語のレッスンでは、初級の段階で発音が繰り返し指導されます。これは韓国語を聞き取って、韓国語をしゃべるためのベースです。独学だと付属CDでヒアリングはカバーできますが、韓国語を発音・発話することがありません。その結果、韓国語を聞き取ることができても、話すことができない状況になってしまうのです。

リアルな韓国語を身に付けられる

韓国人と会話をしていて、韓国語が上手なんだけど、なんか国語の教科書としゃべってるみたい……といわれる日本人がいます。これは日本でも同じことです。日本語が上手な韓国人なのになんか教科書みたいに堅苦しい……というケースがあります。どちらにしても、原因はテキストだけの知識に偏ってしまったから。韓国語教室なら、テキストには説明されていない、韓国人特有の表現を教えてもらえます。

独学よりもコスパがいいケースがある

韓国語教室のレッスンは経済的に負担になると思っている人も多いようですが、一概には言い切れません。韓国語を独学しようと、よさそうなテキストを数冊購入したとして、初期投資は3000~5000円程度でしょう。ですが、これだけではすみません。中級にレベルアップすれば、中級の教材が必要です。独学ではカバーできない部分もあるので、補助教材まで購入することになります。さらに、レベルアップすれば電子辞書を購入する場合も。経済的な理由でレッスンを受けないのなら、一度考え直してみてもいいかもしれません。

韓国語レッスン 教室選びの三箇条

韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを総まとめ!

韓国語教室がいっぱいありすぎて……まさか、全部の教室の体験レッスンに参加するわけにもいきません。そこで、教室選びの三箇条にあてはめて、韓国語教室を振るいにかけてしまいましょう。自分にふさわしい韓国語教室に出会えるはずです。

自宅・職場とのアクセス

職場から教室まで、教室から自宅まで、アクセスがいいかどうかチェックしましょう。韓国語教室によっては、いくつかのエリアに複数の教室がある場合もあります。教室に足を運ぶことが負担になってしまったら、韓国語レッスンは長続きしません。利便性のよさを重視しましょう。

レッスン料金とレッスン時間

韓国語教室によって入会費やレッスン料金、さらにレッスン時間も違います。入会金はどのくらいかかるのか、45分、60分の授業で、どのくらいのレッスン料金がかかるのか、韓国語教室ごとに比べてみましょう。

日本人講師か韓国人講師か

日本国内の韓国語教室では、韓国語が堪能な日本人講師、あるいは日本語が堪能な韓国語講師がレッスンをおこなっています。日本人講師の比率が高い教室もあれば、ネイティブ講師オンリーの教室もあります。よりネイティブな韓国語を身に付けるために、韓国人講師に教わることをおすすめします。

まとめ

韓国語教室ではたくさんの日本人たちが、韓国語で会話をしたり、ハングルでやりとりしたりすることを目標にかかげ、韓国語の勉強にはげんでいます。

独学のデメリットは、実はなによりモチベーションがキープできないこと。韓国語教室なら、先生やスタッフ、一緒に勉強する仲間たちの存在によって、韓国語ができるようになるまでがんばることができます。

韓国語教室 K Village Tokyoでは、ネイティブスピーカーの講師が初心者でもわかりやすくレッスンをしてくれます。レッスン料も1レッスン500円からと良心的です。

まずはK Village Tokyoの体験レッスンで韓国語レッスンの魅力を実感してみてください。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 美しい韓国語は敬語から!韓国語でも敬語を使って聞き手に恥ずか…

  2. ハングルで「ずっと」は?恋愛から応援・友情メッセージまでハン…

  3. あなただけの韓国語の勉強ノートを作ってみよう!

  4. 韓国語の丁寧語「ですます」はイムニダとイエヨの2種類!基本の…

  5. 韓国語で「いいえ」の言い方をマスターしよう!質問に対して失礼…

  6. ハングル語?韓国語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。