韓国語でどうしよう…どうしたの?で人助けをするためのフレーズをご紹介!

韓国語でどうしよう…どうしたの?で人助けをするためのフレーズをご紹介!

韓国の旧正月が2月5日に控えています。旧正月を日本で過ごす韓国人も増えているといわれています。

旧正月に首都・ソウルから地元に帰省する韓国人がたくさんいるため、韓国国内での移動が難しくなってしまいます。

旧正月に帰省をしない韓国人は、そんな韓国を脱出して、日本だったり中国だったり、あるいは東南アジアだったり、比較的近距離の国々で旧正月を迎えるようになっているのです。

日本国内にも韓国人が増えるでしょう。観光したりショッピングしたりしている韓国人も、よくみかけるようになるはずです。

もしかしたら、公共交通機関の乗り換えがわからなくて、どうしよう……と困っているかもしれません。目的地がわからず、地図アプリをみながら途方にくれているなんてこともあるでしょう。

どうしたの?どうしましたか?どうされましたか?とできることなら、助けになりたいところ。ですが、韓国語どころか英語さえわからず、躊躇ってしまうこともあるに違いありません。ちなみに、ハラボジ・ハルモニたちは、ほとんど英語がわかりません。

まずは、どうしたのかヒアリングをして、韓国人たちにとってどんなサポートが必要なのかを判断しなければなりません。

そこで今回は、韓国語のどうしよう・どうしたのからはじまる、人助けをするためのフレーズをご紹介します。

韓国語でどうしようは <オットケ>

韓国ドラマでは登場人物が「オットケ」「オットケ」と繰り返しながら、不安を拭いきれずにいる様子がよくみられます。この「オットケ」が韓国語のどうしようにあたります。ハングルにすると어떡해(オットケ)。実際の韓国人の発音は、「オットケ」ではなく「オットッケ」かもしれません

日本語母語話者にとって、韓国語の発音の濃音はなかなか意識できません。日本語には濁音という意識はあっても、呼気を強くするという激音の感覚はすぐにはつかめないものです。日本人が「オットケ」と発音するとどうでしょう。当然「ケ」は激音になりません。ですが、オットケの「ケ」は激音です。そのため、に日本語母語話者の「ケ」は呼気がたりないのです。

しかしながら、「オットッケ」と発音することによって、いくらか激音に近づけることができます。そのため、よりネイティブらしい発音をするのであれば、「オットッケ」と発音するようにするといいでしょう。

어떡해(オットケ)の辞書系は어떡하다(オットカダ)です。パンマルの場合だと어떡해(オットケ)。独り言でも어떡해(オットケ)です。韓国人があせった様子で어떡해(オットケ)と独り言をいっているときは、相当困っているかもしれません。

カジュアルな敬語であるヘヨ体では어떡해요(オットケヨ)です。日本語にすると、どうしましょうにあてはまるのではないでしょうか。絶対敬語の韓国では親子でも敬語です。日本旅行をしている親子が「オットケ」「オットケヨ」といって困っているなんてことも。

また、どうすればいいのだろうかというどうしようとして、어떡하지(オットッカジ)もあげられます。

어떡하지(オットッカジ)のヘヨ体は어떡하죠(オットカジョ)です。

韓国語でどうしたの?は <ウェンニリエヨ?>

韓国語で相手にどうしましたか?というときは、웬일이에요(ウェンニリエヨ)?といいます。パンマルだと웬일이야(ウェンニリヤ)?ですが、初対面でいきなりパンマルということはないでしょう。親しい関係であれば、웬일이야(ウェンニリヤ)?といいます。

ここから、웬일이에요(ウェンニリエヨ)?からはじまる例文をみていきます。
日本人:웬일이에요(ウェンニリエヨ)?
(どうしましたか?)
韓国人:신주쿠 까지 어떻게 가면 되나요(シンジュクッカジ オットケ カミョントゥエナヨ)?
(新宿までどういけばいいですか?)
日本人:지하철 중앙선으로 가요(チハチョル チュンアンソヌロ カヨ)
(地下鉄中央線でいきます)
韓国語でどうしましたか?といわれたら、どんなことを知りたいのか、どんなことをしてもらいたいのか、韓国語で説明してくれます。まずは、韓国人に声をかけるところからはじめましょう。

なにが違うの? 어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)

韓国人には発音が別物であると認識できますが、日本語母語話者にとっては同じ発音のように感じられてしまう어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)。実は、韓国語には어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)、ふたつの「オットケ」があるのです。

어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)、発音だって「オットケ」だし、どうやって区別したらいいかわからないという日本人韓国語学習者も珍しくありません。

어떡해(オットケ)の辞書形は어떡하다(オットカダ)、어떻게(オットケ)の辞書形は어떻다(オットタ)です。

어떻다(オットタ)は「どうだ」という意味の形容詞にあたります。어떻다(オットタ)に게(ケ)がつくことで、どのようにという副詞に変わるのです。韓国語の動詞・形容詞を修飾することができます。

つまり、어떡해(オットケ)と어떻게(オットケ)は、そのあとの動詞を副詞として修飾できるかできないかという違いであるということができます。もっとざっくりいってしまえば、他の動詞につなげることができるかできないかということです。

まとめ

韓国人観光客が増加する旧正月。어떡해(オットケ)、어떡해(オットケ)……といっている韓国人をみかけることがあるのではないでしょうか。普段から利用している場所であれば、役に立てるはずです。積極的に웬일이에요(ウェンニリエヨ)?といってみましょう。

韓国語ができないから、どうしましたか?といえても、役に立てないかもしれないと思うかもしれません。

ですが、心配はいりません。韓国語ができなくても、スマートフォンの翻訳アプリなどを活用すれば、お互いにコミュニケーションがとれるでしょう。韓国語でできないことで、躊躇する必要はないのです。

韓国語で人助けした経験から、もっと韓国語ができるようになりたいと思うこともあるのではないでしょうか。

韓国人と親しくなって、やりとりを続けているなんてこともあるかもしれません。もっと韓国語ができたら……と思うことがあるはずです。

K Village 韓国語では、韓国人の先生が初心者にもハングルからわかりやすく教えてくれます。

ちょっとした韓国語会話なら、数カ月でできるようになります。もしかしたら、アプリに頼らなくても、困っている韓国人を助けられるかもしれません。

まずは体験レッスンで、韓国語で人助けをするための一歩を踏み出しましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP