韓国・福岡は高速船で3時間!韓国語で福岡?釜山と姉妹都市?その関係とは?

韓国・福岡は高速船で3時間!韓国語で福岡?釜山と姉妹都市?その関係とは?

激しい水しぶきをあげて、対馬海峡を高速船「ビートル」が釜山港へと向かいます。
高速船を利用すると、わずか3時間で福岡港から韓国へ行けるのです。

物理的な距離の近さから、すでに古代から人の往来は盛んだったそう。
ですが、現在では精神的な距離も縮まり、日本人にとっても韓国人にとっても、どこよりも身近な外国になったといえます。

韓国から発信されるSNSや日本人の人気を集める韓国カルチャーが、精神的な距離を近付けるのに大きく貢献しているでしょう。韓国でもSNSなどをきっかけに、日本人とのコミュニティーが広がりつつあります。

そうだ、週末は釜山に「うまか」韓国料理を食べに行こう。
そうだ、週末は福岡に「マシッヌン」もつ鍋を食べに行こう。

まるで、地方に足を延ばして休日をエンジョイするかのように、日本人も韓国人も高速船に乗り込みます。

福岡を経由して、気軽に韓国へ渡航することを考えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、韓国と福岡についてご紹介します。

この記事の目次
・福岡の姉妹都市・釜山はこんな街!
・韓国と福岡の共通点は屋台!
・福岡から来ましたと韓国語で言ってみよう
・まとめ

福岡の姉妹都市・釜山はこんな街!

福岡県と姉妹都市になっている釜山広域市は、韓国第二の都市として発展してきました。
ソウルが首都ですが、朝鮮半島と日本をつなぐ交通の要衝だったのです。当時から、釜山では日本の珍しい物品も多く出回っていたようです。

現在でも、釜山港では大量のコンテナが運び込まれ、そして絶え間なく運び出されていく様子を目の当たりにすることが可能です。

釜山中心部の近代化は目覚ましいものですが、港湾部には複数の市場が賑やかに営まれています。

中心部には有名百貨店や高級ホテル、ショッピングモールなどがあり、ショッピングをするのにも宿泊をするのにも不自由することはありません。

高速船の玄関口である釜山港近辺の市場では、新鮮な魚介類を使用した本場の韓国料理をリーズナブルに堪能できるので、観光客にとても人気があります。

物価もソウルより低いので、釜山ならではの韓国料理を食べ尽くしたら、思いっきりショッピングを楽しんでみるといいでしょう。

韓国と福岡の共通点は屋台!

韓国ドラマではお馴染みになっている韓国の屋台。
夜のとばりがおりる頃、いたるところで屋台の営業が始まります。

福岡でも中洲エリアを中心に、150店舗もの屋台が開かれます。
日本人観光客にも人気がありますが、実際に足を運んでいるとなんとも韓国の屋台を彷彿とさせるものです。

博多名物のとんこつラーメン、味噌ベースのもつ鍋、博多の水炊きをはじめ、焼き鳥、てんぷら、おでんなど、お酒とともに様々なグルメを味わうことができます。

戦後には日本各地にたくさんの屋台があり、仕事を終えたサラリーマンたちで賑わっていました。ですが、衛生法が厳しくなると同時に、姿を消していってしまいました。

韓国ではソウルや釜山をはじめとした、多くの都市で屋台が営まれています。
韓国屋台と福岡屋台を、飲んで食べて比べてみるのも楽しみ方のひとつかもしれません。

福岡から来ましたと韓国語で言ってみよう

釜山の韓国人はとにかくフレンドリーです。
チャガルチ市場でも海雲台ビーチでも釜山タワーでも、とにかく釜山なまりで話しかけてくれるので観光客はうれしくなります。

ダイナミックな身振り・手ぶりで、どこから来たのかはよく聞かれる質問です。
韓国語が話せなくても、「福岡から来ました」だけでも韓国語で言えたら、釜山の人たちもよろこんでくれます。

韓国語で福岡県は、후쿠오카현(フクオカヒョン)といいます。
후쿠오카켄(フクオカケン) でもだいじょうぶです。

후쿠오카에서 왔습니다(フクオカエソ ワッソスムニダ)
日本語にすると「福岡から参りました」と丁寧な言い方になります。

もしも、自分と比べてずっと若い人と話すのなら、후쿠오카에서 왔어요(フクオカエソ ワッソヨ)でもいいでしょう。日本語だと「福岡から来ました」という、カジュアルな敬語にあたります。
ですが、韓国では敬語の使い分けがはっきりしているので注意しなければなりません。

釜山の韓国人と積極的に会話をして、旅先での交流を楽しみましょう。

まとめ

古代では命がけで海峡を渡り、交流を続けてきた日本人と韓国人。
現在では、高速船で気軽に渡航できるようになり、交流も盛んになっています。

すでに、福岡を経由して釜山へ渡航し、韓国旅行を楽しんでいる日本人もたくさんいます。
飛行機を利用するよりも、交通費の負担が少ないことも選ばれる理由かもしれません。

韓国旅行を満喫して福岡港に降り立った方たちは、また今度行ってみたい!とリピートを熱望することも珍しくないとのこと。
もしかしたら、次の旅行では韓国語でコミュニケーションをとりたいと、韓国語を勉強するきっかけになっているかもしれません。

韓国語教室KVillageTokyoは、韓国旅行でも活用できる韓国語の基本をわかりやすく指導してくれます。ハングルの読み書きも覚えるので、次の旅行では街の看板を読むこともできるようになっているはずです。

まずは、体験レッスンで、韓国語に触れてみましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪校
なんば心斎橋校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 【チョア】韓国語のチョアってなに?韓国人との距離が縮まるチョ…

  2. チーズドック?ホットドックなの?アメリカンドックなの?新大久…

  3. 【韓国と品川】朝鮮通信使も滞在した品川はオリンピックで国際化…

  4. 埼玉の大宮ってこんな街!韓国人観光客も増えている?大宮×韓国…

  5. 韓国語「サランヘヨ」で大切なあの人に「愛してる」を伝えたい!…

  6. 朝鮮通信使がユネスコ世界記憶遺産に!韓国との活発な交流が進む…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。