韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

韓国語能力試験で韓国語の実力を証明して韓国企業へ就職したい、韓国の大学に留学したい、韓国に関係する仕事に就きたいと、受験を視野に入れている日本人学習者はたくさんいます。ですが、どうやって試験勉強をしたらいいのわからない……という悩みも少なくありません。

韓国国内でも重要視されているのが韓国能力検定試験です。ハングル検定は日本国内だと就職・進学には有利になるかもしれません。韓国能力検定試験にシフトしながら、スケジュールに応じてハングル検定も受験することもできます。資格として所持しておいて損はありません。試験会場の雰囲気に慣れるのにもいいでしょう。

韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

そこで今回は、日本人韓国語学習者の韓国語能力検定試験を応援するべく、合格できる勉強方法をご紹介していきます。

この記事の目次
・韓国語試験勉強ステップ1 自分だけの単語帳
・韓国語試験勉強ステップ2 過去問題に挑戦する
・韓国語試験勉強ステップ3 ニュースをチェック
・まとめ

韓国語試験勉強ステップ1 自分だけの単語帳

韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

韓国語能力検定試験受験者のために、各出版社から単語に特化したテキストが出版されています。まずは、大型書店で内容をチェックして、これがわかりやすいというものを購入します。シンプルなビジュアルのほうがいいかもしれません。

参考書に収録されている単語がインプットできているか、それともインプットできていないか、ひとつずつ確認していきましょう。このとき、インプットできていなかった単語をエクセルに入力します。A列に韓国語、B列に日本語というようにしましょう。これだけでも時間がかかるかもしれませんが、根気強く取り組んでみてください。

エクセルには自分が知らない韓国語、あるいは自分が覚えられなかった韓国語が並んでいることになります。まずはB列の日本語の文字色を「白」に設定しましょう。

エクセルでハングルから日本語にしたとき自分が意味をわかっているかどうか確認していきます。セルごとに文字色を「黒」にすれば、単語帳として機能します。単語帳を作成するよりも短時間ですみますし、カスタマイズも簡単です。A列の文字色を「白」に設定にして日本語からハングルにするトレーニングもできます。また、この方法で単語だけではなく文法をインプットすることもできます。語彙・文法ごとにシートでまとめるのもおすすめです。

韓国語試験勉強ステップ2 過去問題に挑戦する

韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

韓国語能力試験の語彙・文法を網羅したら、過去問題で本格的に試験対策をしていきます。韓国語能力試験は韓国語の勉強をするだけでは突破できません。日本語で出題されるハングル検定とは違い、出題文がすべて韓国語になっているからです。そのため、韓国人にとっては義務教育での国語のテストのようだと感じるようです。

韓国語出題による問題形式は理解するのに時間がかかります。試験本番では過去問題に取り組んでいないと、実力はあるはずなのに時間ばかりがかかって結果を残すことができなくなってしまうのです。

韓国語能力検定試験の過去問題をダウンロードします。TOPIKの公式サイトからダウンロードできるので、まずはこれから取り組みましょう。繰り返し繰り返し問題に挑戦することで馴れていきます。試験までスケジュールに余裕があるのなら、過去問題集を購入するのもいいでしょう。どれだけ過去問題をこなしたかは、韓国語能力試験の結果に影響します。

韓国語試験勉強ステップ3 ニュースをチェック

韓国語の試験を突破したい!合格できる勉強方法をご紹介!

韓国語能力試験には作文問題があります。TOPIKⅡになると書き取り問題も高度なものになります。さらに、韓国における時事問題であることがほとんどです。そのため、普段から韓国のニュースサイトをチェックしておくのがおすすめです。

韓国ではどのようなことがメディアでクローズアップされているのかを知るばかりでなく、ニュースサイトを読むことによって韓国語の文章力をアップすることにもつながります。東亜日報(동아일보/トンアイルポ)のウェブサイトは全文を韓国語で閲覧することができます。スピーカーのマークをクリックすると韓国語の音声が流れるので、リスニングトレーニングにも最適です。

KBSニュース(KBS뉴스/KBSニュス)もおすすめです。リアルタイムのニュースを視聴することもできます。このKBSニュースはアプリをダウンロードできるので、隙間時間の有効活用にもつながるでしょう。

まとめ

韓国語能力試験を受験することはハングル検定よりも難しいかもしれません。だからこそ、試験勉強をすることによって、韓国語スキルが飛躍的にアップするともいえます。結果によって韓国の大学・大学院へ進学することができたり、韓国企業に就職したりすることができるので、韓国語能力試験の試験勉強が無駄になることはありません。

韓国語能力試験のためには、初級段階からしっかりと韓国語を身に付けていかなくてはなりません。独学だと間違った知識をそのまま試験に持ち込んでしまう可能性もあります。

韓国語教室KVillageTokyoでは、韓国ネイティブスピーカーの先生が韓国語初心者にも基礎から徹底的に指導してくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語能力試験合格、そして目標を実現するための一歩を踏み出しましょう。

体験レッスン申し込み

60分500円のワンコイン韓国語教室
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保本校
上野校
横浜校
名古屋校
大阪本校
なんば校
西梅田
福岡校

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. ハングル入り好きなK-popスターの応援ボードの作り方!注意…

  2. 韓国語文字の読み方って?ハングルひとつひとつの名前をご紹介!…

  3. 韓国語の基本をまるかじり!韓国語の基本、語彙・文法・フレーズ…

  4. 韓国語の名言でポジティブに生きる!韓国語のことわざ・世界の名…

  5. ハングルの読み取り翻訳アプリ徹底解剖!シチュエーション別ハン…

  6. 韓国語を使ってバイトをしてみる?韓国語の接客用語・フレーズで…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。