韓国の専門学校って?韓国の専門学校教育と日本人の留学についてご紹介!

韓国の専門学校って?韓国の専門学校教育と日本人の留学についてご紹介!

韓国ドラマでも「大学」についての会話は珍しくありません。どこの大学を卒業したのか、大学でどんな勉強をしていたのか、大学に入学するため勉強をしているなど、話題は尽きません。ですが、専門学校について劇中で取り上げることはありません。

韓国ドラマをそこまで意識して視聴している日本人もほとんどいないでしょう。ですが、これまでの韓国ドラマで、専門学校を卒業しただとか、専門学校に在籍しているだとか、そんな会話はまずありません。短大も聞いたことがないのではないでしょうか。

韓国の激化する学歴競争によって、大学卒業がステータスとなっていることも関係していますが、日本と韓国の教育制度が違うことも理由としてあげられます。

そこで今回は、韓国の専門学校について、韓国国内の教育制度を踏まえたうえで、韓国の専門学校事情と日本人の専門学校留学について、くわしくご紹介します。

韓国の専門学校は専門大学だった

韓国の教育制度では초등학교(チョドゥンハッㇰギョ/初等学校/小学校)、중학교(チュンハッㇰギョ/中学校)、고등학교(コドゥンハッㇰギョ/高等学校/高校)、そして高校卒業後の進路として대학교(テハッㇰギョ/大学校/大学)、 전문대학(チョンムンデハッㇰ/専門大学/専門学校)などがあります。日本の専門学校に合致する教育機関はありませんが전문대학(チョンムンテハッㇰ)がおよそあてはまるといえるでしょう。

전문대학(チョンムンデハッㇰ)は日本人にとっては専門学校の特徴を持ちながら短大としての側面もある教育機関というとわかりやすいかもしれません。전문대학(チョンムンデハッㇰ)での教育内容は日本の専門学校と似ています。就職を目指したより実践的な内容です。

전문대학(チョンムンデハッㇰ)にはさまざまな学科・コースが存在しています。IT・コンピューター、航空・観光、建築・インテリア、社会福祉、幼児教育、看護などがあります。内容的には専門学校と似ていますが、与えられる学位が日本での短期大学卒業あたるため、短期大学的な側面を持っているともいうことができます。

韓国国内の専門学校の進学状況

韓国は教育熱心というイメージがあるでしょう。日本のメディアでも、大学受験の盛り上がりを中継するほどです。韓国の高校生たちが受験勉強に追われる様子も知られています。それは、韓国が学歴社会であることに起因します。大学卒業がステータスのようになっているのです。

そんな韓国の大学進学率が10%減少していると指摘されています。国内の競争に巻き込まれないよう、海外留学者が増加していることもあげられますが、なによりも韓国の高校生が大学を卒業したからといって将来が保障されるわけではないと思うようになった、つまり思考そのものが変化したことが大きな理由です。

積極的に전문대학(チョンムンデハッㇰ)を選択する韓国の高校生が増えています。전문대학(チョンムンデハッㇰ)で専門的なスキルを習得して就職を目指しています。전문대학(チョンムンデハッㇰ)から大学編集することもできるので、전문대학(チョンムンデハッㇰ)への抵抗もなくなっています。

これまでは特定の職種を目標にしていた高校生たちの限定的な選択であった전문대학(チョンムンデハッㇰ)は、すべての高校生たちにとって、見過ごすことができない選択肢となっているのです。

韓国の専門学校に日本人も留学できる

韓国国内の전문대학(チョンムンデハッㇰ)には日本人も留学することができます日本国内の専門学校と提携している外国人の受け入れに積極的な専門学校もあります。韓国国内の大学、あるいは民間の語学堂への留学がスタンダードですが、전문대학(チョンムンデハッㇰ)への留学も可能です。

전문대학(チョンムンデハッㇰ)留学は、留学生であっても卒業と同時に短期大学卒業にあたる準学士の資格を得られることが魅力です。また、現地の전문대학(チョンムンデハッㇰ)だからこそ、韓国国内の就職では有利になります。将来的に韓国国内での就職を目指している場合にはいいかもしれません。

現在では、韓国の大邱にある영진전문대학(ヨンジンチョンムンデハッㇰ)、ソウル近郊の부천(プチョン)にある부천대학(プチョンテハッㇰ)などの전문대학(チョンムンデハッㇰ)が社会人留学生の受け入れをおこなっています。韓国の大学留学よりも、留学コストを抑えられるので、費用を理由に전문대학(チョンムンデハッㇰ)へ留学する日本人もいます。

まとめ

韓国の専門学校は전문대학(チョンムンデハッㇰ)といわれています。韓国でも就職のために전문대학(チョンムンデハッㇰ)へ進学する高校生が増えています。大学の語学堂や民間の語学学校と比較すると、留学生の受け入れは限られていますが、積極的に留学生を受け入れている전문대학(チョンムンデハッㇰ)もあります。

韓国の전문대학(チョンムンデハッㇰ)に留学するために、韓国語を勉強しようと思った人もいるのではないでしょうか。

K Village 韓国語では、韓国語韓国語も日本語も堪能な先生が初心者にもわかりやすいよう、基礎から指導してくれます。

まずは体験レッスンで、韓国の専門学校に留学するための一歩を踏み出しましょう。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP