韓国語の初心者は何から勉強すればいいの?

韓国語の初心者は何から勉強すればいいの?

これから勉強を始める韓国語初心者の方の中には、「何から勉強したらいいんだろう?」と考えている人もいるのではないでしょうか。

韓国語の単語を片っ端から覚える、好きな韓流アイドルの歌を練習する、などできることからスタートするというのもひとつの方法ですが、それだけでは効率的ではありません。

韓国語初心者の人に伝えたいのは、何から勉強するかはとても大事ということ。勉強の順序が違うと、習得までに長い年月を費やしてしまいます。

そこで今回は、韓国語初心者の方は、何から勉強すればいいのかレクチャーしていきたいと思います!

ハングル文字を覚えよう

韓国語の初心者が、一番に学びたいのはハングル文字。韓国語はアルファベットではなく、ハングルという独特の文字を使います。

日本人には見慣れない文字のため、ハングルを見ただけで「無理」と思う人もいるかと思いますが、実はハングルの仕組みはシンプルです。なので、ハングルの仕組みを理解すれば、意外と簡単に覚えることができます。

ハングルを抜いて勉強する人もいますが、そんな人でも遅かれ早かれハングルを学ばないと先には進めないことに気づくものです。

最初からハングルを勉強しておけば、スムーズに韓国語の勉強を続けることができます。

子音と母音~ハングル文字の仕組みとは?~

ハングルは発音記号を組み合わせて作った文字です。基本的には母音と子音とを組み合わせてひとつの文字を作ります。なので、ハングルを形成する母音と子音とを覚えてしまえば、ハングルは読むことができます。

ハングルは、母音が10種類、子音は14種類あります。合わせて24種類の発音記号を覚える必要があります。

ハングルは母音と子音とが組み合わさって文字が作られていますが、読むときは子音から母音の順番に発音します。

例えば、子音のㄱ(k)と母音のㅏ(a)を組み合わせると、가(ka)と発音しますし、子音のㅁ(m)と母音のㅏ(a)を組み合わせると、마(ma)と発音します。

ハングルを学ぶ上で助けになるのが、ハングル反切表です。反切表というのは、ハングルの母音と子音の組み合わせを表にしたものです。日本語でいう50音表のようなものというと分かりやすいでしょうか。

反切表を使って少しずつ覚えるようにすると、やがては簡単にハングルを読めるようになるでしょう。

合わせて読みたい韓国語の勉強についてはこちら
(「韓国語 勉強」へ内部リンク)

もう1つの子音「パッチム」とは?

韓国語をマスターする上で避けて通れないのがパッチムの勉強。パッチムは音節末子音と呼ばれており、子音で音節が終わるもののことをいいます。

ハングルでは、母音や子音が左右・上下に組み合わさったその下に子音が入ったものをパッチムと呼んでいます。

日本語の場合は、「ん」を除いては、音節は母音で終わります。例えば、「か」だと母音の「あ」で終わりますし、「そ」だと母音の「お」で終わります。

韓国語には、子音で終わる単語が多く存在し、このことが日本人の韓国語習得を難しくするひとつのポイントとなっています。韓国語をマスターするためには、パッチムについて勉強し、それぞれの発音を習得しなければなりません。

また、パッチムを覚えるだけでなく、パッチムが単語のどこにあるかによって発音の仕方が異なることも理解する必要があります。

パッチムが単語の末尾ではなく、単語の中にある場合は、次の文字の子音と重ねて発音します。また、パッチムが2つある場合は、次の文字次第で発音が変わります。

単語や文法を覚えよう

ハングルが読めるようになっただけでは、韓国語ができるとは言えません。韓国語ができるかどうかを決めるのは、会話力です。

韓国語で会話ができるようになるためには、単語で語彙力を増やすとともに、韓国語の文法を学んで、正しい文を作れるようにならなければなりません。

単語で語彙力を増やす

韓国語で会話ができるようになるためには、単語の勉強をして語彙を増やさなければなりません。

単語の勉強方法としては、日常生活で使う身近なものをまずは覚えるようにするといいでしょう。単語帳を用意して語彙を少しずつ増やしながら、繰り返し覚えるようにしてください。最近では、韓国語の単語を勉強するためのアプリもあるので、アプリを利用するとゲーム感覚で単語を覚えていくことができます。

韓国語には漢字に由来した言葉である「漢字語」があるので、漢字語を勉強するようにおすすめします。日本語の漢字には、訓読み・音読みがあって、幾通りもの読み方がありますが、韓国語の漢字語は1つの漢字につき読み方が1つなので、覚えてしまうとラクです。韓国語を短期間で習得するためには、漢字語を理解するようにしましょう。

語彙を増やすためにできるのが、よく使うフレーズを丸ごと覚えるようにするということ。フレーズで覚えることのメリットは、日常会話で使えるということと、いくつもの単語を同時に覚えることができるという点があります。

文法で正確さを高める

韓国語で会話をしたいなら、文法の勉強もしましょう。単語を並べていくだけで、だいたい通じるから文法の勉強は要らないという人もいますが、それでは誤解が生じることもあります。

細かなニュアンスを伝えたいという場合でも、文法は必要です。また文法を覚えておけば、フレーズの応用もできるようになるので、韓国語習得を目指すなら、文法の勉強をしましょう。

韓国語の文法は日本語と同じで、主語+目的語+述語が基本です。日本語と同じなので、文法自体を理解するのは難しくありません。

とはいえ、韓国語を正しく話す上では、助詞や用言、尊敬語、丁寧語、疑問形の勉強も必須です。しっかりと勉強して、正確に話すことができるようになりたいものです。

韓国語に触れる機会を増やそう

韓国語を勉強したら、せっかくなので使ってみましょう。韓国語に触れる機会を作る方法をご紹介します。

ドラマとインターネットで

自宅でできる方法として、韓国ドラマを観るという方法があります。ドラマによってリスニングの勉強になりますし、知らない単語があったら調べることで語彙を増やすことができます。

韓国ドラマは、まずは日本語吹き替えで観て、その後、韓国語音声+日本語字幕、最後に韓国語だけで観るといった具合に、何度も観ると、韓国語の勉強になります。

同様に、K-POPの歌詞を覚えるのもひとつの方法です。歌詞や翻訳を掲載しているサイトは多いので、そのようなサイトを活用して、韓国語を習得していきましょう。

韓国語をアウトプットする方法としては、SNSを活用できます。SNSではネイティブと交流を持つことができますので、Google翻訳などを活用しながらコミュニケーションを図ることができるでしょう。

ネイティブスピーカーと会話する

実際にネイティブと会話してみましょう。日本国内なら韓国語が話せる人と知り合いになって、その人と会話をしてみることができます。

日本国内で韓国語を話す機会を探すのが難しい場合は、現地に行ってみましょう。実際に韓国に旅行してみれば、会話をする機会は多くあります。

ちょっとしたことでもいいので、積極的に韓国語で話しかけるようにしてみましょう。そうすることで、現地の生きた話し言葉を学ぶことができますよ。

スクールで勉強しよう

韓国語は独学でも習得は可能です。ただし、独学だと分からない点も自分で解決しないといけないため、つまずきやすいというデメリットがあります。また、自分ひとりの努力次第なので、モチベーションを保ちづらいのも事実です。

韓国語スクールなら、ネイティブの先生と楽しく勉強しながら正しい発音が身につき、会話の機会も多いというメリットがあります。ぜひ1レッスン60分500円から受講できる日本最大級の韓国語教室K Village(https://kvillage.jp/)を検討してみてください。

まとめ


韓国語初心者の方のための、勉強方法について解説しました。まずは韓国語の文字「ハングル」を覚え、日本語にはない音であるパッチムの勉強をしましょう。その後、単語を勉強して語彙力をアップし、韓国語の文法をしっかりと身につけることで会話ができるようになります。

韓国語スクールに通えば、基礎から徹底的に効率良く学んでいくことができますので、韓国語初心者の方にはおすすめです。K Village(https://kvillage.jp/)ならネイティブスピーカーの講師から学べますよ。まずは、体験レッスンから受けてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスン申込

60分500円の韓国語教室 K Village
一緒に韓国語レッスンしませんか?

上場企業グループが運営する安心の韓国語教室

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込

関連記事

  1. 突然ですが、ハングルという韓国語をハングルで書けますか??

  2. 韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持…

  3. 【ハングルとは?】ハングルは知識の革命?!もっともすぐれた文…

  4. 韓国語にはたくさんの〈残念〉があるらしい。 日本人が知ってお…

  5. 韓国人観光客に向けたポスターやポップをハングルで作りたい!お…

  6. 韓国語レッスンの気になるメリットと肝心の教室選びのポイントを…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。