韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語は他の外国語とくらべ、勉強が難しくないといわれています。とはいえ、外国語である以上、何の予備知識もないままで勉強を始めても、なかなか思うようには進まないケースも多いでしょう。

韓国語を独学で勉強するならば、事前にコツやある程度の知識を身につけておくことよいでしょう。勉強のためのコツを押さえて学んでいき、自分なりに自信がついたら、読み書きよりも実践的に活用することも視野に入れるのがおすすめです。韓国語の勉強を今から始めてみませんか。

韓国語を独学で学ぶならまずハングル

韓国語を独学で勉強するなら、まずはハングルから勉強を始めるとよいでしょう。「韓国語=ハングル」と認識されているケースが多くありますが、実際は少し異なります。

ハングルは「韓国語の文字」を意味しています。日本語に置きかえると、「日本語=ひらがな」と同じ意味合いとなります。そのため、ハングルを学ぶという場合、「韓国語の文字から学ぶ」ということになります。

ハングルの基礎をまず学習

外国語を勉強する場合、まずは「読み書き」から始めるのが良いといわれます。文字から勉強を始めれば、同時に発音を覚えることになります。そのため、韓国語の勉強を始めるなら、ハングルから取り組むとよいでしょう。

ハングルには「母音」と「子音」、「パッチム」があります。母音や子音は日本語と同じようにとらえてよいですが、パッチムは「終音」。日本では聞きなれない言葉ですが、文字を発音するときに最後に出す音がパッチムです。

少し難しい内容になってきましたが、初心者は母音と子音をマスターすることから始めるとよいでしょう。韓国語の発音にも、アルファベットのような規則があります。そのため、基礎であるハングルのパターンを覚えることで、韓国語習得の効率がよくなります。

韓国語のテキストなどには、規則の表が記載されていることが多く、「反切表」や「カナダラ表」とよばれています。

また、韓国語の母音は「10」個あります。さらに「複合母音」があるので、ハングルのパターンを着実に覚えていくことが韓国語への近道といえます。そして、良いとされているハングルの覚え順は、「母音」「子音」「パッチム」「複合母」「激音」「濃音」の順番です。

ハングルの書き方を覚える

ハングルは漢字や平仮名のように「書き順」があります。また、書き順をしっかり覚えることは、「読みやすいハングル」につながります。書き順はハングルを学ぶうえで重要な要素です。しっかりと覚えて、韓国語マスターにつなげましょう。

先にも述べましたが、ハングルにはアルファベットのような規則があります。平仮名と同じ「音(読み)」で対応するハングルの表で確認していきましょう。

あ い う え お
아 이 우 에 오
「ㅇ」の部分が子音となっています。

か き く け こ

가 키
기 쿠
구 케
게 코

「か行」は、語中と語頭でハングルが変わります。上が語中、下が語頭のハングルとなります。

さ し す せ そ
사 시 수 세 소
「ㅅ」の部分が子音となっています。

た ち つ て と

타 지
치 지
치 주
추 데

「た行」は、語中と語頭でハングルが変わります。上が語中、下が語頭のハングルとなります。「ㄷ」の部分が子音となっています。

な に ぬ ね の
나 니 누 네 노
「ㄴ」の部分が子音となっています。

は ひ ふ へ ほ
하 히 후 헤 호
「ㅎ」の部分が子音となっています。

ま み む め も
마 미 무 메 모
「ㅁ」の部分が子音となっています。

や ゆ よ
야 유 요
韓国語では「や行」も母音とされていて、「あ行」と同じように「ㅇ」部分が子音となっています。

ら り る れ ろ
라 리 루 레 로
「ㄹ」の部分が子音となっています。

わ を
와 오
「ㅇ」部分が子音となっています。

ただし、ハングルをひらがなに当てはめた場合、日本語の「読み方(音)」と異なる場合があります。それでも、規則にのっとったハングルを覚えれば、韓国語マスターへの助走となるでしょう。

韓国語の独学でハングルの次は会話を

ハングルがマスターできたら、次は「会話」へ進みましょう。韓国語で会話をしようとすれば発音をはじめ、文法の勉強が必要となります。より確実に韓国語をマスターするには、ヒアリングとスピーキングは必須となります。

文法を勉強する

日本語と韓国語は、「SOV型」とよばれる言語で「語順」がほぼ同じです。そのため、独学でも勉強がしやすい言語といわれる理由になっています。「主語+目的語+動詞」と、日本語と変わらないため、文法をマスターすればあとは応用です。

「助詞」は韓国語でも重要な部分です。日本語でいうところの「て・に・お・は」となります。韓国語で会話をするときは、助詞にも意識を向けましょう。会話の相手に正確にものを伝えるためにも、韓国語を学ぶには助詞は重要なポイントです。

また、助詞がマスターできれば、単語を組み合わせて文章が作れるようになります。

「疑問形」を知っているか否かで、会話のスムーズさが変わります。韓国語で丁寧な疑問形とされているのが「ハムニダ体」。

例:당신은 일본인입니까(あなたは日本人ですか)?
読み方は「タンシヌン イルボニニムニッカ?」と、なります。

また、「過去形」を覚えることで、会話の時系列が明確にわかるようになります。韓国語の過去形には規則があります。過去に行った動詞が規則的に変化し、語尾に「어요(ソヨ)」をつけることで、文章や言葉が過去形になります。

そして、韓国語にも日本語と同様に「尊敬語」があります。日本語との違いは、両親や祖父母の「身内」の行為にたいしても尊敬語を使うところです。

言葉が違えば当然のことながら文化も異なります。その国の言葉を勉強することは、文化を知ることにつながります。

発音を勉強する

韓国語には「二重母音」があり、発音が難しいといわれるのが「パッチム」です。最初はなかなかうまく発音ができない場合がほとんど。それでも練習をして、発音の上達を目指しましょう。

パッチムとは、韓国語の単語の最後に発音する音です。パッチムは28種類あり、ハングル文字の下に表記されているものです。

ハングルの発音は「母音+子音」にとどまらず、「母音+子音+子音」が多くあります。連なる子音の最後が「パッチム」で、多くのパターンがみられます。

さらに、日本人にとって難しい発音とされる音が、「ッ」「ン」「ム」「ル」の4種類です。発音に関しては、聞いて覚えるか、ネイティブスピーカーに教えてもらうと良いでしょう。

韓国語のテキストにCDが付いているものがたくさんあります。発音を覚えるには、最初は耳で確認をしながら口に出して調整をしていくのが一般的です。発音は頭で考えるのではなく、耳で覚えるように意識するとよいでしょう。

韓国語を独学で学ぶ際に使えるもの


韓国語を学ぶにあたり、最初はテキストを購入するのが一般的です。ほかには、スマートフォンのアプリは持ち運びがないため、移動中や空いた時間に勉強ができて便利です。

韓国語の独学の際にはテキストを

独学で韓国語を勉強するならば、テキストは必須アイテムといえます。今ではたくさんの種類が書店に並んでいて、どれを買えばよいか迷ってしまうほど充実しています。

コツともいえるのが、テキストは一冊を最後まで読み終えることです。一冊の中に重要な要素がたくさん組みこまれているので、最初から最後までしっかりと勉強すれば、韓国語のマスターにつながります。

また、同じテキストを繰り返し何回も勉強することで、知識が深くなります。そのため、ページ数の多いタイプより少なめを選ぶとよいでしょう。

そして、テキストは自分に合ったものを探しましょう。色分けで説明がされていたり、イラストや例文が多かったりするものがおすすめです。

文字ばかりのテキストでは、一見してわかりづらいものが多くあり、もし、購入したテキストが難しく感じるようであれば、買いかえてみましょう。何より、自分にとってわかりやすいと思えるものが最適です。
簡単で分かりやすいテキストの代表例(K Villageの教材です)
https://kvillage.jp/flow/textbook

韓国語を独学で学ぶなら音声も活用

韓国語を独学で学ぶ場合、リスニングの勉強に活用できるツールがいくつかあります。先に紹介したように、スマートフォンのアプリやCDもそうですが、韓流ドラマや講義動画も有効といえます。何回か繰り返し聞いて見たりすることで、フレーズが覚えられます。

それでも不安が残るようであれば、韓国語のスクールに通うとよいでしょう。ネイティブの先生の授業を受けて勉強を進めれば、着実に韓国語が身につくといえます。

少しでも気になった方は、60分500円で学べる日本最大級の韓国語スクールK Village(https://kvillage.jp/)で、まずは、体験レッスンの受講を検討されることをおすすめします。

韓国語は日本人にとって、勉強しやすい言語といわれています。しっかりと勉強してコミュニケーションに困らないようなレベルに早く到達したいなら、独学よりスクールが確実となります。

まとめ

韓国語は日本語と文法がほとんど同じであるため、単語を覚えておけばある程度のコミュニケーションがとれる、比較的習得が簡単な外国語です。それでも、せっかく勉強をするならば、なるべく正しく話せて相手の話す内容も聞き取れるようになりたいと思うことでしょう。

独学で韓国語をマスターする方法は多くありますが、着実に勉強するなら、韓国語スクールに通うのも一つの方法です。韓国の流行や文化は、日本でも人気となっているので、注目度の高い言語です。スクール選びに迷われた際は、ぜひ、K Village(https://kvillage.jp/)へお越しください。

無料体験レッスン申込

60分500円の韓国語教室 K Village
一緒に韓国語レッスンしませんか?

上場企業グループが運営する安心の韓国語教室

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 韓国語の母音と子音の仕組みは?どう発音するの?

  2. 大阪・韓国のソウルフードお好み焼きとチヂミは似てるか検証!鶴…

  3. 【翻訳】知らないと損?サクッと手軽にハングルを翻訳する便利な…

  4. 【韓国語の覚え方】ちょっとおもしろい韓国語の覚え方!ㅎㅎㅎ(…

  5. 【韓国語と日本語】韓国語と日本語の古代ロマン!万葉集は韓国語…

  6. 韓国語の母音をマスターしよう!母音のハングルとご紹介!

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。