ハングルの二重母音とは?組み合わさっている母音から正しい発音をマスターする方法まで

ハングルの二重母音とは?組み合わさっている母音から正しい発音をマスターする方法まで

ハングルは子音と母音の組み合わせで成り立っている文字です。ㄱとㅏで가 ㅎとㅜで후。そしてその下にパッチムとなる子音が付くこともあります。

ローマ字のように基本のパーツとなる文字の読み方を知っていれば、発音を覚えるのは比較的楽な文字と言えるハングル。勉強する側としてはとても嬉しいことですよね。

しかし、ハングルは母音自体を組み合わせて、二重母音と呼ばれる文字を作ることもあり、最初はなかなか覚えるのが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか?

しかしこの二重母音と呼ばれる母音の組み合わせ。基本の母音から同組み合わさっているのかを知っていれば、スムーズに覚えられますし、何より正しい発音をマスターすることもできてしまうんです。

そんな二重母音を今回は掘り下げてみたいと思います。

この記事の目次
・ハングルの二重母音の基準となるのは10個の基本母音(短母音)
・ㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠも二重母音
・基本母音(短母音)の組み合わさったハングルの二重母音
・ハングルには組み合わせ出来ない二重母音もある??
・ハングルの二重母音の正しい発音をマスターする方法とは?
・ハングルの二重母音まとめ

ハングルの二重母音の基準となるのは10個の基本母音(短母音)

ハングルを覚える基本は「反切表」と呼ばれる表ですよね。子音と母音を掛け算の表のようにあらわしている便利な表です。韓国語を学ぼうという人は長い間お世話になる表となります。

■関連ハングル記事
ハングルの文字数はたった24文字!ハングルは簡単に覚えられる表でマスターしよう

しかし、この反切表は基本の母音と子音だけを示しているシンプルなものに加え、子音が二つ重なっている濃音があったりなかったり、また二重母音と呼ばれる母音があったりなかったりとみる参考書やサイトによって違うことがあります。

これは基本のパーツを組み合わせているということで省略されている反切表があるからなのですが、今回はメインテーマが二重母音なので、きちんと一覧を反切表の形式てみてみましょう。

 

イエ イエ ウォ ウェ ウェ ウォ ウェ ウィ ウィ

一般的に韓国語で二重母音と呼ばれるハングルはこの11個の母音です。パッチムと似ているような気もしますが、これ自体は一つの母音として、ㅏやㅠやㅗなどの基本の母音と同じように子音にくっつきます。 基本の母音と同じくらい数があって覚えるのが大変だなぁという気持ちになってしまいますね…

基本母音(短母音)の組み合わさったハングルの二重母音

しかし、難しく考えることはありません。二重母音というくらいなので、これはこれまでに覚えた母音が重なっているだけなんです!

二重母音をわかりやすくするためには、基本となっている母音をばらばらに見て、どのように組み合わさっているかを知ればきっと頭がすっきりすると思います。

+ + + + + + + + + + +

いかがですか?このように分解してみるとなるほど、二重母音という意味がよく分かると思います。

ㅏとㅣでㅐが出来ているという要領ですね。中には二重母音がパーツとなりさらに新しい二重母音になっているㅙなんかもありますね。

ㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠも二重母音

ここでちょっと豆知識になりますが、ㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠも厳密には二重母音と呼ばれるハングルであることにも触れておきましょう。

基本の反切表にも必ず載っているㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠなので二重母音と言うとちょっと違う感覚にも思えますが、これらもそうなんです。

しかし、ㅏに短い横棒が日本重なってㅑとなる。そして発音はAにYが付いて「ア」から「ヤ」となる。ㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠの二重母音は元になる母音の発音に「Y」がくっつくんだというのはすでにご存じかと思います。シンプルなルールなので覚えやすいですね。
二重母音と名前は付いていますが、基本の短母音と同じようなものだととらえてしまって問題ないでしょう。ただ、ㅑ,ㅕ,ㅛ,ㅠも二重母音と呼ぶということさえ頭の片隅に豆知識として置いておいてください。

LINE@追加

ハングルには組み合わせ出来ない二重母音もある??

しかし、どんな文字でも組み合わせが自在なのかと言うと、そうではありません。ハングル文字でも組み合わせが出来ないものもあります。
たとえばこちらです。【ㅜ + ㅏ】 【ㅗ + ㅓ】書くことはできそうですが、実際にこの組み合わせでの二重母音は存在しません。

理由もきちんとあります。ハングルの音には陰陽の区別があり、陰と陽を組み合わせることが出来ないとルールがあります。陰陽とは面白い考え方ですね。詳細はとても複雑な話になるので省きますが、そういう考え方がハングルにはあるということは知識として知っておくと何か役に立つかもしれません。ここでは、二重母音には組み合わせが出来ないものもあるということも覚えておいていただければ大丈夫です。

ハングルの二重母音の正しい発音をマスターする方法とは?

ちょっと話が脱線しましたが、この11種類が韓国語で二重母音と呼ばれるハングルなので、最初はちょっととっつきにくいかもしれませんが覚えてしまいましょう。

まず、書き方ですが、基本となっている母音(短母音)の書き方とパッチムの要領とほとんど同じです。
母音の長い棒を基準に見て縦が長いものが左右に配置、長い棒が横に長いものは上下に配置が基本のルールです。

ㅘのように両方混ざっているパターンがちょっと難しいかもしれませんね。しかし、ハングル文字も漢字ように正方形の枠の中に書くという感覚で書けば綺麗にバランスよく書くことが出来ます。「와」や「최」のようにバランスよく書きましょう。タイピングされている文字を参考にするのも良い方法です。

次に、読み方です。やはり二重母音は発音が難しいとよく言われています。組み合わさっているのでやはり発音も複雑になるからでしょう。

しかし、これもちょっとしたコツさえ知っていれば大丈夫です!それをご紹介していきますね。

ㅐは発音は「エ」です。パーツはㅏ(ア)とㅣ(イ)ですね。アとイでなんでエになるのか?しっくりこない人もいるでしょう。発音の英語表記もaiとなっていて「アイ」と読みたくなります。しかし、これはちょっとした仕組みがあるんです。

それは口の形です。「ア」の口を作ってみて下さい。大きく口を開ける感じになりますね。そのまま声を「イ」と出してみましょう。大きく口を開けたまま「イ」と言うと、あら不思議!「エ」という音になりませんか?

これが二重母音の発音のからくりなんです。同時に基本母音(短母音)を発音するのではなく、口の形と声を組み合わせて発音すれば正しい二重母音の発音ができるという仕組みなんです。

ㅘもㅗ(オ)とㅏ(ア)で、「オア」と読みたくなりますが、「オ」の口のまま「ア」と言ってみて下さい。ワの発音になりますよね。二重母音の発音はこのように、まずは基本となる短母音の読み方発音の仕方をしっかり押さえたうえで声だkではなく、口の形まで意識して丁寧に読んでいくことにより、正しい発音が理解できます。

このように一つずつばらばらに書き方、読み方を意識して丁寧に二重母音を見ていけば、発音を覚えられるはず!慣れるまでは複雑に見えますが、最初に丁寧に分解しながら覚えていきましょう。

ハングルの二重母音まとめ

ハングルの二重母音についてみてきました。
組み合わさってできている文字なので、ちょっと複雑に感じしまうということは否めませんが、元のパーツとなる基本母音(短母音)を意識してマスターしましょう。

LINE@追加

K Villageは全国に9校。
一緒に韓国語レッスンしませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数7,500人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験レッスンでお待ちしております!

新大久保駅前校 新大久保本校
上野校 横浜駅前校
名古屋校 大阪本校
梅田校 なんば校
福岡校

無料体験レッスン申込 申込アイコン

関連記事

  1. 大好きな韓国語をカンタンに上達させる勉強の仕方♪

  2. 若者の街「渋谷」でみつける韓国とは?東京・渋谷はコリアタウン…

  3. ハングル語?韓国語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑…

  4. 韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳…

  5. 名古屋で見つけた韓国!中部地方の韓国人の窓口にはコリアンタウ…

  6. ハングルの勉強に欠かせない反切表の反切とは?由来や意味などを…

60分500円の韓国語レッスン
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。