韓国語を独学で勉強する前に知っておきたい本の選び方と効果的な勉強方法!

韓国語を独学で勉強する前に知っておきたい本の選び方と効果的な勉強方法!

韓国語を勉強している人の中には、韓流ドラマをとにかく観て、K-POPをとにかく聞くことで、勉強しているという人もいます。しかし、韓国語の勉強している人の多くは、テキストや参考書などの本を利用していることでしょう。

独学で韓国語を勉強する際には、どんな本がおすすめなのでしょうか?ここでは、教材の選び方、また本を使って勉強するときに併せて行なうと良いことには何があるかといった点についてお伝えしていきます。

独学で勉強するならテキストや参考書で勉強しましょう!

韓国語を独学で勉強するために、必要となるのはテキストや参考書。まずは本屋に行って、韓国語初級のテキスト・参考書を見比べながら、自分に合うものを探してみましょう。

韓国語の本を活用して単語・文法を覚えよう

韓国語学習の最初のステップがハングルを覚えることです。ハングルの文字数はたったの24文字なので、覚えるのは難しくありません。

もちろん、韓国語を読めるようになるためには数千とあるハングルの組み合わせを覚えていかなければなりません。しかし、まずは24文字を覚えることからスタートしましょう。

ハングルを覚えたら、次は文法です。文法は日本語とほとんど一緒なので、極端な話、単語を覚えていけば会話を始めることができます。英語のように文法を何個も覚える必要がないので、勉強しやすいと感じる人も多いかもしれません。

韓国語の基礎ができるようになったら、韓国語のベストセラー小説を読んで勉強するのも効果的です。最初のうちは理解できない部分が多いかもしれませんが、勉強を続けていくと徐々に理解できる言葉が増えていきます。

理解できる言葉が増えていくと、自分の韓国語レベルが成長しているという実感を持つことができるので、勉強が楽しくなりますよ。

本やテキストを使って独学で勉強するときのポイント

独学で韓国語を勉強する際に、本やテキスト選びはかなり重要です。自分のレベルにあった本を選ぶと、韓国語のレベルが少しずつ上がっているという実感を得やすいのでモチベーションを維持しやすくなります。

どの本を選んだら良いか悩む場合は、口コミなどを参考にしてみましょう。同じ独学で韓国語を勉強している人の正直な声を聞くことができます。

参考書は自分に合わせて順番に購入しよう

韓国語を勉強する際に必要な参考書ですが、自分のレベルに合ったものを選ばないと、学習意欲を失わせる原因となってしまいます。基礎が分かっていないのに、ちょっと背伸びした参考書を選んでしまうと、韓国語の勉強をしているのになかなか結果につながらないということにもなりかねません。

ゼロから韓国語を勉強するのであれば、イラストが多い本を選ぶなど自分のレベルに合ったテキストを買うようにしましょう。自分のレベルに合っていない本を買ってしまうと、本の中に書かれている説明だけでは理解できず、勉強が楽しくなくなってしまうかもしれません。

逆に、韓国語の基礎はだいたい分かっているのに、韓国語の基礎を解説した参考書を選んでしまうと、それはそれでやる気を失わせてしまいます。韓国語を学ぶための本を選ぶ場合は、自分のレベルに合わせた本を順番に買っていくようにしましょう。

そうすることで、韓国語学習へのモチベーションを維持することができます。独学で韓国語を勉強する人にとっての大きな課題は、モチベーションの維持です。モチベーションを維持できなくなると、勉強を続けていくことが難しくなるので、参考書は自分のレベルに合ったものを注意深く選びましょう。

韓国語の教材は口コミを見て選ぼう

本屋の韓国語コーナーに行ってみると、ハングル入門や韓国語基礎の教材が数多くあります。そのため、どの教材を選んだらいいか悩んでしまうこともあることでしょう。

どの教材が良いかを判断できる材料の一つに、購入者の口コミがあります。大手のオンラインサイトでは、それぞれの本の評価とともに口コミが掲載されています。

口コミは、韓国語を独学で勉強している人の正直な感想です。なので、その本が分かりやすい本なのかどうか、自分に合っていそうな本なのかどうかを判断する貴重な材料になります。

ハングル入門や韓国語基礎など、初心者向けのテキストや参考書は特に多く出版されていますので、口コミは自分に合っている本を見つけるのに役に立ちます。

トータルコストがかかる場合も

独学で韓国語を勉強するのは、月謝が必要なく、コストが一番かからない方法だと思っている人は少なくないでしょう。しかし、自分のレベルに合わせてテキストや参考書を順番に購入していくと、意外とコストはかかってしまうものです。

また、独学で韓国語を勉強しているとモチベーションの維持が難しいため、途中でやめてしまう可能性もあります。そうなると、今までに買った教材費が無駄になってしまうので、トータルコストが韓国語教室に通うよりも高くなってしまうことも少なくありません。

途中で勉強をやめる可能性があるということを考えて、韓国語の勉強を始めたくはありませんが、やめる可能性が100%ないとはいえません。なので、教材は一気にまとめて買うのではなく、自分のレベルに合わせて、その時々で必要な教材だけを買うようにしましょう。

韓国語を勉強する際に合わせてしたい勉強法

韓国語を独学で勉強していると、必ずどこかの時点で壁にぶつかります。独学だと、自分でつくった韓国語の文が正しいのか、自分の発音が正しいのかを判断することができません。

韓国語をマスターしたいと思うのであれば、本などで勉強するのに加えて+αが必要になってきます。最後に韓国語を独学する際に、合わせて行なうと良い勉強法をご紹介します。

韓国語が話せる人に勉強ノートを確認してもらう

韓国語が話せる人、理解できる人が近くにいるのであれば、テキストや参考書で勉強した成果を見てもらうと韓国語の習得に役立ちます。

日常の出来事を書いた韓国語の文を見てもらって、正しい文法になっているか、意味が伝わるかなどを確認してもらいましょう。

定期的に確認してもらうことができれば、韓国語のレベルがどのくらい上がっているか知ることができ、モチベーションの維持にもつながります。

また、韓国語が話せる人と会話して、正しい発音になっているかどうか確認してもらうこともできます。近くに韓国語がネイティブレベルで話せる人がいないときは、韓国人が経営しているお店に行って、話しかけてみるのもいいかもしれません。

韓国語教室に通って勉強してみる

韓国語が話せる知り合いがいないという場合は、韓国語教室に通ってみるのがオススメです。気軽にネイティブの講師に自分の勉強ノートを確認してもらえますし、正しい発音ができるように矯正してもらうこともできます。

韓国語教室は、生徒同士の情報交換の場にもなります。どんなテキストや参考書を使って勉強してきたかを聞いてみたりすると、オススメの本を紹介してくれることもあります。また、講師が本当に役立つ韓国語の文法の本や、単語帳の本などを勧めてくれることもあります。

韓国語教室にはネイティブの講師がいるので、独学で勉強していて分からなかった部分などを細かく解説してもらうこともできるでしょう。

韓国語教室に通うとなると、お金がけっこうかかるというイメージがあるかもしれません。しかし、実際には教室に韓国語の勉強の参考になる教材が多くあり、それを使用して勉強していくので、教材費を抑えることができます。独学で勉強に挑戦して、本やノートを一通り揃えたあとに失敗するよりも、韓国語教室に通うほうが効果的な勉強方法になりますね。

日本最大級の韓国語教室『k Village』なら60分500円から1レッスンを受けられるので、楽しく確実に、短期間で韓国語を覚えていくことができますよ。

独学に挑戦して本やノートを一通り揃えたあとに失敗するよりも、韓国語教室に通うほうが効果的な勉強方法になりますね。

K Villageなら入学金や事務手数料が免除されますので、興味がある人はぜひ体験レッスンを申し込んでみてくださいね!
https://kvillage.jp/

まとめ

韓国語をテキストや参考書などの本を使って独学で勉強して、韓国人とスムーズに会話できるようになっている人も確かにいます。その一方で、途中で壁にぶつかって韓国語の勉強をやめてしまったという人も一定数います。

文法や発音などは、自分で正確にできているかどうかの判断ができないので、本などで勉強するだけでは、なかなか韓国語はマスターできません。韓国語教室なら、韓国語の学習にかかるトータルコストを抑えつつ、効率良く韓国語を学習することができますよ。韓国語を完璧にマスターしたいなら、『k Village』へお越しください!

関連記事

  1. 韓国語を楽しく勉強するために!インスタで使えるハッシュタグを…

  2. 韓国×九州の関係!韓国の前方後円墳?対馬に韓国人?その理由を…

  3. ハングルが読めない人必見?!母音も子音もまとめて覚える簡単な…

  4. 韓国語でバイバイと言ってみよう!親しい相手とのさよならの言い…

  5. 韓国語の歌を聞いて韓国語は勉強できる?その方法は?

  6. 韓国語でカムサハムニダ!韓国旅行中にカムサハムニダのフレーズ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。