【KVillage新大久保本校】韓国風味噌汁(デンジャンチゲ)の秘伝のレシピ

안녕하세요! 新大久保本校です!

11月も後半になりだんだんと寒くなって来て、もうお鍋が恋しくなる季節になりましたね!今回私が紹介したいのは簡単韓国風味噌汁(デンジャンチゲ)です!

簡単な材料とお手入れで韓国のお店で食べられる味を再現できますよ!韓国風味噌汁(デンジャンチゲ)が好きな方や食べてみたい方は是非作ってみてください!それでは始まります‼️

 

材料:韓国味噌、昆布、ニンニクおろし、牛肉出しの素(ダシダ)、唐辛子粉、キムチ、味の素、ほんだし、こしょう、豆腐、ネギ、ズッキーニ、玉ねぎ、キノコ

 

①だし汁の作り方!

水を1200ml用意します。そこに味噌大さじ3、牛肉出しの素(ダシダ)15g、ほんだし(かつお節)15g、昆布10g、ニンニクおろし大さじ1、味の素小さじ1、こしょう小さじ1を入れてください。
※こちらは5~6人前の分量です。2~3人前を作る時は分量を半分にしてください!

※牛肉出しの素、ほんだしなどをあまり使わない方は量を減らしても大丈夫です!

韓国風のいりこ出しパックがあるともっと韓国風になりますが、無ければ昆布でも大丈夫です!

以上の材料を水に入れて中火で味噌を溶かしながら混ぜてください。水が沸騰したら、火を消して昆布を出してください。

これで基本の出汁の完成です!味見して塩辛いと感じた場合は水を追加してください!

 

②具材の準備!

ここからは豆腐50g、ネギ40g、玉ねぎ50g、キノコ50g、ズッキーニ100gを切ってください!量はお好みで大丈夫です‼️出汁の量と合わせて準備してください!

※韓国ではズッキーニではなく韓国かぼちゃの一種のエホバク(애호박)を使います。エホバクがあったらもっと韓国風で美味しくできますが、日本では手に入れることが難しく、高いので代用としてズッキーニを使っても問題ありません!

 

③デンジャンチゲの作り方!

・具材の準備が終わりましたら唐辛子粉とキムチを準備します!準備した野菜を全て鍋に入れ、

唐辛子粉大さじ1とキムチはお好みの量(大さじ1~)を入れてください。そのまま中火で10〜15分すれば出来あがりです!!

★豚肉肩ロースを200gを一口サイズに切って入れると、もっと美味しくなります!しかし好みで入れなくても大丈夫です!(私は入れない方が好きです!)

 

☝️豆知識☝️ーーーーーーーーーーーーーーーー

キムチは酸っぱいキムチがオススメです!

キムチを一日常温に出して置くか賞味期間が近いものを使用するのがベスト!!

準備が難しい場合は普通のキムチでも良いですが、甘いものより酸っぱいキムチを使用した方がより韓国の味を引き出せますよ🤫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

韓国風味噌汁(デンジャンチゲ)のポイントは酸っぱいキムチとダシダ(牛肉味の素)、豚肉肩ロースを使用することです!ですが、好みですので豚肉やキムチなしでも美味しく作れますよ!

 

皆さんもこの寒い冬に一度テンジャンチゲを

作ってみてはいかがでしょうか?

 

一緒に温かいテンジャンチゲを食べて冬を乗り越えましょう^^

 

無料体験レッスン申込み

新大久保の韓国語教室なら K Village 韓国語 新大久保本校

東証プライム上場グループ」が運営する安心の韓国語教室
生徒数9,000名突破!日本最大級の韓国語スクール

新大久保エリアNo1の韓国語教室
韓国語教室Kvillage新大久保本校は新大久保から徒歩6分!

■新大久保校のブログ
韓国語教室 Kviialge 新大久保本校ブログぜひご覧ください!

まずはお試しレッスン!無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP