韓国語のハングルであいうえお!日本語の50音と違う?読み方と一緒にご紹介!

韓国語のハングルであいうえお!日本語の50音と違う?読み方と一緒にご紹介!

ハングルで日本人の名前や日本の地名を表記したいとき、ハングルの50音が役立ちます。

たとえば、

・ひらがなのニックネームをなかなか覚えてもらえません。
・韓国の人とつながりたいという気持ちもあるので、ニックネームをハングルを書いてみたい。
・韓国人の知り合いに名前を覚えてもらいたい。
・韓国人の友達から、国際郵便を送るために、自分の名前と住所のハングル表記を聞かれた。
・韓国に短期滞在することになり、手続のためにハングル表記をしなければいけない。

そこで今回は、日本語の50音はハングルでどのように表記されるのか、読み方から発音の微妙な違いまで、くわしくご紹介します。

この記事の目次
・ハングルの50音は「かな文字・ハングル対照表」で!
・日本語の50音と微妙に違う「音」
・自動的にハングルにしてくれる!
・まとめ

ハングルの50音は「かな文字・ハングル対照表」で!

韓国語テキストには付録として掲載されていることが多い、「かな文字・ハングル対照表」
これは、あ・い・う・え・お……からはじまる、日本語の50音に、ハングルの表記を当てはめた表です。

インターネットでもカラフルで見やすい対照表が掲載されているので、テキストがなければ検索してみるといいかもしれません。

では、実際に日本語の「あ・い・う・え・お」は、ハングルだとどのように表記されるのかみてみましょう。

아 이 우 에 오
あ い う え お
もし、「あい」という名前の女性だったら、아이(アイ)と表記します。
つづいて、マ行のハングル表記もみてみましょう。

마 미 무 메 모
ま み む め も

このように、日本の50音に対応するハングルが存在しています。
韓国在住の日本人は、公的な書類に署名するときも、この50音にもとづいた表記をしてかまいません。

まずは50音表と照らし合わせながら、自分の名前と住んでいる町の名前をハングルで表記してみましょう。

日本語の50音と微妙に違う「音」

ハングルをあてはめた日本語の50音を読み上げてみると、ところどころ「違う……!」ところを発見できます。

例えば、た・ち・つ・て・と……なのに、「タ・ヂ・チュ・デ・ド」という発音になってしまうケースがあります。
まずは、問題のタ行をハングル表記にしてみましょう。

다 지 주 데 도
た・ち・つ・て・と

しかし、韓国語の音声には、日本語のタ行にぴたりと当てはまる音はありませんでした。さらに語中が濁音で発音されるという特徴があります。

そのため、ハングル表記のとおりに発音すると、「タ・ヂ・ヂュ・デ・ド」となるのです。

もし「舘さん」という日本人の名前なら、「タヂさん」という発音となり、日本語の発音とは微妙に異なることになります。
「ひとみさん」という日本人の名前なら、「히토미」というハングル表記になります。
本来ならアクセントもなく平坦に発音する名前ですが、ハングルに置き換えると「토」を強く発音しなければなりません。ハングルの「토」が、そのような発音をするものだからです。

ハングルを50音にあてはめると、類似する音で補おうとしていることと、韓国語が持つ発音の特徴が出てくることがあるので、実際の50音と比べてみるとおもしろい発見があるものです。

自動的にハングルにしてくれる!

ハングルを50音に変換したいときに、インターネットサイトのツールやスマートフォンアプリを活用すると便利です。
検索するとすぐにヒットするので、需要の高さがあることもうかがえます。

サイト設定やアプリによって違いはあるものの、ひらがな・カタカナ・ローマ字で日本人の名前などを入力すると、自動でハングルに変換してくれるものです。

SNSですぐに自己紹介をしたときにも、韓国人の知人から住所を聞かれたときにも役に立ちます。

しかし、日本の地名を変換するときには注意が必要です。
ハングルと50音の対応だけで変換されるシステムのため、各市町村が設定している公的なハングル表記とは異なってしまうことがあるからです。

変換ツールを使用したうえで、各市町村のホームページでチェックしてみるといいかもしれません。

まとめ

ハングルを50音にあてはめることで、日本人の名前や日本の地名をハングルで表記できるのでとても便利です。

自分の名前をハングルで表記することで、SNSなどでも韓国人からのコンタクトが増え、たくさんの知り合いができたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

韓国人の知り合いができたら、ハングルで50音を表記するだけでなく、実際に韓国語を話せるようになりたい、ハングルで文章を書けるようになりたいと思うかもしれません。

韓国語教室Kvillagetokyoなら、ハングルの読み書きを基本から教えてくれますし、簡単な文法から少しずつステップアップしていくので、初心者でも安心です。ネイティブスピーカーの先生なので、韓国語の発音をきちんと覚えることができるのも魅力です。

まずは、韓国語体験レッスンで、ハングルの50音からステップアップしてみませんか?

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語で「よく使う」挨拶とは?はじめよう韓国語!

  2. 韓国語の言葉は北朝鮮にはわからない?朝鮮半島の言語事情を解説…

  3. 【ヌナとは?】韓国男子にヌナって言われたい!韓国語のお姉さん…

  4. 韓国語をたのしく覚える!独学からはじめる韓国語の勉強法をご紹…

  5. 韓国語でおやすみ!チョウン(いい)1日を終える「おやすみ」の…

  6. 韓国語の単語の覚え方!単語帳で語彙力を増やすための3ステップ…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。