韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

この記事の目次
・韓国語は「話し言葉」でハングルは「書き言葉」が正解
・韓国語・ハングル語だけじゃない……高麗語って?
・日本で韓国語とハングル語が使われるようになった経緯
・まとめ

韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

韓国語のフレーズは、韓国ドラマのセリフやK-POPのメロディーの中にあふれています。
スマホやタブレット、ミュージックプレイヤーから、韓国語が日常的に流れているのです。

韓国オルチャンのSNSをフォローするようになり、1日に何度もスマホで韓国語を見ている人もいるでしょう。

今、韓国語に興味を持っている人がたくさんいるんです!

韓国語を勉強してみたい!
韓国語教室のレッスンに通ってみようかな?

そう思いながら、とりあえずテレビやラジオの語学講座を見てみたり、大型書店に行って韓国語のテキストを眺めたりしていると、番組でも書籍でも「韓国語」だけじゃなく「ハングル語」という呼び方を使っているのを見かけます。

ハングル語……?

韓国語とハングル語、どこかどう違うのでしょうか?
今回は、知っているようで知らない、「Korean」の疑問を解説していきます!

韓国語は「話し言葉」でハングルは「書き言葉」が正解

韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

テレビのKrean講座や販売されているテキストの影響で、韓国語とハングル語は、どちらも韓国の人たちが話している言語と思っている日本人も少なくなりません。
しかし韓国語とハングル語が「韓国の人たちが話している言語」という認識は、そもそも違っているのです。

わかりやすくいうと……
韓国語は「話し言葉」、ハングルは「書き言葉」です。

韓国語は日本語・英語・中国語と同じように、言語のひとつに分類されます。
ハングルは日本語のひらがな・カタカナ・漢字、英語のアルファベット、中国語の漢字のように、その言語を書き表すための文字のことです。

日本語に置き換えて考えてみると、「ひらがな語」や「カタカナ語」、英語だと「アルファベット語」……という名称が同時に使われてしまっているという状況になってしまうのです。

韓国の人たちからすると、「ハングル語」はとてもおかしな呼び方ですよね。

韓国語・ハングル語だけじゃない……高麗語って?

韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

日本国内での使用率は「韓国語」がトップですが、実は、日本で正式に認められている名称は「朝鮮語」なのです。

韓国語だと「大韓民国」の人が使用している朝鮮語という意味合いを含みます。
現在では大韓民国と北朝鮮人民共和国という2つの国がありますが、朝鮮半島はもともとひとつの国として統一され、同じ言語を話していたため、日本では「朝鮮語」の方が正しいと考えられたのです。

韓国で使用されている「韓国語」と北朝鮮で使用されている「朝鮮語」は、もともと南北で違いがあった方言や文化の違いの影響を受けて、発音や語彙が大きく異なっています。

そして、日本ではあまり知られてはいませんが、「高麗語」という朝鮮語も存在しています。
それはロシアのシベリアや中央アジアに居住する朝鮮族の人たちが使用している、ロシア語やウズベク語、カザフ語などの影響を大きく受けたもので、コリョマルとも呼ばれています。

しかし独自に発展した高麗語では、韓国の人や北朝鮮の人、あるいは中国に住んでいる朝鮮族とは会話をすることが困難だと考えられています。

日本で韓国語とハングル語が使われるようになった経緯

韓国語?ハングル語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

朝鮮語にも韓国で使用されている「韓国語」、北朝鮮で使用されている「朝鮮語」、シベリアや中央アジアの朝鮮族が使用する「高麗語」がありますが、日本人が朝鮮語として勉強しているのはほとんど「韓国語」です。

なので、日本人が「韓国語を勉強しています」「韓国語を話すことができます」と言うのも、間違いではありません。

では、どうしてハングル語という表現が使われているのでしょうか。
それは韓国だけでなく、北朝鮮にも配慮したケースが、一部で定着したためです。
韓国語では北朝鮮への配慮に欠け、朝鮮語では韓国への配慮に欠けてしまう……そこで朝鮮半島全域で使用されているハングルに着目し、ハングル語という表現にしたとみられています。

ハングル語の背景には、日本と朝鮮半島のちょっと複雑な政治背景があったのです。

まとめ

韓国語だけでなく、北朝鮮で使用される「朝鮮語」やシベリアや中央アジアで使用される「高麗語」があり、韓国と北朝鮮に配慮して「ハングル語」という呼び方もされるようになった「Korean」、現在では世界中で50万人ものコリア系の人たちに使用されています。

韓国から発信されるSNSや韓国ドラマ、K-POPから韓国語に興味を持った人も、韓国語という言語にさらに関心を持つことができたのではないでしょうか。

まずは、韓国語の勉強からスタートしてみませんか?
韓国語教室 K Village Tokyoでは、韓国語からハングルの読み書きまで、韓国ネイティブスピーカーの先生が初心者にもわかりやすく教えてくれます。
韓国語がわかるようになってくると、独特の抑揚だったり、韓国語ではカタカナ語なのが北朝鮮では漢字語だったり、北朝鮮で話されている朝鮮語との違いもわかるようになってくるんですよ!

みなさんも体験レッスンに参加して、Koreanに触れてみましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校 TEL 03-3232-1916
上野校 TEL 03-5826-4823
横浜校 TEL 045-620-9810
名古屋校 TEL 052-212-5854
大阪校 TEL 06-6809-3624
心斎橋校 TEL 06-4963-3137

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 新大久保は신오쿠보(シノクボ)?リアルな韓国語が飛び交うディ…

  2. 大阪・心斎橋はおいしい韓国料理店が多い!韓国人旅行客が増えて…

  3. 韓国語の単語で伝えられること!韓国語の中に聞こえる日本語の単…

  4. ハングル翻訳の舞台裏!韓国ドラマやK-POPのセルフ翻訳は韓…

  5. 韓国語のハングルで日本人の名前も書ける!ハングルの表記につい…

  6. キーボードでハングルを打てるようになりたい!パソコンはもちろ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。