韓国語教室 K Villageのブログ 韓国語コラム

韓国語の講座で最初に勉強することって?韓国語のスタートダッシュを解説

韓国語の講座で最初に勉強することって?韓国語のスタートダッシュを解説

平昌オリンピック・パラリンピックから韓国への興味・関心が高まり、とりあえず韓国ドラマデビューしてみたり、あまり馴染みがなかったローカルな韓国料理に挑戦したり、簡単な韓国語会話を覚えてみたり……それぞれ、平和の祭典をきっかけに、韓国との距離を縮めている頃ではないでしょうか。

特に、新年度で環境も変わり、心機一転、韓国語講座に通ってみようかな?と、前向きに考えている人もたくさんいるはずです。

とはいうものの、初めての韓国語講座にまったく不安がないわけではないでしょう。

韓国語講座では、最初にどんな勉強をするのかな?
まったくの初心者だけど、韓国語講座についていけるかな?
ハングルの読み書きもできないけど、だいじょうぶかな?

韓国語講座が始まる前に、そんな不安は少しでも解消しておきましょう。
そこで今回は、新年度から韓国語講座を始める初心者さんへ、韓国語講座では最初にどんな勉強をするのかご紹介していきます。

この記事の目次
・韓国語講座。ハングルの読み書きからスタート
・韓国語講座。講座で先生がよく使う韓国語
・韓国語講座。韓国語で自己紹介をしよう
・韓国語講座。まとめ

韓国語講座。ハングルの読み書きからスタート

韓国語講座では、簡単な韓国語のあいさつや会話を挟みながら、まずはハングルの読み書きを覚えることからスタートします。

韓国語の初級テキストを進めていくためにも、ハングルの読み書きができないといけません。

韓国料理店のメニュー表や輸入インスタントラーメンのハングル表記を見ていると、覚えられるのかな?と不安にも思うかもしれませんが、ハングルの読み書きをマスターすることは想像しているより難しくありません。

ハングルは24種類あります。子音字、母音字、パッチムを組み合わせることで、韓国語を書き表すことができるのです。ひらがなは46文字、アルファベットは26文字です。

義務教育期間にひらがなもアルファベットも覚えたのだから、ハングルの24種類もそれほど覚えるのが大変なものではないでしょう。

朝鮮語の発話にもとづいた表音文字なので、ハングルの読み書きができれば、知らない単語であっても、ある程度正確に発音することもできるはずです。

韓国語講座。講座で先生がよく使う韓国語

韓国語の初級講座は基本的には日本語で授業が進められます。
それでも、ちょっとでも韓国語に馴染んでもらうために、講座では先生も様々な韓国語を使っているのです。

ここでは、さりげなく先生が取り入れている、講座でよく使う韓国語をみていきます。

■여러분 안녕하세요(ヨロブン アンニョンハセヨ)

韓国語の勉強はあいさつからはじまります。여러분(ヨロブン)はみなさん、안녕하세요(アンニョンハセヨ)はこんにちは、「みなさんこんにちは」からスタートします。

■질문이 있습니까(チルムニ イッスムニッカ) ?

질문(チルムン)は質問、있습니까(イッスムニッカ)?はありますか?という疑問詞です。また「이(イ)」はいわゆる「てにをは」にあたります。「質問はありますか?」という韓国語です。

■수고하셨습니다(スゴハショッスムニダ)

韓国語の講座が終わったら、「おつかれさまでした」とあいさつをしましょう。「안녕히 가세요(アニョンヒカセヨ)」と先生がいったら、「안녕히 계세요(アニョンヒケセヨ)」と返してください。どちらも「さよなら」という意味ですが、「안녕히 가세요(アニョンヒカセヨ)」は去る人、「안녕히 계세요(アニョンヒケセヨ)」は残る人が使います。

韓国語講座。韓国語で自己紹介をしよう

韓国語の講座では、ハングルの読み書きを覚えたら、韓国語での自己紹介から「〇〇は△△ともうします」という、基本的な文法を身に付けていきます。

ここで、ちょっと講座を先取りしてみましょう。

■私は大久保花子です

저는 오오쿠보하나코 입니다(チョヌン オオクボハナコ イムニダ)

韓国の人に自己紹介をするとき、オールマイティーに使うことができる失礼のないあいさつのしかたです。저(チョ)はわたくし(わたし)、~는(ヌン)はてにをはの~は、입니다は~ますという韓国語になります。

かしこまった自己紹介にはなりますが、どのようなシーンでも使うことができるので、韓国の人との出会いでは積極的にあいさつをしてみてはいかがでしょうか。

韓国語講座。まとめ

韓国語の講座では、最初にハングルの読み書きを覚えることからスタートし、自己紹介から少しずつ基本的な文法を身に付けていきます。

韓国語の先生は日本語で説明をしますが、それでも講座内で韓国語を使って、生徒たちが韓国語に馴染めるよう工夫しているようです。

新年度に合わせて韓国語講座に通うことにしたとき、始まるまでは何かと不安がつきまとうものですが、韓国語教室 K Village Tokyoなら、ネイティブスピーカーの先生がハングルの読み書きから韓国語の基本的な文法まで、初心者にもわかりやすく教えてくれるので、安心して勉強することができます。

まずは体験レッスンで、新年度から心機一転、韓国語講座への第一歩を踏み出しましょう。


【PR】K Village TokyoK Village Tokyoは日本最大級の韓国語教室。まずは無料体験レッスンでおまちしております!

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校

まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪校 なんば校
福岡校

無料体験申し込み 申込アイコン

韓国語学校 K Village ブログ関連記事

  1. 韓国語の参考書はどれがおすすめ? 韓国語上級者が厳選して韓国…

  2. 韓国語で自分の名前や日本の地名を書く!ハングル文字の日本語の…

  3. 【令和】韓国語で令和(れいわ)ってどう書くの?昭和、平成など…

  4. 韓国語で名前を呼んでみよう!韓国人と仲良くなれる名前の呼び方…

  5. 韓国語で「結婚してください」!素敵な韓国語でのプロポーズのフ…

  6. 韓国・福岡は高速船で3時間!韓国語で福岡?釜山と姉妹都市?そ…

1レッスン500円からの韓国語教室
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。