韓国語コラム | 韓国語でじゃんけんは?韓国人もやってる韓国語で「じゃんけんぽん」をご紹介!

韓国語でじゃんけんは?韓国人もやってる韓国語で「じゃんけんぽん」をご紹介!

韓国ドラマで繰り広げられる白熱のバトル。

超大作時代劇でなくても、アクションムービーでなくても、束草(ソクチョ)・釜山(プサン)のハードボイルドドラマでなくても、登場人物たちがガチンコで対決していることがあります……じゃんけんで。

勝ったら〇〇してもらう、負けたら〇〇しなければならない、そんな口約束から本気でじゃんけんする大人たちも珍しくありません。

韓国の男子高生・女子高生たちも、ちょっとしたことでじゃんけんをしては盛り上がっているようです。

アットホームファミリーからは、子供たちのじゃんけんの掛け声がしてきます。

韓国人の知り合いがいたら、じゃんけん勝負に巻き込まれることだってあるかもしれません。

すでに巻き込まれてしまった……なんてことも。

じゃんけんだってことはわかっても、なんていっているのかわからず、気になっていたという日本人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、韓国語の「じゃーんけん……ぽんっ!」をご紹介します。

韓国語でじゃんけんぽんは?

じゃんけんをどこで知ったのか、どこでやりかたを知ったのか、記憶をたどってもたどりつけないのではないでしょうか。

父親・母親、保育園・幼稚園の先生、近所のお兄さん・お姉さん……身近にいる大人たちに遊びながら教えてもらったのかもしれません。

それくらい、日本人にとってじゃんけんはあたりまえのものです。

さかのぼること、江戸時代後期、九州地方に浸透していたじゃんけんが、明治時代になって全国的に普及したといわれています。なんでも、このような「拳遊び」は日本のみならずアジア各地に存在していたらしく、大陸文化の影響もあるかもしれないとのこと。

朝鮮半島にも似たりよったりな拳遊びがあったのかもしれません。

現在でもアジア各地にじゃんけんがあります。

韓国のじゃんけんは「가위바위보(カウィバウィボ)」といいます。

日本語の「じゃんけんぽん」のリズムで가위바위보(カウィバウィボ)です。

가위(カウィ)は「ハサミ(チョキ)」、바위(パウィ)は「石(グー)」、보(ポ)は「布(パー)」を意味しています。

日本のじゃんけんのパーは「紙」ですが、韓国では「布」になっています。

ちなみに、日本のチョキはピースサインですが、韓国ではピースサインとピストルの形で二つあります。好みで使うのでどちらを使っても構いません。

また面白いのは、韓国では寒い日にポケットから手を出したくない時は足でもじゃんけんができるということ!

両足を揃えるとグ―、片方を前に出すとチョキ、広げるとパーでルールは手でやるときと同じだそうです。

韓国語のじゃんけんぽんで「出さなきゃ負けよ」は?

日本ではじゃんけんをするとき、じゃんけんぽんからはじめることもありますが、「出さなきゃ負けよ」ともいいます。

韓国でもじゃんけんをはじめる合図ともいえる、出さなきゃ負けよにあてはまる言葉があります。

それが、안내면 진다(アンネミョンチンダ)です。

안내면 진다(アンネミョンチンダ)を日本語に直訳すると、「出さないなら負けだ」になります。

日本語の直訳でも、ほとんど意味が変わりません。

出さないなら負けになるんだよと、相手に発破をかけるのは日韓共通のようです。

韓国語で出さないというとき、안내면(アンネミョン)といいます。

면(ミョン)は~ならという仮定を意味し、내다(ネダ)を안(アン)で否定しています。

韓国語で負けるの意味が지다(チダ)。

진다(チンダ)は지다(チダ)の終止形です。

これで、안내면 진다(アンネミョンチンダ)、つまり出さないなら負けよであることがわかります。

韓国ではじゃんけんの最初のフレーズは안내면 진다(アンネミョンチンダ)だけではありません。

안내면 술래(アンエミョンスㇽレ)もあります。

술래(スㇽレ)は鬼という意味です。

韓国語のじゃんけんぽん……あいこになったら?

じゃんけんぽん……グーとグー、チョキとチョキ、パーとパー、あいこになったらあいこでしょと繰り返します。

韓国のじゃんけんでは、あいこになったとき、가위바위보(カウィバウィボ)を繰り返すときもありますし、보・보・보(ポ・ポ・ポ)と言いながらあいこにならなくまで繰り返してじゃんけんを続けます。
보・보・보(ポ・ポ・ポ)は、日本語のしょ・しょ・しょみたいなものです。

ちなみに、韓国語であいこといえそうな비기다(ピギダ/引き分ける)、무승부(ムスンブ/無勝負/引き分け)という言葉はじゃんけんでは使いません。

【韓国語でじゃんけん】まとめ

韓国語でじゃんけんは가위바위보(カウィバイボ)といいます。

가위(カウィ)は「はさみ」、바위(パウィ)は「石」、보(ポ)は「布」です。

はさみで裁断できる、石で破くこともできる。

日本のパーは紙ですが、布であったとしてもじゃんけんの理屈はとおります。

韓国語のじゃんけんがわかったら、韓国人のじゃんけん勝負に巻き込まれても、가위바위보(カウィバウィボ)と積極的に勝負することができます。

韓国人でも日本人でも、大人であっても子供であっても、じゃんけん勝負をきっかけに仲良くなることができます。

韓国人に囲まれて仕事をするのであれば、たまにじゃんけんを取り入れてみると、コミュニケーションにつながるかもしれません。

가위바위보(カウィバウィボ)の合図とともに、韓国人との距離を縮めるため、勝負を挑んでみてはいかがでしょうか。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は13,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国19校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に19校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数13,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP