早朝出発でも大丈夫!ソウルの玄関口・仁川空港周辺にあるキレイでコスパの良いホテルをご紹介!

早朝出発でも大丈夫!ソウルの玄関口・仁川空港周辺にあるキレイでコスパの良いホテルをご紹介!

韓国を訪れる人のほとんどが利用する仁川空港は、サービス評価世界一にも輝き、アジアを代表するハブ空港として知られています。

そのせいか、仁川空港はいつ行ってもものすごい人!
2018年1月に第2ターミナルがオープンして少しは混雑が解消されたものの、それでもまだ第1ターミナルの搭乗手続きと出国手続きには長い行列ができています。

そんな混雑を見越して、大体の人は2時間くらい前には空港に到着するようにホテルを出発しているのではないでしょうか?
でも朝早く出発する便の場合、それってすごくツラくないですか?

そこでご紹介したいのが、仁川空港周辺のホテル!
空港が近いから、早朝便や夜遅く到着する便を利用するのにとても便利なんです!

この記事の目次
・雲西駅周辺のキレイなホテル
・雲西駅周辺のおすすめポイント!
・クウッペット周辺のキレイなホテル
・クウッペット周辺のおすすめポイント!
・まとめ

雲西駅周辺のキレイなホテル

みなさん、実は仁川空港って永宗島という島にあること知っていましたか?
橋でつながっているので、そんな感覚は全然なかったですよね?

ソウルと仁川空港を結ぶ空港鉄道(A’REX)の雲西(ウンソ)駅は、その永宗島内に位置していて、空港までたったの8分(第2ターミナルは15分)で行くことができる、とっても便利な駅なんです。

最近、ホテル建設ラッシュの永宗島ですが、雲西駅の目の前にもどどーんと新しいホテルがオープン!さっそくご紹介しちゃいますね!

【ゴールデンチューリップ仁川ホテル&スイーツ/Golden Tulip Incheon Airport Hotel&Suites】

雲西駅の1番出口を出て、すぐ左手にある「ゴールデンチューリップ仁川ホテル&スイーツ」は、2017年にオープンした4つ星ホテルです。

施設が新しいことは言うまでもありませんが、何といっても便利なのが空港へのシャトルバスがあること!
ただし事前予約が必要だとのことなので、ホテル予約時に電話確認するか、予約サイトによっては宿泊と一緒にシャトルバスの予約もできるところがあるので、そちらを利用すると良いですよ!

シャトルバスの運転手さんに直接確認したところ、第2ターミナルへの送迎もOKだそうです。

駅チカ、キレイ、シャトルバス・・・とこれだけの条件がそろっているのに、宿泊料金は2名で9万ウォン代(2018年10月現在)とソウルに比べてかなりお得!

ホテルの入り口が少しわかりずらいかも知れません。
この建物の真ん中の空間に入って行くと、ホテルの入り口があります。

入口はかなり地味です・・・

【ハワードジョンソン仁川エアポート/Howard Johnson Incheon Airport】

世界的ホテルチェーンのハワードジョンソンホテルも2018年、雲西駅前に登場!
こちらも2名で9万ウォン代、空港シャトルバス有りのコスパが良いホテルです。(注・シャトルバスは第1ターミナルのみ)

実はこのホテル、「デイズ ホテル&スイーツ仁川 エアポート」というホテルと建物が一緒という面白い造り。室内プールがあるデイズホテルも、もちろんオススメの1つですヨ!


ダブルルーム

雲西駅周辺のおすすめポイント!

空港から近くて、キレイでコスパも良いけど、それだけじゃまだちょっと押しが足りないかな?と感じる方も多いはず。確かに、貴重な韓国旅行の滞在時間を1分でも無駄にしないためには、ホテルの周りでも有意義に過ごしたいものです。

雲西駅に宿泊する1番のおすすめポイントは、ホテルから徒歩1分で「ロッテマート」があること!
これってかなり点数が高いのでは?

旅の最終日に大型マートでお買い物♪というパターンの方、けっこういらっしゃると思います。
でもソウルにある大型マートはホテルから徒歩で行くことが難しく、大量に買ってしまうとタクシーで移動するしかありません。

写真左がゴールデンチューリップ、右がハワードジョンソン、そして中央がロッテマートです。

ところが雲西駅のロッテマートは、マートの向かいがゴールデンチューリップ、隣がハワードジョンソンという絶好のロケーション!
なので買い物の荷物が重い場合でも、マートとホテルを何回か往復するだけでOKなんです!

ただし、ソウルの大型マートとは違い、営業時間が22:30までと少し早く終了してしまうので注意して下さいネ。

雲西駅の前には「空港新都市」と呼ばれる繁華街も広がっているので、食事にも困りません。
徒歩圏内には大型のサウナもあります。

駅前のスタバでは、仁川限定のマグカップが!

クウッペット周辺のキレイなホテル

続いて紹介したいのが、永宗島内のクウッペットというエリアのホテルです。

クウッペット(구읍뱃터)とは“昔の船着場”という意味で、その名の通り、ここでは西海の美しい景色や新鮮な海産物を楽しむことができます。

【ウエスタングレースホテル/Western Grace Hotel】

全ての客室がバルコニー付きのオーシャンビュー。海の目の前に立っているので、部屋からは仁川大橋と広々とした西海を見ることができます。

また1階にはコンビニとカフェが併設されているのでとても便利!


1階ロビー


ダブルルーム


バスルーム


1階からの眺望。仁川大橋が見えます。

シャトルバスはありませんが、仁川空港まではタクシーで20分ほどで、料金も15,000ウォン程度です。ちなみに永宗島は渋滞の心配がありません。

宿泊料金は雲西駅周辺のホテルより、さらにお得な2名7万ウォン代から(2018年10月現在)となっているので、韓国旅行に景色やバカンス要素を取り入れたいという方には超オススメのホテルです!

【ホテルアベスト・プレミアム仁川エアポート/Hotel Abest Premium Incheon airport】

こちらもクウッペットエリアのホテル。眺望はウエスタングレースほどではありませんが、窓から海や公園の景色を楽しむことができます。

料金はさらにお手頃価格で、2名で6万ウォン代。季節によっては5万ウォン代で宿泊できることもあるので要チェックです!

1階ロビー。日本語を話せるスタッフさんもいらっしゃるとのことです。

クウッペット周辺のおすすめポイント!

永宗島の最東端に位置するクウッペットは、雲西駅のように大型マートがあるわけでもなく、交通手段もタクシーになってしまうのですが、それでもオススメする理由はやはり“海辺”だということ!

ホテルから徒歩圏内にはシーサイドパークという公園があり、海を眺めながらのレールバイクを楽しめるほか、永宗歴史館などを見学することができます。


レールバイクのコース。


できれば1日ゆっくり楽しみたいクウッペットエリア。

ほかにもホテルのすぐ近くにはフェリー乗り場があり、20分ほどで対岸の月尾島へ行くことができるので、チャイナタウン方面への観光にも便利です。

食事も、ソウルではなかなかお目にかかれないグルメを味わうことができるんです!
海辺ということもあって、新鮮な魚介類が食べれる水産食堂もありますが、1番のおすすめはクウッペット名物、韓国風大エビの天ぷら「ワンセウティギム」!

ホテル周辺には、この大エビの天ぷらを提供するお店が何件かあり、連日たくさんの人がわざわざ島外から訪れるほど。トッポッキを一緒に注文して、タレに付けて食べると美味しいですよ♪

まとめ

以前から永宗島にホテルはあったものの、ほとんどが気軽には泊まれないゴージャスなホテルでした。しかしここ数年でキレイでお手頃価格のホテルが誕生し、徐々に観光客にも注目され始めています。

知ってみると、早朝や夜遅い便で利用するのだけではちょっともったいない仁川空港周辺のホテル。少し視点を変えて永宗島のホテルを利用してみると、その便利さにハマってしまうかも知れませんね!

関連記事

  1. アナタのまだ知らない韓国をご紹介!地方旅行記【蔚山~外島編】…

  2. アナタのまだ知らない韓国をご紹介!地方旅行記【順天~麗水編】…

  3. ソウル・望遠洞で市場のハシゴをしちゃおう!望遠市場×望遠洞ワ…

  4. 【ソウルの秋】ソウルで秋の深まりを感じながら昌徳宮周辺を散策…

  5. アナタのまだ知らない韓国をご紹介!地方旅行記【秋の大阜島編】…

  6. ソウルから電車で1時間!「雪の華マウル」で再ブレイク中の仁川…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。