韓国のスーパーマーケットは楽しい!食料品売り場を覗いてみよう

韓国のスーパーマーケットは楽しい!食料品売り場を覗いてみよう

韓国に行くと決めたら、まずはいろいろと情報を集めると思います。
ですがその中に、韓国人が日常的に利用しているスーパーマーケットやショッピングセンターの情報はそれほど載っていないというのも事実です。

今回は、韓国での生活に欠かせないマートをご紹介します。

この記事の目次
・マート(韓国のスーパーマーケット)とは
・韓国スーパーマーケット(マート)で売っているもの
・マート(韓国のスーパーマーケット)でお買い物
・まとめ

マート(韓国のスーパーマーケット)とは

韓国では、大型の総合型小売店を마트(マート)と呼びます。
コンビニほどの大きさで食料品が売っている店舗もありますが、基本的には韓国でマートというと、日本ではビルまるごと1つの店舗になっている大型スーパーマーケットほどの規模のお店を指します。
店舗数はそれほど多くなく、売っている商品も大きくパック詰めされたものばかりなので、1度の買い物でまとめ買いするためのお店なのだろうという印象です。

マートでは、食料品をはじめ、衣料品や電化製品、おもちゃまで売っているのが常で、マートの中にユニクロなどの店舗が入っていることもあります。
さらに、イートインスペースや映画館があることがあるので、ショッピングモールとスーパーマーケットの中間のようにも思えます。
また、マートは駅に直結していることも多く、毎日、多くの韓国人で賑わっています。
一方、外国人はそれほど見たことがありませんし、免税の案内もありません。
化粧品類など、他店舗で免税サービスが受けられるような商品は、マートでは買わない方がお得に買えます。

ソウル駅から徒歩1分の場所にあるロッテマートや、コンビニチェーンも経営しているemartなどが有名です。

韓国スーパーマーケット(マート)で売っているもの

基本的に、生活に必要なものはなんでも手に入ります。
1階フロアは、食品が所狭しと並んでいます。

소고기(ソコギ・牛肉) 돼지고기(デジコギ・豚肉) 닭고기(タッコギ・鶏肉)といった代表的な肉は、通常サイズのパックもありますが、1kg単位の大型パックの方が数多く並んでいます。

물고개(ムルコギ・魚肉)や貝なども生鮮コーナーに売っていて、やはり大型パックが主流です。
刺身もありましたが、日本よりも割高な印象を受けました。
야채(野菜・ヤチェ)類ももちろん売られていますが、日本国内に持ち込むときは検疫が必要なので、気をつけましょう。
また、음료수(ウムリョス・飲用水)コーナーは水だけでなくボトル入りのジュースやお茶類がずらりと並んでいます。
韓国では、水道水を飲んではいけないので、各々好きな飲み物を買えるようになっています。
近年はウォーターサーバーを設置するほうが主流だからか、ただの水よりも味のついたジュースやお茶類の方が多く売られているのかもしれません。

そして韓国と言えば라면(ラミョン・ラーメン)!
長さ5mほどの棚2つ分を、インスタントラーメンが占めています。
やはり辛いラーメンが人気なようで、辛くないラーメンを探す方が難しいくらいでした。

さらに、作り立ておかずの実演販売も行われています。
イートインコーナーではトッポギやスンデなどの韓国料理が食べられるようでした。

いたるところに試食コーナーがありましたが、昼過ぎに訪れたというのもあってか、食べている人は見かけませんでした。

さらに、有名な韓国コスメが勢ぞろいしています。
これほどまで豊富なブランドのテスターを気軽に試せるのは、マートならではではないでしょうか。
ブランドショップのセールストークが苦手な方は、マートで試してみるのも良いかもしれません。

2階のペットコーナーでは、日本でもおなじみのペットフードが売られていました。
このように、日本や他の国々からの輸入品も買えるのが、マートの魅力でもあります。

マート(韓国のスーパーマーケット)でお買い物

だいたいのマートが2階~3階建てで、1つの大型カートで移動できるよう、スロープ型のエスカレーターが用意されています。
なおテレビ番組などで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、このカートに入って遊ぶ人が実際にいたので(見たのは外国人と思われる家族の子供1人だけですが)、汚れやすい衣類などのものや、衛生面を気にする野菜・果物などの食品類といったものを入れるときは気を付けてください。

レジは日本のスーパーと同じシステムで、スタッフさんが全部機械に読み取らせます。
表示された金額を支払えば、お買い物完了です。
現金と、クレジットカードが使えるお店がほとんどです。
気を付ければならないのは、マートのみならず、コンビニなど、韓国のお店ではビニール袋が有料であることがほとんどで、エコバッグを持っていかなければならないことです。
日本のスーパー同様、商品入荷時に発生した段ボール資源とガムテープが用意されており、無料でもらえるので、それに入れても良いでしょう。

まとめ

韓国のマートについて、ご紹介しました。
お土産になりそうなものもたくさん売っているので、きっと楽しめると思います。
マートで手に入らないものはないと言えるほど充実しています。
一度行けば、より韓国の生活を味わることができるでしょう。

体験レッスン申し込み

1レッスン500円からの韓国語講座
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン受付中!
新大久保本校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪本校
なんば校
福岡校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 日本に続け!韓国は只今、食パンブームの真っ最中!

  2. これがまさに真理の餅だ!SNSで話題になっている韓国の餅を集…

  3. スターフィールドやGO TO MALL、現代百貨店・D-CU…

  4. 日本初上陸!海外から上陸した人気店紹介(^^)/

    日本初上陸!海外から上陸した人気店紹介(^^)/

  5. 女子ウケ間違いナシ!の可愛い食堂♡ソウル・弘大にある「トシラ…

  6. ひとり食事にぴったり♡立派な単品メニューを誇る韓国の家庭食グ…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。