韓国語の勉強でおすすめの勉強法は?日本国内でおすすめの韓国語勉強方法をご紹介!

韓国語の勉強でおすすめの勉強法は?日本国内でおすすめの韓国語勉強方法をご紹介!

韓国語会話ができるようになるためには、韓国語母語話者と会話をすることが効果的です。韓国人と韓国語で会話をすることしかできない生活で、韓国語スキルをアップさせるために留学する人も少なくありません。韓国国内の語学学校へ短期留学したり、大学付属の語学堂に長期間在籍したり、社会人でも留学することができます。

韓国留学をするのもひとつの勉強方法だといえるでしょう。ですが、留学したくても留学できないのが社会人です。経済的に余裕がない場合もあります。経済的には留学できても、仕事のスケジュールで実現できないこともあるでしょう。韓国旅行にもなかなか行くことができない。韓国旅行どころか、新大久保にさえ行くことができない。なかなか、韓国語で会話をする機会がありません。

韓国人の知り合いがいれば、日本国内でも韓国語で会話ができるでしょう。ですが、韓国人の知り合いがいないことがほとんどではないでしょうか?知り合いがいても、韓国にいてなかなか会話ができないなんてことも。どうすれば、日本国内でも効率よく韓国語の勉強ができるのでしょうか。社会人にとっても負担にならない勉強方法が知りたいはずです。

そこで今回は、日本国内限定、おすすめの韓国語勉強方法をご紹介します。

この記事の目次
・韓国語のおすすめ勉強法1.おすすめはハングルドリル
・韓国語のおすすめ勉強法2.韓ドラより韓国バラエティー
・韓国語のおすすめ勉強法3.韓国語教室でレッスン
・まとめ

韓国語のおすすめ勉強法1.おすすめはハングルドリル

韓国語初心者は、どこから勉強をはじめたらいいのかわからないかもしれません。韓国語のあいさつができるようになるべきか。ちょっとした自己紹介ができるような初級文法を理解するべきか。日本人にとって難しいといわれている数字の数え方を覚えるべきか。韓国語で覚えなければならない項目はたくさんありますが、最初はハングルの読み書きからはじめましょう。

初心者向けのテキストにはカタカナでルビがふられています。ハングルの知識があやふやでも、ルビを頼りにすればそのうち覚えることができそうです。だからこそ、ハングルの読み書きは急がなくてもいいと思うかもしれません。ですが、ルビは補助的なものであって、テキストはハングルがわかっていること前提で作成されています。ルビがないテキストもたくさんあります。ルビに頼りすぎると、韓国語の発音ではなく日本語の発音が身に付いてしまいかねません。

韓国語の初級レベルの参考書でもすぐにハングルの読み書きが説明されます。ですが、必要最小限の説明だけということもあります。初心者がきちんとハングルの読み書きができるようになるためには、初心者向けハングル教材を購入するべきです。たくさんの教科書がありますが、おすすめはドリルタイプです。

ハングルは読めるだけではいけません。ハングルの読み書きができている学習者たちは、それだけハングルを読んで書いてきています。ドリルに書き込んでハングルをインプットすることができます。

韓国語のおすすめ勉強法2.韓ドラより韓国バラエティー

韓国ドラマに飛び交う韓国語は、比較的リアルな韓国語だといえます。台本があるとはいえ、日常的な会話に触れることができます。韓国ドラマを視聴することが、韓国語の勉強になる、一石二鳥だというのも事実です。ですが、日本人にとってもっと勉強になるのは、韓国ドラマや韓国映画より、韓国のバラエティー番組です。

会話は生きているものです。ドラマのように台本はありません。会話にはフィラーもあります。日本語でいう「えーと」「あのー」というような言い方です。発話特有の倒置表現も存在しています。ドラマの台本は日常会話のやりとりを、わかりやすい韓国語にしているものです。テンポのいい掛け合いで、「えっと」「うーんと」とフィラーをはさむことはありません。

韓国語会話にリアリティーを追求するなら、韓国のバラエティー番組を視聴するべきです。韓国専門チャンネルだけでなく、無料動画サイトでも公開されているものがあります。

番組の方向性はあっても、出演者たちはリアルな会話をします。韓国語のテキストだけでは、機械的な韓国語になってしまいます。ネイティブのような会話スキルと発音をバラエティー番組で身に付けるのがオススメです。韓国ドラマよりもヒアリングが向上するのもポイントです。

韓国語のおすすめ勉強法3.韓国語教室でレッスン

日本国内で韓国語会話をするのなら、韓国語教室でのレッスンが最適です。韓国語が堪能な日本人教師ではいけません。日本語がわかる韓国人教師に教えてもらうことにメリットがあります。

韓国語が堪能な日本語教師は、試験対策にはうってつけかもしれません。日本人にとってネックになる部分を、あらかじめ指摘してくれるでしょう。ですが、それでは会話スキルをアップすることはできません。

韓国語教室の授業では、韓国語教師との対話式レッスンがおこなわれます。日本国内の韓国語学習者は、リスニングができてもヒアリングができない傾向があります。韓国語で会話をする機会がないからです。韓国語教室で韓国語を発話するのは、とても大切な勉強に違いありません。

まとめ

韓国語の勉強はハングルの読み書きからはじめるべきです。ハングルドリルを活用するといいでしょう。ハングル文字は書いて覚えることが大切です。また、勉強になるのは韓国ドラマよりも韓国バラエティーです。韓国アイドルペンなら、アイドルグループのバラエティー番組もいいでしょう。

日本国内で韓国語を勉強するなら、韓国語教室がベストです。韓国語教師との会話を主体としたレッスンで、発話能力を伸ばすことができます。韓国人と会話をする機会は、知り合いがいないとなかなか実現しません。新大久保で韓国人と会話をするタイミングもあるかもしれませんが、日本語ができる韓国人も少なくありません。

韓国語教室では、韓国人の先生と会話できるのはもちろんのこと、生徒同士でも韓国語で会話をしてスキルアップすることができます。韓国語を話せるようになりたいという、同じ目標を持つ仲間がいることで、モチベーションもキープすることができます。

韓国語教室KVillageTokyoは、韓国語ネイティブスピーカーの先生が、韓国語初心者にもハングルの読み書きからわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の勉強をはじめる一歩を踏み出しましょう。

60分500円のワンコイン韓国語教室
韓国語先生と一緒に韓国語レッスンしませんか?

体験レッスン申し込み

関連記事

  1. 【おいしいを韓国語で】胃袋からつかまえる韓国語!おいしいを韓…

  2. 韓国語の単語で伝えたい!韓国語でよく使う単語やフレーズを覚え…

  3. 韓国語のレッスンってどんな感じなんだろう?韓国語レッスンをご…

  4. 韓国語スラングで表現したい!知っておきたい韓国語スラングをご…

  5. それってどういう意味?韓国語で意味を知るための3つのフレーズ…

  6. 韓国はカフェ大国だった!コーヒー好きな韓国人のカフェライフを…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。