ハングルで自己紹介の仕方をマスターしよう!ビジネスから友達同士までハングルでの自己紹介をしっかり使い分けるポイントとは?

ハングルで自己紹介の仕方をマスターしよう!ビジネスから友達同士までハングルでの自己紹介をしっかり使い分けるポイントとは?

どんな外国語でも基本となる自己紹介。

韓国語でももちろん大切なステップです。自分のことを知ってもらうための大切な自己紹介。ビジネスでも友達を作るときでもとても大切な自己紹介。

知らない相手に行う自己紹介はコミュニケーションの入り口です。

自己紹介がスムーズにいけば、どんどん交流関係が深まり、韓国語習得のスピードもモチベーションもアップするはず。

基本となるあいさつに加え、自分の名前をしっかり伝えたい自己紹介。

いくつかの会話のパターンと共にハングルでの自己紹介をマスターしてみましょう。

この記事の目次
・ハングルで自己紹介をしよう!
・基本の自己紹介は挨拶と自分の名前を伝えること
・ビジネスシーンでの韓国語自己紹介
・友達同志で使える韓国語の友達の紹介の仕方と自己紹介
・ハングルでの自己紹介まとめ

ハングルで自己紹介をしよう!

韓国語学習において欠かせないのが自己紹介。相手とのコミュニケーションに欠かせない大切なステップですよね。

日本語でも韓国語でも同じです。また会話で使う頻度もとても高いので、必須ともいえる自己紹介。

ちゃんと覚えてそのあとの関係性をスムーズにしたいものです。第一印象はとても大切なものです。

ハロー効果という心理学用語でも言われるように、最初に持った印象はその後も長く続くということはよく言われていることです。しっかり自信をもってできるように練習しておきましょう!

自己紹介がスムーズで好印象を持たれると、例え韓国語があまり上手でないにしてもその後の会話が弾みやすくなります。

私たち日本人でも、あいさつや自己紹介だけでも、日本語で覚えて一生懸命話してくれる外国の人を見ればなんだかうれしくなったりするものですよね。

そんな風に考えれば、最初の自己紹介はとても大切であるということがわかります。自身をもって笑顔で自己紹介ができるようにポイントをいくつかご紹介します。

基本の自己紹介は挨拶と「私の名前は」と自分の名前を伝えること

基本中の基本、自己紹介はまず挨拶と自分の名前を伝えることでしょう。これは中学英語でも最初に習うことですよね。「Hello! Nice to meet you! My name is 〇〇!」です。

こんにちは!初めまして!

こんにちは! :안녕하세요! (アニョハセヨ!)

初めまして!:처음 뵙겝습니다!(チョウン ペッケスンミダ!)

연녕하세요は、こんにちはだけでなく、おはようございますもこんばんはもすべてを包括する便利な挨拶。時間関係なくいつでも使ってよいので便利ですね。そして、처음 뵙겝습니다!は直訳すると「初めてお目にかかります」という意味、日本語での初めましてと同じシチュエーションで使えます。

私の名前は〇〇です

私の名前はハナです。:처 이름은 하나입니다. (チョ イルムン ハナインミダ)

처は「私の」という意味、英語でいうMYですね。이름が「名前」、은が「は」という助詞、입니다が「~です」という意味なので、名前の後につけていえばOKです。韓国語は英語などと違って文法が全くと言っていいほど日本語と同じなので、単語の意味さえ覚えて並べるだけなので簡単ですよね!

韓流アイドルや俳優もよく最初に登場すると「안녕하세요! 소녀시대입니다~!」(アニョハセヨ~!ソニョシデインミダ~!)などと元気よく挨拶しているものです。ぜひ注意して聞きとってみてください。ちなみに소녀시대とは少女時代のことですよ!

ビジネスシーンでの韓国語自己紹介

ビジネスや目上の人などに自己紹介する場合もきちんとポイントを学んでおきましょう。基本は「안녕하세요!처음 뵙겝습니다!처 이름은 타나카(田中)입니다.」(こんにちは!初めまして!私の名前が田中です。)となります。

ビジネスで日本人が韓国人に自己紹介をする場合は、名字だけを伝えるのが一般的でしょう。もっと丁寧に、「田中です」ではなく「田中と申します」と伝えたい場合には、「처 이름은 타나카(田中)라고 합니다」(タナカラゴ ハンミダ)と言えばOKです。こちらのほうがフォーマルにはふさわしい自己紹介でしょう。

また会社の名前も一緒に伝えたい場合には、「주식회사 ABC의 타나카라고 합니다(チューシッフェサ ABCエ タナカラゴ ハンミダ)」「株式会社ABCの田中と申します」と言ってもよいですし、長い文章で覚えなくても「타나카라고 합니다.ABC에서 왔습니다(タナカラゴ ハンミダ。ABCエソ ワッスンミダ)」「田中と申します。ABCから来ました」と言ってもOKです。

そして、きっと韓国の人に自己紹介をすると握手を求められるでしょう。ちょっと注意したいのがその方法です。日本では両手で握手をすることが多いと思いますが、韓国では片方の手だけで握手をします。右が一般的でしょう。そして空いた左手は自分の胸に沿えるか、自分の右ひじに添えるようにしてください。

韓国も日本に劣らず礼儀には厳しい国です。手を添えることは基本的なマナーとしてよく行われます。握手の時にも忘れないように気を付けてください。

友達同志で使える韓国語の友達の紹介の仕方と自己紹介

次にシチュエーションとして友達同志でよく使う友達の紹介の仕方と自己紹介を韓国語でどうすればいいのかを紹介しましょう。よく考えてみると一対一での自己紹介よりも、誰かを通じて紹介されるということもよくありますもんね。そんなケースにもしっかり備えておきましょう!ちょっと上級者の方のためにもまずは韓国語会話から見てみましょう

A:「알바를 같이 하는 하나야. 오늘 같이 밥 먹기로 했었어.하나야,  같은 일본어 학교에 다니는 수연이라고 해.」
B:「안녕하세요 하나씨 처도 같이 가도 될까요?」
C:「물론이죠! 하나라고 합니다. 잘 부탁해요.근데 우리 반말합시다!」
B:「알았어! 그렇게 하자! 그러면 뭘라고 부르지?」

いかがでしょうか。3人の会話ですが、どんなシチュエーションかわかりましたか?和訳と読み方をご紹介しましょう。

A:「アルバル カッチ ハヌン ハナヤ。オヌルン カッチ パッ モッキロヘッソッソ。ハナヤ、カッチ イルボノ ハッキョエ タニヌン スヨニラゴヘ。」
B:「アニョハセヨ。ハナシ。チョド カッチ カド テルカヨ?」
C:「ムルロンニジョ!ハナラゴ ハンミダ。チャル プッタッケヨ。クンデ ウリ パンマルハプシダ!」
B:「アラッソ!クロッケ ハジャ!クロミョン モラゴプルジ?」

和訳

A:「バイトを一緒にしているハナだよ。今日は一緒にご飯を食べることにしてたんだ。ハナ、一緒に日本語学校に通っているスヨンって言うの。」
B:「こんにちは!ハナさん。私も一緒に行ってもいいですか?」
C:「もちろんです!ハナと言います。よろしくお願いします。ところで、私たちため口で話しましょう!」
B:「わかった!そうしよう!そうしたらなんて呼ぼうか?」

발말は友達同士で使う言葉で日本語で言うとため口です。最初からお友達になりそうな雰囲気だと、今回のように思い切って言ってしまうと、最初からぐっと距離が縮まるでしょう。きっとこの後には、韓国語上手だね!なんて話になるのではないでしょうか…!

ちなみに、敬語を使ってくださっている年上の人に対しては「말쓸을 놓으세요.(マルスムル ノウセヨ)」と言います。直訳すると「お言葉を置いてください。」とちょっと変な言い回しになりますが、これが目上の人に敬語はやめてため口で話してくださいと言う意味になります。

ハングルでの自己紹介まとめ

韓国語の自己紹介いかがでしたでしょうか。ビジネスシーンに使える自己紹介とお友達同士で紹介されたシチュエーションでの自己紹介をご紹介しました。

これくらいの会話はハングルを学んでいるならきっと基本中の基本ですよね!

合わせてご紹介したちょっとした握手の礼儀作法や、ため口の話題なども本当によく使われるのでぜひ覚えておいてくださいね。

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 【ハングルネームプレート】好きなタレントのハングルネームプレ…

  2. 韓国語で誕生日の意味って?韓国ならではの誕生日文化とあわせて…

  3. 韓国語を日本語にするコツ!聞き取るときと伝えるときのポイント…

  4. 韓国語能力試験TOPIKの合格に向けて知っておきたいコツやト…

  5. 韓国語とは?日本人学習者が知らない韓国語の根本をわかりやすく…

  6. 韓国語の千字文表で漢字語・固有語をマスター!千字文表の活用方…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。