ハングルの「チャ」は文字も発音も盛りだくさん!「チャ」にまつわるあれこれ

ハングルのチャは意味も発音も盛りだくさん!チャにまつわるあれこれ

韓国語を勉強しようと「カナタラ・・・」と反切表を見ながら唱えたことがある人もいるかと思いますが、「チャ」のところでなんだか覚えにくいというか引っかかったという人は多いのではないのでしょうか。

外国なので母国語である日本語と比べて違和感があったり、なじみにくいと思うことは仕方のないことかもしれません。
なんでこんなに「チャ」という文字で書き方が多いの?発音が何で異なるの?どうやって発音の区別をしたらいいの?と思ったり…

そこで今回はハングルの「チャ」に焦点を当てて、色々な「ちゃ・チャ」にまつわる話題を集めてみました。

文字も発音も多いハングルの「チャ」

反切表で見かける「자」「차」「짜」をカタカナで読み方を書くと「チャ」となりますが、どうやって区別するのか困ってしまいますよね。
자も차も짜も、読み方は日本語で言うと「チャ」になります。
3種類もあるので日本語では限界があって読み方の振り方、区別に困ります。
こういう壁があるとせっかく韓国語を学びたいと思っていても、分からない、覚えられないということになってしまいますよね。

韓国語を学んでいく上で、こういったことは幾度となく立ちはだかる壁になるかもしれません。
そこで今回は、文字も種類もたくさんあって苦しめられるハングルの「チャ」にクローズアップしてみたいと思います。

一言でチャと言っても、자・차・짜のように3つも存在する文字、それぞれの発音の区別はもちろん、よく使われる苗字になどたくさんのチャが存在します。

いくつかのチャを集めてみました。

日本人にはなじみにくいハングルの「チャ」

韓国語教室でも独学でも、ハングルを学びたいと思う人はまず、反切表をみて「가나다라마바사아…(カナタラマバサア…)」と呪文を覚えるように、忘れないように何度も繰り返し練習するのではないでしょうか。

가나다라마바사아:カナタラマバサアまでは、割とすんなりいくのですが、どうしてもその次の「자차카타파하(チャチャカタパハ)」あたりから苦手になってくるというのはよく聞く話です。

ここから急に、日本語の五十音では使わないような難しい読み方になってくるからというのが理由です。
中でも今回のテーマである「チャ」である자と차は、文法的には平音と激音という区別がなされますが、ほかの文字に比べて発音の区別が難しく聞き取れない文字でもあります。

そこに濃音である짜(チャ)も加わってくるので余計にややこしいですよね。
まずは、この3つのチャ「자차짜」の発音の違いをみてみましょう。

3つのチャの発音の違いのポイント

平音のチャ「자」と激音のチャ「차」、そして濃音のチャ「짜」の3つですが、カタカナで書くと全て「チャ」になります。
英単語を覚える際の発音記号では、明確に違いがありますが、それでもなじみがないと余計に分からない、覚えられないということになりますよね。

ちなみに「자:d3a、차:ʨʰ、짜:ˀtʑa」となり、韓国語を学びたいのに英語をやり直す気分になったりならなかったり…

難しいといわれるハングルでの「チャ」の発音の区別ですが、基本的には濃音・激音の他の文字と同じ要領です。
厳密な違いを説明するのは難しく、ある程度は練習が必要ですがポイントは発生の際の息の吐き方になります。

自分の手のひらを口元に充てて、吐く息が感じられるようなポーズをとって試してみるとよくわかります。
平音の場合は、普通の日本語の発音と同じで、発音したら大体の場合軽く息がかかる程度です。
そこから、手のひらに思いっきり息を吹きかけるように発音するのが激音、逆に手のひらに息がかからないように、空気を飲み込むような要領で発音するのが濃音です。

このコツを踏まえたうえで、3つのチャ「자차짜」も練習すると区別して発音できるようになります。
まずは比較的習得しやすい「가카까」などで激音と濃音のコツを覚えてからの方がスムーズかもしれません。
口からの空気が出るか出ないかに意識を向けて練習してみて下さい。

苗字にも多いハングルのチャ行

ハングルの「チャ」にまつわる話題としてご紹介したいのが名前です。特に苗字ですね。
韓国の人の姓は、日本のそれに比べ種類が少なく、圧倒的に「金(キム)さん」「李(リ)さん」「朴(パク)さん」が多いというのはよく知られていることです。
特に「金(キム)」さんについては、【石を投げれば金(キム)さんにあたる】という話があるくらいで、おおよそ二割の韓国の人の姓が「金(キム)」なのです。

姓の種類が少なく、ほかの人と重複することが珍しくない韓国では、自己紹介をするときは大体フルネームが基本です。
そしてビジネスの場などは、姓に「김사장님(キムサジャンニム)キム社長様」や「이부장님(イブジャンニン)イ部長様」などの役職を付けて呼ぶことも多いですが、フルネームで呼ばれることも多々あります。

チャだけでなく、チェさん、チャンさん、チョンさん、チョさんなど、チャチュチョ行はよく姓に登場しますね。
漢字を見ると覚えやすいですよ。
チェさんは崔(최:チェ)さん、チャンさんは張(장:チャン)さん、チョンさんは鄭(정:チョン)さん、全(전:チョン)さん、田(전:チョン)さん、丁(정:チョン)さんと種類が多く、チョさんは趙(조:チョ)という漢字が使われていることが多いです。

韓国の人の名前を覚えるのがどうも苦手だという人は、是非、「漢字ではどうやって書くのですが?」=한자로는 어떻게 써요?(ハンチャロヌン オットッケ ソヨ?)と聞いてみることをおすすめします。
記憶にも残りやすいですし、その後の話題で自分の名前を漢字で書いたりなど話も弾むきっかけにもなりますよ。

苗字でチャチュチョといえば、日本では一番有名だと言っても過言ではない方は「チャングンソクさん」ではないでしょうか。
端正な顔立ちとスマートな物腰、日本語も堪能で、たくさんのファンの方が日本にもいらっしゃいますよね。
チャングンソクさんの名前をハングルで書くと、장근석、漢字なら張根碩となります。
本来の韓国式の発音だと、チャングンソクさんより、チャングンソッさんが正しい発音に近くなると思います。

一言でも通じるハングルの「チャ」

次に、ハングルの「チャ」についてですが、この一言でさまざまに通じてしまう便利なフレーズであるということにをご紹介します。

まず、차(チャ)ですが、この一文字で「車」と「茶」という意味があります。
自動車は자동차(チャドンチャ)、차 한장 마시고 가자(チャ ハンジャン マシゴ カジャ)は、お茶一杯飲んでいこうという意味になります。
また一次会、二次会などの「次」としても使われ「二次会行こう!」は「이차 가자!(イチャ カジャ!)」と言ったりします。

そして会話ですが、「さあ、行こう!」などの「さあ!」という掛け声を韓国語では「자ー!」と言ったりもしますよ。

また、日本の人も鼻歌で「ちゃんちゃんちゃら~」と言ったりしますが、あれは韓国の人も同じです。
気分だいいと「ちゃんちゃんちゃら~」と鼻歌のようなものが口から出るのは同じなようですね。

文字も意味も盛りだくさんなハングルの「チャ」まとめ

いかがでしたでしょうか。ハングルの「チャ」について様々な話題をまとめてみました。

まずは3種類の「チャ」の区別がしっかりできるようになりたいですね!しかし一文字だけ強調して発音するならともかく、会話の途中に出てくる「チャ」を正確に聞き分けられるようになるには時間がかかると思います。

たくさんハングルに触れて練習していきましょう!

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP