韓国語コラム | 韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

韓国ドラマのハイスピードな会話、韓国アイドルたちのバラエティー番組でのかけあい、ヘビロテしているK-POPなど、韓国語を身近に感じられるようなものを頻繁に視聴していると、韓国語の発音が気になってくるはずです。

簡単な韓国語の単語だったらわかるというひとも多いのではないでしょうか。韓国語のボキャブラリーが増えれば増えるほど、韓国語のある発音の特徴に注意がいくものです。

例えば、韓国のことは한국(ハングㇰ)といい、~語という意味の어(オ)をつけて、「한국어」とすると、日本人だったら「ハングㇰオ」と発音したくなりますが、韓国語では「ハングゴ」といいます。このような韓国語の発音現象を「連音化」といい、頻出するものですが、日本語にはほとんどないため、なかなかマスターできないという学習者も多いようです。

韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

そこで今回は、韓国語の発音現象・連音化についてポイントをわかりやすくご紹介します。

韓国語の発音。韓国語の連音化とは?

韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

韓国語の発音で特徴ともいえる連音化はリエゾンともよばれている現象です。ざっくりといってしまえば、「発音がつながること」になります。

ハングルには「パッチム」というものがあり、日本語よりも発音が複雑です。そして子音の中に唯一音を持ってない「ㅇ」があります。パッチムの後ろに「ㅇ」が続くとそのパッチムの音が「ㅇ」に移動して発音される。これが連音化になります。

韓国語の場合だと、「한국어(ハングゴ/韓国語)」(ハングㇰ+オ)であったり、「일본어(イㇽボノ/日本語)」(イㇽボン+オ)であったり、これらはそれぞれ2文字目のパッチムに「어(オ)」が連音化しているものです。

この連音化は韓国語だけにみられる現象というわけではありません。わかりやすく英語の「Thank you」を例にあげてみます。普段、会話でやり取りをするときは、「サンキュー」と言っているはずです。

日本でも中世のころには連音化同様の現象が頻繁にみられていました。現在では、当時から使われている単語にその名残がみられます。例えば、「反応」は「はん+おう」で「はんのう」などがあげられます。

韓国語をきちんとヒアリングしたり、流暢にしゃべれたりするようになるためには、この連音化をよく理解しなければならないといえるでしょう。

韓国語の発音。連音化が起こる条件とは?

韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

韓国語の連音化は、発生の条件がそろったときに起こるものです。そのため、どのようなときに、どのように連音化するのかを知っていれば、自分自身も韓国語の連音化がわかるようになるはずです。ここでは、韓国語の連音化が発生する条件をみていきましょう。

1.前の音がパッチムで終わってる

連音化をする条件として、前の音がパッチムとして終わっていること、また次の音が母音からはじまっていることがあげられます。한국인(韓国人)とハングルで表記されていると、「ハングㇰ(韓国)イン(人)」と、1文字1文字を発音したくなりますが、「국(グㇰ)」のパッチムであるKの音と「인(イン)」が連音化しているので「ハングギン」と発音することになります。

2.パッチムの次の音が母音ではじまっている

連音化のもうひとつの条件として、次の音が母音ではじまっていることがあげられます。「일본인(イㇽボニン)」を例にしてみると、「본(ボン)」のパッチムであるNの音から、次の音が母音「ㅣ」ではじまっていることがわかるはずです。子音「ㅇ」は発音を持ってないため、パッチムの後ろに続くとそのパッチムの音をもらって発音されます。

韓国語の発音。連音化の例外・「ㅇ」or「ㅎ」

韓国語の発音・連音化って?連音化をマスターするポイントをご紹介!

基本的な連音化は「前の音がパッチムで終わってる」「パッチムの次の音が母音ではじまっている」という条件で発生し、前の文字のパッチムと次の文字の母音と子音によって、どのような連音化になるのか決まります。

特定のパッチムと特定の子音が連音化する場合、子音の影響を受けて発音が変化するものはありますが、このふたつのルールに従っていることに変わりはありません。

ですが、そのルールに当てはまることがない「例外」があります。前の文字のパッチムが「ㅇ」または「ㅎ」である場合です。

韓国語の「講演」が「ㅇ」のケースにあたります。「강연(講演)」は一つ目の文字にパッチムがあってその後の音が母音から始まることにも関わらずこのままハングルのとおりに「カンヨン」と発音されます。パッチム「ㅇ」の後には母音から始まる文字が来ても連音化されません。

次に、「ㅎ」のケースもみていきましょう。「좋아요(良いです)」の場合だと、좋の「ㅎ」が後ろの「ㅇ」に移動して発音されるのが連音化なんですが、ここでは起きません。「좋아요(良いです)」を連音化のルールに沿って発音すると「チョハヨ」になるはずですが、実際の発音は「チョアヨ」でパッチム「ㅎ」の音は完全に消えます。これは連音化の例外、そして「ㅎ弱音化」にも該当するので少しややこしいかもしれません。

韓国語の発音。まとめ

韓国語の発音では特徴のひとつでもある連音化をマスターすることで、韓国のひとと会話をしたときにも発音がいいと感心されるでしょう。連音化がうまくできていないと、外国人らしいつたなさが出てしまうのです。

基本的な連音化が発生する条件と例外パターンをおさえて、韓国語で連音化するワードを何度も発音したり、読み書きをしたりするうちに、自然と頭の中で連音化を意識しなくてもわかるようになるはずです。

日本人母語話者にとって、韓国語の連音化は複雑にも思えますが、だからこそおもしろいと感じるのではないでしょうか。さらに、韓国語に興味を持つ、あるいはステップアップしたいと思うきっかけにもなるはずです。

韓国語教室 KVillage韓国語では、韓国語韓国語も日本語も堪能な先生が、初心者にもわかりやすいように、韓国語の発音から丁寧に指導してくれるので、より韓国人に通じる発音を身に付けることができます。

まずは体験教室で、流暢な韓国語の発音へ一歩を踏み出しましょう。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP