韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう!

韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう!

韓国のアイドルたちがリアルタイムでファンたちと交流することも、オルチャンたちがネットで動画を配信することも珍しくなくなりました。

韓国専門チャンネルでも、アイドルが総出演しているバラエティー、次世代のアイドルを発掘するオーディション番組などが配信されています。

アイドルグループのメンバーが韓国語トークで盛り上がっていたり、オルチャンが韓国語でファッションやメイクを紹介していたりするだけで、韓国語の内容がわからなくても楽しめてしまいます。ですが、ちょっとでも内容を理解することができたら、2倍も3倍も楽しめるはずです。

韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう!

日本語字幕がなくても、韓国語の基本をおさえるだけで理解することができる内容もたくさんあります。

そこで今回は、「語彙」「文法」「フレーズ」から韓国語の基本をご紹介します。

この記事の目次
・韓国語の基本語彙
・韓国語の基本文法
・韓国語の基本フレーズ
・まとめ

韓国語の基本語彙

外国人日本語学習者が、ある程度ペラペラに日本語が話せるようになるためには、およそ10000語彙を覚えなければならないといわれています。

日本人英語学習者が難なく英語でコミュニケーションをとれるようになるには、3000語彙が必要といわれています。日本人韓国語学習者が、ネイティブスピーカーの韓国語を理解して、流暢な韓国語で会話ができるようになるためには、5000語彙が必要とされているのです。

英語よりも2000語彙も多いと思うかもしれませんが、日本語は10000語彙も必要だといわれていますし、韓国語の語彙のうち日本と共通する中国語からの借用語もたくさんあるため、日本人にとって韓国語5000語彙は、それほど難しいものでもないと考えられます。

韓国語の基本語彙、つまり韓国語で使用頻度が高いとされる語彙をみていきましょう。すでに聞き覚えがある語彙もあるはずです。

韓国語会話の語彙で基本となる代名詞を覚えておくと、会話の内容を理解しやすくなります。韓国語の「나(ナ)/わたし」は一人称です。敬語だと「저(チョ)/わたくし」になります。「우리(ウリ)/わたしたち」もたくさん使われますが、これは「우리나라(ウリナラ)/我々の国」のように、さまざまな使用パターンがみられるものです。

また、いわゆる「こそあど」も知っていると便利でしょう。「이것(イゴ)/これ」(이(イ)/この)「그것(クゴ)/それ」(그(ク)/その)「저것(チョゴ)/あれ」(저(チョ)/あの)はよく使うものです。

韓国語の基本語彙から、基本的な名詞もピックアップすることはできますが、どのようなシーンで韓国語を使用するかによって、実際のところは必要な知識が違ってきます。

韓国語旅行で韓国語を使用するのか、韓国語に留学して使用するのか、現地で生活をするために使用をするのか、日本国内で韓国のドラマやバラエティーを楽しみたいのか、自分にとって必要な単語を覚えていくことが、基本的な韓国語の語彙力を増やしていくコツともいえるでしょう。

韓国語の基本文法

韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズを覚えよう!

韓国語の基本的な文法は、「主語(S)-目的語(O)-述語(V)」の語順となっている『SOV型』でほぼ日本語と同じ語順です。

複数の語彙を2パターンの基本文法にあてはめるだけで、韓国語の表現を広げることができるでしょう。

■~は~です(~는~입니다/ヌン~ハムニダ)

나는일본인입니다(ナヌン イルポニムニダ)
私は 日本人です。

韓国語のテキストなどでも、初級では最初の文法として紹介されている基本的な文法です。自己紹介のシーンでも使うことができるので、韓国人と出会った時には積極的に使いたいものです。

■~は~します(~는~합니다/~ヌン~ハムニダ)

나는한국어를공부합니다(ナヌン ハングクゴルルコンブハムニダ)
私は 韓国語を 勉強します

韓国語では「ハムニダ体」ともよばれるもので、~しますという基本的な文法です。サランヘヨ(사랑해요)というフレーズにするとわかりやすいかもしれませんが、この해요(ヘヨ)は합니다(ハムニダ)よりもカジュアルな敬語になります。

韓国語の基本フレーズ

韓国語の基本フレーズが応用できれば、ちょっとしたコミュニケーションにとても役立ちます。
韓国旅行でも韓国留学でも、現地で使える基本フレーズをご紹介します。

■おはようございます/こんにちは/こんばんは

안녕하세요(アンニョンハセヨ)
韓国語のあいさつ「안녕하세요」は、時間帯に関係なく使うことができます。

■ありがとうございます

감사합니다(カムサハムニダ)

韓国人に親切にしてもらったら、「감사합니다」とお礼をいいましょう。「감사(カムサ)」は「感謝」の意味です。

■はい/いいえ

네(ネ/はい)/ 아니요(アニヨ/いいえ)

韓国語でコミュニケーションをとることが難しくても、意思表示をすることは大切です。YESとNOはきちんと主張できるようにしておきましょう。

まとめ

韓国語の基本語彙を基本文法にあてはめれば、ある程度会話の幅も広がりますし、基本的なフレーズをおさえておけば韓国人とのコミュニケーションに役立つはずです。

韓国人との距離が近づいたら、もっと相手のことを知りたいと思うのは当然です。
基本からステップアップして、韓国語の勉強をスタートするタイミングかもしれません。

韓国語教室 K Village Tokyoは、韓国語の基本から一歩踏み込んだ内容まで、韓国人の先生がわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の基本からさらに一歩を踏み出しましょう。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語とは?日本人学習者が知らない韓国語の根本をわかりやすく…

  2. ハングル入り好きなK-popスターの応援ボードの作り方!注意…

  3. ハングルで口ケンカをすることになったら…。ハング…

  4. これであなたも韓国語マスター♪ 難しく”させない…

  5. 韓国語で私って?気になる韓国人の一人称について徹底解説!

  6. 韓国語でどうしよう…どうしたの?で人助けをするためのフレーズ…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。