ハングルの「ん」はパッチムで3種類!表記と発音の違いを徹底解説!

ハングルの「ん」はパッチムで3種類!表記と発音の違いを徹底解説!

日本語で「ん」は一文字です。ひらがなとカタカナでは「ん」と「ン」とかき分けますが、発音の違いなんて普段意識することがある人はほとんどいないでしょう。

しかし、ハングルでは「ん」は3種類もあるんです!日本語ではない区別なのでマスターするのに苦労してしまいますよね…しかし、それが簡単にできるコツがあるとすれば知りたいと思いませんか?

実はハングルの「ん」の3種類はあるコツさえ知っていればマスターすることが出来るんです!もちろん練習は必要ですがこれさえ知って言えれば必ず上達するはず!今回はハングルの「ん」について表記と発音の違いのついて徹底的に解説してみたいと思います。

この記事の目次
・日本語の「ん」はハングルでは3種類
・ハングルのパッチムの「ん」の表記はㄴとㅁとㅇ
・ハングルのパッチムのとは
・ハングルの「ん」の発音は英語感覚?!
・ハングルの「ん」の発音の違いポイントは唇と舌
・ハングルの「ん」の発音マスターする単語は「先生:선생님」
・ハングルのパッチム「ん」の3種類をマスターしよう!

日本語の「ん」はハングルでは3種類

日本語では一文字の「ん」。それがハングルでは3種類もあるということで、その表記と発音に苦労されている方も多いでしょう。一番難しいのは聞き取り、リスニングであるかもしれません。

多くの人が最初にハングルの勉強をするときに、ひらがなやカタカナで読み方をハングルの上に小さく書いて発音を覚えるという方法を使うかと思いますが、パッチムの「ん」に悩むのではないでしょうか。

なぜならハングルではパッチムでㄴとㅁとㅇと「ん」が3種類もあるからですよね。日本語では一種類しかない「ん」ですが、韓国語ではパッチムという難しい文法用語に加え、発音まで区別しないといけないなんて!

しかし、ハングルを正しくマスターするには避けて通れない道です!「ん」の3つのパッチムの発音の方法などコツをご紹介しますのでお役立てください。

ハングルの「ん」の表記はㄴとㅁとㅇ

日本で言う「ん」の発音になる3つのパッチムですが、子音+母音という基本の2つだけの組み合わせの場合はそれほど発音は難しくありませんよね。

ざっと復習の為に見ておきましょう。

  ニャ ニョ ニョ ニュ
  ミャ ミョ ミョ ミュ
  ゥイ

ㄴはナ行、ㅁはマ行、ㅇはア行(子音なし)という風に覚えている人も多いことでしょう。しかしこれらがパッチムにつくとなるととたんに発音がすべて日本語で書くと「ん」になるので困りものです。

パッチムとは、日本語にはない概念なので本当に苦手意識を持ってしまう人が多いのです。「ん」の区別の前にまずパッチムについてから見ていきましょう。

ハングルのパッチムのとは

まず、パッチムとはハングルで書くと「받침」となります。意味は直訳すると「下敷き」となります。おなじみの子音+母音に加え、文字の下にまるで下敷きのように書き込むことからこう呼ばれています。

日本語は基本、あかさたなのように、母音のみもしくは子音と母音のみで文字が出来ていますが、韓国語をはじめ外国語では子音が最後に来る文字も珍しくありません。文法的には終声と言いますが、身近な例で言うと英語の「ミルク」。

日本語の発音は最後の終声となる「ク」は「KU」とはっきり母音まで発音しますが、本当の英語だと「Milk」となり、最後の音(終声)はkとなりはっきりと「ク」とは発音しませんよね。これは「Milk」の最後の音、終声が子音の「K」であるからです。

ハングルのパッチムの発音もこれと同じようなものだと考えてください。日本語の感覚よりも英語の発音のようなものととらえると後々発音の習得にも便利になるはずです。

ハングルの「ん」の発音は英語感覚?!

そして、問題の3種類の発音になる「ん」のパッチムですが、これも先ほどご紹介した通り、英語のような感覚でとらえれば意外とすんなり違いが把握できます。

この違いをしっかり定着させるためには、これまでカタカナで読み方を覚えていた人も一旦アルファベットで覚えることをおすすめします。

ㄴはナ行、ㅁはマ行、ㅇはア行ではなく、ㄴはN、ㅁはM、ㅇはNGと覚えるのです。
ㄴがパッチムの時は英語の「N」の発音、ㅁがパッチムの時は「M」の発音なんです。

ㄴとㅁはともかくㅇだけは「NG」ってなんだ?となりますよね…これは英語の動詞を進行形にするときに習ったアの発音を思い出してください。

PlayはPlaying、SingはSingingと習いましたよね。しかし実際の発音は、プレイングではなくプレイン、シンギングではなくシンギンと最後が「ン」の発音になっていますよね。これがㅇの「ん」の発音の正体です。

とはいえ、英語でもそういえばこのNとMの発音の区別には苦労させられた記憶がよみがえりますよね…しかし詳しく発音の区別ができるコツもご紹介しますのでご安心ください。

■関連ハングル記事
【ハングルの母音と子音】ハングルの書き方の基本は4つ!母音と子音の組み合わせ方をマスターしよう

ハングルの「ん」の発音の違いポイントは唇と舌

実際に韓国語を話すネイティブの人の口の動きを見ることが出来れば一番わかりやすいのですが、この3つの「ん」のパッチムにははっきりとした見た目に差があるのです。ポイントは唇と下の動きです。

一番わかりやすいのがㅁのパッチム。この場合は唇が完全に上下くっつきます。日本語でも「まみむめも」というときには必ず唇が上下くっつきますよね。なので発音もその要領で、唇をくっつけるように「ん」と言えばばっちりなのです。

次はㄴのパッチム。この場合は唇はくっつきません。舌先が口の中で上の歯の裏にあたるようになるように発音すればいいのです。なので口の動きとしては歯が見えている状態で「ん」と言っていればㄴのパッチムの発音です。

最後はㅇ。これは舌を下の歯の裏にあてるように、もしくは口全体を広げて歯も舌もどこにもあたっていない状態にするとできます。空気を「ん」っと飲み込むようにと表現する人もいますね。なので発音するときの口はぽっかり空いているのが正しい発音です。

いかがでしょうか。発音のコツなので文章で説明されてもいまいちピンとこないかもしれませんね。しかしこれを完璧にトレーニングできる単語がハングルにはあるのです!

ハングルの「ん」の発音マスターする単語は「先生:선생님」

3種類の「ん」のパッチムの発音を完璧にマスターするのにおすすめの練習単語は「先生:선생님」です。カタカナで読み方を書くと、ソンセンニンと3つ「ん」があるので、カナカナ読みだとどれも同じように発音してしまいますが実はこの「先生:선생님」は全てパッチムが異なっているのが判りますよね。

そうなんです。すべて種類の違う「ん」の発音なんです。続けて練習して3つの違いを覚えてしまうにはピッタリなんですよ。

一つ目の「ㄴ」は舌先を上の歯の裏につけた「ん」、二つ目は「ㅁ」は口を開けた状態の「ん」、三つ目の「ㅇ」は唇を上下しっかり閉じた状態の「ん」です。

意識して何度も繰り返し発音してみて下さい。3つの「ん」の違いが判りますか?最初は大げさに唇と舌を意識してやってみましょう。とてもよく使う単語ですので頑張ってマスターできるようにしましょう!

ハングルのパッチム「ん」の3種類をマスターしよう!

ハングルのパッチムの中でも、発音の区別が難しい「ん」となる3種類をご紹介しました。

学生時代の英語の授業を思い出してしまうなんて人もいらっしゃったかもしれません。しかし、ポイントとなる唇と舌の動きを意識さえすれば誰でも正しい3種類の「ん」のパッチムの発音は必ずできるようになります!

「先生:선생님」で練習してみて下さい!

LINE@追加

授業の様子

授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験申込 申込アイコン

関連記事

  1. ハングルの濁音化のルールをマスターしよう!濁音はㄱ ㄷ ㅂ …

  2. 韓国語の疑問文についておさらい! 韓国語の疑問文の疑問につい…

  3. 韓国語をたのしく覚える!独学からはじめる韓国語の勉強法をご紹…

  4. 【埼玉と韓国】埼玉×韓国で古代歴史ロマン!高麗神社って?知ら…

  5. 韓国語で「よろしくお願いします」!第一印象がよくなる「よろし…

  6. 韓国語の助動詞とは?動詞の意味を様々に活用させよう!

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。