独学での勉強は韓流ドラマがおすすめ?その勉強法効率悪いかも

独学での勉強は韓流ドラマがおすすめ?その勉強法 効率悪いかも

日本でも人気のある韓流ドラマ。韓流ドラマをきっかけに韓国語の勉強を始めた方も多いのではないでしょうか。韓国語をマスターして、字幕や日本語訳なしで韓流ドラマを楽しんでみたり、韓国旅行に行って現地の韓国人と韓国語で会話したりしてみたいですよね。

今回は、韓流ドラマを使った韓国語の勉強法と、効率よく韓国語をマスターできる勉強法をご紹介します。

韓流ドラマの勉強は「聞き取り」に効果あり!

韓流ドラマは、「聞き取り」に高い効果がある勉強法です。韓流ドラマを見ながらさまざまなセリフやフレーズを何度も聞くことで、聞き取り力が自然にアップします。

勉強用に用意されたテキストや題材では頭に入ってこない内容も、好きな韓流ドラマを使うことによって、楽しみながら勉強を続けられるのがいいですよね。

聞き取りに最適な韓流ドラマ

聞き取りの勉強に最適な韓流ドラマをいくつかご紹介します。

冬のソナタ

韓流ドラマブームの火付け役として、幅広い世代から人気を集めている冬のソナタ。日本語訳版を見たことがある人は、内容のイメージがすでに頭の中にあるので、韓国語が直に入ってきやすいです。

カフェアントワーヌ

他のドラマよりもセリフがゆっくりなため聞き取りやすいです。韓流ドラマでよく見かける大げさなセリフも少なく、日常会話で使う表現が多く出てくるドラマです。

ドリームハイ

韓国語版のハイスクールミュージカルとなっているため、歌もあり勉強になります。ぜひ歌の部分を真似して何度も歌ってみましょう。聞き取り力と話す力の両方を身につけられるドラマです。

他にもさまざまな韓流ドラマがありますので、自分にあった韓流ドラマを探してみてください。選ぶ際は、「セリフがゆっくりであること」「大げさな言い回しが少ないもの」「日常会話を多く使うような設定」のドラマを選んでくださいね。

医療関係、弁護士、時代劇といったジャンルは専門的な言葉のやり取りが多いので、韓国語の勉強には向かないかもしれません。

セリフを聞き取ってフレーズの勉強法

話しているセリフを全て聞き取ろうとすると大変ですので、気持ちを表す言葉を重点的に聞き取りましょう。難しい会話表現はパスして大丈夫です。具体的なステップとしては以下の通りに進めます。

①聞き取ったセリフをノートに書き写す。
②自分で和訳する。
③声に出して何度も言ってみる。

自分で和訳する際は、全て訳さなくても大丈夫です。韓国語の勉強に慣れてくるうちに分かってくることもありますし、ドラマの流れを見てなんとなく分かることもあります。そして、セリフを口に出すことで発音や舌の動きの練習になりますし、耳から入った言葉は、より頭の中に記憶されていきます。

韓流ドラマ以外にも、YouTubeで韓国語の動画やバラエティー番組を見てみましょう。なかでも、童謡や動画が見られるPINKFONG(ピンクフォン)というチャンネルは、同じ話を日本語版と韓国語版の両方で見られるのでおすすめです。動画をみて自分で訳したものが合っているかの答え合わせがしやすいので、韓国語の勉強の題材として非常に役に立ちます。

PINKFONG(ピンクフォン)での学習のやり方
①YouTubeで「핑크퐁 이솝이야기」と検索し、好きな韓国語の動画を見る。
②次に、「ピンクフォン イソップ物語」と検索して、同じ動画の日本語版を見る。
③もう一度韓国語の動画を見て、おおまかな意味を理解する。

しかし、韓流ドラマを使って韓国語を勉強するときは、単語と文法も並行して勉強することをおすすめします。単語や文法が分からないままにドラマを見ていても、セリフが全く聞き取れないのです。

韓国語学習の初心者が、韓流ドラマを使って独学で勉強することは、少し難しい勉強方法かもしれません。逆にいうと、韓国語の基礎をしっかり身に着けた中級以上の方が韓流ドラマを使って聞き取りの勉強をするのは、非常に効率的といえますね。

中級者の方は、スランプに陥ったときなどに、韓流ドラマを見て聞き取りの勉強をすると、いい息抜きになりますよ。

韓国語の勉強は、楽しみながらコツコツと続けていきましょう。

韓流ドラマの主題歌をノートに書いてみよう

せっかくなので、韓流ドラマの主題歌も韓国語学習の題材として活用してみませんか。好きなリズムの曲をみつけたら、さっそく韓国語の勉強を始めてみましょう。

好きな主題歌を和訳する

まず、好きな主題歌の歌詞を歌詞カードやネットを利用して、ノートに書き出していきます。書き出した歌詞を分解して、和訳していきます。この時、全ての歌詞を和訳しなくても大丈夫です。分からない所はとばして、分かる所をどんどん訳していきましょう。

歌詞を声に出して歌うと発音の練習に

次に、歌詞を声に出して歌ってみましょう。何度も声に出して歌うことで、発音の練習になります。韓国語には、日本語にない発音や舌の動きがありますが、歌いながら正しい舌の使い方を覚えられます。最初のうちは大変ですが、やっていくうちに慣れてきて、上手に歌えるようになりますよ。

韓国語の曲が歌えるようになると、韓国人のお友達ができたときに、カラオケに行って盛り上がることができるので、素晴らしいコミュニケーションスキルになりますよ。ぜひ韓国語の歌詞を使って勉強してみてください!

効率を上げる韓国語の勉強法

韓流ドラマだけで韓国語が話せるようになれば嬉しいのですが、やはり韓流ドラマだけで韓国語を独学でマスターするのはとても難しく、時間もかかってしまいます。分からない所が出てきたときに、そこでつまずいて韓国語の勉強自体が止まってしまう可能性もあります。

そこで、無理なく続けられて、効率が上がる韓国語の勉強法をいくつかご紹介します。

ネイティブ講師のいる教室へ通う

日本語と文法が似ていて、比較的覚えやすいといわれている韓国語学習ですが、独学で学ぶにはどうしても限界がきてしまいます。そこで、韓国語教室に通えば、分からない所があってもすぐに先生に質問して教えてもらうことができるので、どんどん学習を進めることができるのです。

ネイティブ講師がいる教室に通えば、生きた韓国語を教えてもらえるので、より実践的な韓国語を身につけられます。そして何より、一緒に学ぶ仲間がいると、お互いに励まし合いながら勉強を頑張ることができるでしょう。

K Villageなら、入学金・事務手数料が無料で、60分500円から気軽に韓国語の学習を始められます。生徒様の満足度は95%です!!無料体験レッスンもありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

K Village(https://kvillage.jp/)

シャドーイング勉強を活用する

もう一つ、韓国語を効率良く勉強できる、「シャドーイング」という勉強法があります。韓国語の音声を聞いて、イントネーションや発音をそのまま同じように声に出すという方法です。耳で聞いた通りに発音してみることがポイントです。

韓流ドラマを見ながらのセリフを口に出してもいいですし、韓国のポッドキャスト(インターネットラジオ)も便利ですよ。

韓国語を話すときに大事なのは、イントネーションとスピードです。シャドーイングでネイティブの話し方を真似することで、会話力を身につけることができます。

短い時間でも十分効果がありますので、ぜひ毎日続けてみましょう。

まとめ

韓流ドラマを使った韓国語の勉強方法をご説明しました。韓流ドラマは、聞き取り力を身に着けるのに高い効果がありますが、ぜひ単語や文法も合わせて勉強してくださいね。

一人で学習するのが大変なときは、ネイティブ講師のいる韓国語教室に通って、効率的に韓国語を学習してみてください!

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語で「また会いましょう!」 韓国語の「またね」のあいさつ…

  2. 韓国語の千字文表で漢字語・固有語をマスター!千字文表の活用方…

  3. 韓国語の数字の読み方は二種類!イルイサン…ハナド…

  4. 動画やユーチューブ(YouTobe)のハングルが読みたい!勉…

  5. 話題の〈チーズドック〉大阪でも食べたいねん!鶴橋・道頓堀のチ…

  6. 韓国語教室はどのくらいで会話ができるようになる?3か月で話せ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。