ハングルの難しい発音のポイントまとめ!日本語にない母音や子音の濃音・激音をマスターしよう

ハングルの難しい発音のポイントまとめ!日本語にない母音や子音の濃音・激音をマスターしよう

ハングルを読めるようになりたい!と勉強をしようと思っても、「発音が難しい!」と誰もがこの壁にぶつかってしまうようです。

ハングル文字は反切表という日本語の五十音図のような一覧表を使って覚えていきますが、ㅓ,ㅕ,ㅡなどの基本となる母音の発音がまず日本人にとっては難しいと言われています。

そして子音の方も発音が難しいものがありますね。ㅋ,ㅌ,ㅊ,ㅍの激音やㄲ,ㄸ,ㅆ,ㅉ,ㅃの濃音ですね。こちらの方は平音との区別が難しい!自分で発音をするのももちろんですが、リスニングで発音の違いを聞き分けるようになるのも難しいと感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

なぜ、これらが日本人にとって難しいのかと言えば、日本語では使わない・区別しない発音だからです。そこで今回はハングルの難しい発音のポイントとして、日本語にない母音【어,여,으】と、子音の濃音、激音の発音のコツや練習方法をご紹介したいと思います。

この記事の目次
・ハングルの難しい発音をマスターしよう
・日本語にないハングルの母音【어,여,으】
・難しい母音【어,여,으】の発音をマスターする方法
・難しい子音の発音【激音・濃音】のコツは?
・자,차の発音の区別も難しい!
・ハングルの難しい発音まとめ

ハングルの難しい発音をマスターしよう

ハングルの発音、難しいですよね!聞いて違いは分かるけど、それが正しくどの文字を読んでいるのか…自分で発音できているのか…読み書きと違って、スピーキングやリスニングは練習が必要ですし、独学の場合、練習すること自体も難しいですし、正しくできているのかどうかの判断も付きにくく難しいものです。

最初に申し上げますと、ハングルの発音を正しくマスターしようとお考えならば、韓国語ネイティブの先生から直接習うのが何と言っても一番良い方法です。

正しい発音が見につくのはもちろんのこと、それが一番早い、効率が良いといえるでしょう。

そして、韓国語の場合は初級の段階であればあるほど、その効果は高いです。なぜならハングル文字は表音文字と呼ばれる、一つの文字が一つの発音を持っている文字を使っているため、文字が読めるようになると、どんな長い文章でも読めるようになります。ですので、発音を早く身に着けることは、韓国語の勉強においてとても大切なのです。

また、韓国語は文法が日本語とほとんど同じなので、日本人は文法の勉強はそれほど難しいものではありません。動詞や形容詞の活用を覚えるくらいでしょうか…

ですので、なんといっても発音を先にマスターすることが大切!この壁を乗り越えればその後のハングルとの付き合いがぐっと親密で楽しいものになります。

興味のある人はレッスンを検討してみて下さいね。しかし、やっぱり独学でも練習したいという人もいらっしゃると思いますので、難しいハングルの発音をマスターする方法やコツをご紹介したいと思まいます。

LINE@追加

日本語にないハングルの母音【어,여,으】

まずは、母音からです。

아 야 오 요 우 유 이 【ア ヤ オ ヨ ウ ユ イ】

こちらの母音はほとんどが日本語の発音と近いので、カタカナで読み方を覚えてしまって問題ありません。問題は【어,여,으】ですよね。

어,여から見ていきましょう。こちらもカタカナで発音を書くとすれば「オ ヨ」ですが、【오 요】との違いが難しいですね。오、요は日本語のオ、ヨだとすれば、어,여はどのように区別をすればいいのでしょうか。

으は「우」との区別が難しいです。どちらも「ウ」とカタカナでは書くのが違いのですが、으の方がちょっと日本語とは違う音になります。

難しい母音【어,여,으】の発音をマスターする方法

この3つの日本語にない難しい母音の発音はどうすればいいのでしょうか。発音をマスターするには口の形を意識することが大切です。

まず어,여は、文字の形を顔を横から見ている状態だとイメージしてください。発音の際は、口を大きく開けて、指をその中に差し込んでいる状態だというイメージです。そうすると自然に息を飲み込むような感覚になると思います。その状態で指があると思って口を大きく開けたまま「オ・ヨ」と発音してください。

오、요よりもくぐもってのどが大きく開いた状態が正しい発音です。

次に、으です。으は口の形をこちらもハングル文字のように動かすとうまくいきます。歯磨きで「イー」っとするように横長に口をして、声は「ウ」と出すと正しい으の発音になりますよ。

正しく発音できていると、この3つの母音はのどや頬が付かれてくるはずです。日本語ではなかなか使わない顔の筋肉を使うためなのですが、慣れてくれば自然と身につき、変に力を入れることなくできるようになりますので大丈夫です。最初はしんどいですが、丁寧に口の動きを意識して練習してみて下さい。

難しい子音の発音【激音・濃音】のコツは?

次は子音です。ㅋ,ㅌ,ㅊ,ㅍの激音やㄲ,ㄸ,ㅆ,ㅉ,ㅃの濃音ですよね。こちらはまず発音の聞き分けからコツを見ていきたいと思います。

카と까を例にとって見ます。まず、大きな違いは카の方は正しく発音していると息が強く前に出て、까の方は逆に息は前に出ず、飲み込むようにのどの奥の方に入る感じが正しいです。

카카카と続いていると「カーカーカー」、까까까となっていると「カッカッカッ」となります。ちなみに平音の가가가は「カガガ」と読むことになります。難しいですね…

ポイントは音と一緒に息がどうなっているかということを意識するのがコツです。自分で声を出して発音の練習をする時にもそのことを考えながらやってみて下さい。最初は自分の手のひらを口の前に当てて、息がかかる、かからないを確認しながらやるのがおすすめです。

こちらでも詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください。

■関連ハングル記事
ハングルの激音・濃音とは?発音を完璧にマスターする練習方法も

자,차の発音の区別も難しい!

次に、平音と激音なのですが자,차の発音の区別が難しいということもよく言われていますので、チェックしておきましょう。
「조/초」は「ジョ/チョ」、「주/추」は「ジュ/チュ」という風に区別がつきやすいですがこの二つは難しいですね。

カタカナでは、자も차も「チャ」と書くことが多いと思います。しかし、区別をするのであれば、자は「ジャ」、차は「チャ」と区別するのが判りやすいでしょう。

しかし、자も語頭に文字がある場合は「チャ」と発音します。「자유(チャユ)=自由」などの単語の場合ですね。この語頭に来る場合の자と、激音の차の違いですが、こちらも激音の方が激しく息を吐きだしながら発音するのが正しいのですが、ネイティブの韓国人でも実は聞き分けは難しいです。

一文字だけを丁寧にゆっくり発音すれば違いは分かりやすいのですが、多くの場合はその前後の他の音から単語として音をとらえてどちらかを判断します。

私たち日本人も「お」と「を」の発音の区別を普段の会話ではしていませんよね。「お父さん」などの単語では「お」、「ご飯を食べる」などの文章の接続詞の場合は「を」と判断していますが、それと同じような感覚です。

ですので、一文字ずつを聞き分けたり、発音し分けるには息を意識するというのが正解なのですが、あまりこだわりすぎず単語や文章から判断するという風にとらえておいた方がよいかもしれません。

また、조と죠の違いもちょっと混乱するという人もいるかもしれませんね。 これはもうほとんど同じ!ないとは言いたくありませんが、区別する方法を探すのは難しいと思います。発音記号では書き分けられますが、実際の発音では差がないように聞こえるというのが正解です。

ハングルの難しい発音まとめ

ハングルの難しい発音をどうやって練習すればよいのかをご紹介しました。

日本語にはない母音があったり、子音も激音、濃音など種類があったりしてとても難しいと感じてしまうかもしれませんね。しかし、一文字ずつ練習していくより、単語や文章でハングルを覚えていくと自然と正しい発音も身についていくので安心して下さい。

最初は口の形や息の出し方などを丁寧に意識して練習していきましょう。

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

8,500人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. ハングルの笑いについてを深堀り!笑い声をハングルで表現するに…

  2. 韓国語で使用頻度抜群の例文が知りたい!すぐに活用できるフレー…

  3. 韓国語で「ください」は「ジュセヨ」?「チュセヨ」?使い方・表…

  4. ハングルの「パン」は日本語から来ている?パンにまつわるハング…

  5. 韓国語の講座で最初に勉強することって?韓国語のスタートダッシ…

  6. 最低限コレだけは知っとこ!韓国旅行に役立つ言葉

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。