KPOPペンになれば韓国語を覚えるのは簡単?

KPOPペンになれば韓国語を覚えるのは簡単?

KPOPがキッカケで韓国語に興味を持った人や、韓国に行ってみたい!と思った人は多いのではないでしょうか。東方神起やBIGBANG、TWICEなど、人気グループの人たちと話ができたらどんなに嬉しいでしょう。

人気グループと話ができなくても、KPOPペン(ファン)同士で盛り上がると楽しいですよね。KPOPペンになると韓国語を早く覚えられるような気がしませんか? そこで今回は、KPOPペンは、一般的な学習方法より韓国語を覚えるのが簡単なのかを考えてみましょう。

KPOPが韓国語を覚えるきっかけに

好きなKPOPの歌詞を見て、「この歌は、なんて歌っているんだろう」「歌詞の内容を知りたいな」と思ったことがあるでしょう。短いサビの部分なら、なんとなく発音を真似して歌えるけれども、歌詞全体の意味が分かるとすごく楽しくなりますよね。

韓国語は、普段よく目にしている英語より難しく感じられるかもしれませんが、好きな歌手がどんな思いで歌っているのかを知りたいという気持ちが、韓国語を覚えるキッカケとなることが多いようです。

KPOPならではのメリット

KPOPペンなら、意識をしなくても韓国語に親しめるというのが最初のメリットです。好きな楽曲を聞きながら韓国語が覚えられると、モチベーションの維持にもつながって一石二鳥ですよね。

そのうえ、You Tubeや歌詞検索サイトから楽曲の情報を入手できますので、それを見ながら学習すると、目と口と耳で覚えられるというメリットがあります。おまけに、テキストを見ながら学習するより、好きな歌手を思いながら学習するので続けやすいです。

また、韓流ドラマにハマった人もいると思いますが、ドラマは1時間もありますので、ドラマで韓国語を覚えようとしていた人は、長く感じてしまうこともあったのではないでしょうか。その点、KPOPなら数分ですので、飽きずに覚えられるというメリットもあります。

KPOPで韓国語を覚える方法

KPOPで韓国語を覚える方法は、歌詞を日本語に訳してみるのが一番早く理解できます。次のように始めてみましょう。

・好きな曲の歌詞をノートに書く。
・意味の分からない単語に印をつける。
・パソコンやスマホで印のついた単語を調べる。
・関連語があれば、ついでに書いておく。
・単語の発音の仕方を書き足していく。
・単語をひとつひとつ日本語訳する。
・一緒に歌ってみる。

こうすることによって、単語を覚えられるだけではなく、発音も書くことで一緒に歌うときにネイティブにより近い発音を学べるようになります。この方法を使って韓国語を覚えると、「書く」「読む」「聞く」「話す」という4つの力がみるみるついていくのが分かります。

ただし、曲を選ぶときは、難しいラップの入っていないもの、ゆったりとしたバラード曲を選ぶことがポイントです。

ファン活で韓国語を使いこなそう

KPOPファンになると、応援する際に気になるのがその用語です。日本のアイドルを応援するのとはちょっと違って難しいですよね。しかし、ファン活をするうえで覚えておくといいこともあります。

まず、ファンのことは、「ペン」と言います。そして、ファン活に必要なペンライトは「ペンラ」と言います。このように、ファン活をすることで自然と韓国語が身につくのです。

ファン活で韓国語が分かるメリット

ファン活をすると自然と韓国語が身につくので、いろいろなメリットが生まれます。たとえば、ファンレターを書いて送ることもできるでしょう。自分が好きなことを伝えるために、必死に韓国語を書こうと思うようになります。

また、SNSを通じて、同じアイドルが好きなペン(ファン)同士でやり取りができ、ファンミーティングや握手会の日程などの情報交換も入手できます。

現地に行って応援しよう

ファン活を活用して、アイドルの握手会やファンミーティングが現地で実施されるという情報を入手できたとしましょう。現地では、大好きなアイドルを目の前で見たり、アイドルが出演する歌番組を観覧して直接応援したりすることもできます。

何度も足を運ぶと、アイドルと顔見知りになれるチャンスがあるかもしれませんね。ぜひ現地に行って応援しましょう。現地では、目の前に好きなアイドルがいるのです。考えるだけでワクワクしませんか?

ただ、現地では日本語が通じませんので、当然ながら移動や宿泊でも韓国語が必要になります。タクシーに乗ってホテルまで行きたくても、「◯◯ホテルへ行ってください」という一言が分からなければ、宿泊先へ行くこともできません。現地でアイドルを応援するときは、最低限の韓国語をマスターしておく必要があるでしょう。

KPOPで韓国語を覚えるときの注意点

KPOPアイドルを現地で応援してみたいと思ったら、歌詞だけで学習をするだけでは少し無理がありそうですよね。飛行機で現地に到着すれば、そこからはもう韓国語しか通じないのです。そのためにも、日常会話レベルの韓国語の基礎を身につけておくことがとても大切です。

K Village(https://kvillage.jp/)陣は日本語が堪能なネイティブスピーカーが、正しい発音をマスターするために「会話中心」の授業をしています。そのため、難しい文法を学習することより、まずは「韓国語が話せる」という自信を持ってもらうことを目標としています。

基礎知識は必要

韓国語を話せるようになるには、基礎知識がとても重要です。特にハングル文字が読めなければ、現地で標識や案内図さえ読むことができません。

そのうえ、特に韓国語では発音がとても難しく、KPOPアイドルの歌詞を書いて覚えたカタカナでは、まったく通じないどころか、別の言葉として伝わってしまうことがよくあります。伝えたい内容と違うことが伝わっていると思うと、とても怖いですよね。

そして、韓国はとても礼儀を重んじるお国柄で、目上の人には敬語を使わなければならなかったり、TPOに応じて言葉の語尾や代名詞を使い分けなければならなかったりするのです。このように、現地でKPOPアイドルを応援しようと思うと、KPOPアイドルの歌詞には出てこない言葉をたくさん学習しなければならないのです。

まずは初級の会話をマスターしよう

KPOPアイドルを好きになって、韓国語をマスターしたいという方はたくさんいらっしゃいます。そして、多くの人がKPOPアイドルの歌を聞いたり、発音をマネしたりして韓国語を覚えようとするのです。けれども、KPOPアイドルの歌が完璧に歌えることと、日常会話が通じることとはまったく別なのです。

歌の中に出てくる歌詞が、どれも正しい韓国語だとは言えないかもしれませんよね。日本のアイドルグループが歌っている歌を思い出してみてください。日常会話では通じないような言葉で歌っていることがありませんか?少しは通じるかもしれませんが、どれもTPOに応じて語尾や代名詞を使い分けなければ通じないことが多いのです。

そして、KPOPアイドルの歌で韓国語を覚えることで、話せる内容に偏りが出てしまいます。また、韓国語には、日本語にはない発音が多くあります。歌を歌っているときはメロディに合わせて発音するので、少しくらい違っていても通じます。けれども、会話ではまったく通じません。

韓国語を話したいと思うなら、まずは初級の会話をマスターしましょう。K Village韓国語スクールなら、ネイティブスピーカーによる生きた会話を楽しく学習できます。会話のコツをつかんで、現地で大好きなKPOPアイドルを応援しましょう。

まとめ

KPOPペンになれば韓国語を覚えるのは簡単なのかどうかを考えてみました。韓国語を学ぶキッカケがKPOPだという人はたくさんいらっしゃいますが、会話をするとなるとKPOPで覚えた発音が間違っていたり、話せる単語に偏りが出てしまったりするのも確かです。まずは初級の会話をマスターして、KPOPアイドルを現地でも応援できるといいですね。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語で〈そうだね〉って?韓国語会話で頷きたいときのフレーズ…

  2. 韓国語をたのしく覚える!独学からはじめる韓国語の勉強法をご紹…

  3. 【韓国女子必見】スグ使えるあいさつフレーズ教えます!

  4. 【韓国語ヒョン】韓国語の「ヒョン」は兄貴だけど…ヒョン・ヘン…

  5. 【ハングルでもしもし】ハングルの「여보세요?(ヨボセヨ?)」…

  6. ハングルの脳内漢字変換に挑戦!韓国語スキルアップの3つの理由…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。