韓国語で挨拶をしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

韓国語で挨拶をしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

韓国語であいさつは「インサ」といい、ハングルだと「인사(インサ)」、朝鮮王朝時代にならって漢語で表記すると「人事」となるそう。

「人が行うべき事」

韓国語のあいさつには、こんな意味があるのだと教えてくれたのは、日本語はもちろん、ひらがなだけでなく漢字もよく勉強している韓国語の先生でした。

とても大切なことを、「인사(インサ)」として忘れずにいる韓国人。
日本人のわたしたちも、韓国の人と出会ったら、ちゃんと인사(インサ)をしたいものです。

韓国に旅行する。
韓国語教室や韓国留学に行く。
接客業をしていて、韓国人観光客がたくさんくる。

こんなシーンに、韓国語で「인사(インサ)」ができたら素敵ですよね。

韓国語であいさつをしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

そこで今回は、韓国語で인사(インサ)をしたい、3つのシーンで使うことができる韓国語のあいさつをご紹介していきます!

韓国語で挨拶1.韓国旅行で인사(インサ)をしよう!

韓国語であいさつをしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

飛行機や連絡船で2時間で行くことができる韓国。
週末旅行で頻繁に訪れているという人も多いようです。

せっかく韓国に旅行に行くのだから、韓国語がわからなくても、韓国の人と積極的に인사(インサ)をして、コミュニケーションをとってみましょう!

まずは、旅行で使うことができる、基本的な韓国語のあいさつから覚えましょう。

안녕하세요(アンニョンハセヨ)
안녕하심니까?(アンニョンハシムニッカ?)

韓国語のあいさつフレーズとして知られている「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」は出会いのあいさつです。
日本語だと、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」となりますが、韓国語では時間によって使い分ける必要はありません。いつでも、「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」で使えばいいのです。

では「안녕하심니까?(アンニョンハシムニッカ?)」は、どう使うのでしょう?
「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」はどちらかというとフレンドリーな表現です。
あいさつをする韓国人が自分よりも年上のようなら、「안녕하심니까?(アンニョンハシムニッカ?)」とあいさつをしましょう。

「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」、「안녕하심니까?(アンニョンハシムニッカ?)」と、韓国語であいさつをするだけで、韓国旅行がもっとイキイキとしたものになるはずです。

韓国語で挨拶2.学校で인사(インサ)しよう!

韓国語であいさつをしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

韓国語の教室に通うことになったり、韓国語留学に行くことになったら、学生がよく使う인사(インサ)で、クラスメイトや先生とコミュニケーションをとってみましょう。

안녕(アンニョン)!

仲のいいクラスメイトなら「안녕(アンニョン)!」と、ちょっとくだけたあいさつをしてもかまいません。それだけで、二人の距離がぐっと縮まります。

잘지냈어(チャルチネッソ)?
잘지냈어요(チャルチネッソヨ)?

こちらは週末や祝日、年末年始、風邪を引いて休んでしまった後など、教室で久しぶりに会う時に使うことができる、とても便利な韓国語のあいさつです。

「元気にしていた(ましたか)?」
「良く過ごしてた(ましたか)?」
日本人にわかるようにすると、こんなニュアンスになります。

クラスメイトになら、フレンドリーな「잘지냈어(チャルチネッソ)?」、先生ならちょっとかしこまった「잘지냈어요(チャルチネッソヨ)?」を使います。

韓国語教室や留学先の学校では、クラスメイトや先生に自分からあいさつをして、どんどん仲良くなっていきましょう。

韓国語で挨拶3.お店に韓国人観光客が!韓国語で인사(インサ)しよう

韓国語であいさつをしよう!3つのシーンで伝わる韓国語のあいさつをご紹介!

接客業をしていると、韓国人観光客が来店し、日本語が通じずスタッフが慌ててしまうということもよくあるようです。

韓国語が話せなくても、接客業で使われるあいさつをはさむだけで、日本人従業員も、韓国人観光客も落ち着きますし、なごやかなムードにもなります。

어서오세요(オソオセヨ)

「어서오세요(オソオセヨ)」は、韓国語でいらっしゃいませというあいさつになります。
韓国の飲食店も、入店すると「어서오세요(オソオセヨ)」とスタッフがむかえてくれます。

また、韓国語でお客様のことを손님(ソンニム)といいますが、「어서오세요(オソオセヨ)」の前に「손님(ソンニム)」と付け加えるだけで、とても丁寧な印象になります。

감사합니다(カムサハムニダ)

韓国人観光客がお店を出る時には、ありがとうございましたという意味の、「감사합니다(カムサハムニダ)」のあいさつで見送ると、日本人スタッフも韓国人観光客も、とても気持ちがいいでしょう。

【まとめ】韓国語で挨拶

韓国語の인사(インサ)を、韓国語旅行、韓国語教室・韓国留学、韓国人観光客の接客、この3つのシーンですることができれば、韓国語で会話ができなくても、韓国人とコミュニケーションをとることができます。

これからも、頻繁に韓国旅行に行く。
将来的に韓国語留学がしたい。
接客業をしていて、韓国人観光客をターゲットにしていく。

もしも、これから韓国の人との関わりが増えていくのなら、韓国語の勉強をスタートするのもいいかもしれません。

K Village 韓国語なら、韓国人の先生がより実用的な韓国語のあいさつを教えてくれますし、初心者にもわかりやすく、ハングルの読み書きや基礎的な文法、よく使う単語を教えてくれるので、韓国語を話すことができるようになっていきます。

韓国語のあいさつからステップアップしたい!
まずは、体験レッスンで韓国語の会話にチャレンジしてみましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員ネイティブ。受付スタッフは韓国語も堪能な日本人。
まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

9,000人が通う日本最大の韓国語教室、K Village 韓国語。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に11校

まずは韓国語レッスンを無料体験してみませんか?

韓国語教室 「K Village 韓国語」は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP