韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

韓国ドラマのタイトル、韓国ベストセラー小説のタイトル、韓国人気歌手の代表曲にも「ありがとう」があるように、韓国はたくさんのありがとうであふれています。「감사합니다(カムサハムニダ)」「고맙습니다(コマスムニダ)」「고마워요(コマウォヨ)」と、ちょっとしたことでも、とても大きなことでも、誰かが誰かにありがとうの気持ちを持っているのです。

韓国人にありがとうといわれたとき、どうしようとあせるのではなく、そんな気にするほどのことではありませんと、気持ちよく「どういたしまして」とかえしたいものです。

韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

そこで今回は、韓国語のどういたしましてをご紹介します。

천만에요(チョンマネヨ)は教科書だけ!

韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

韓国語のテキストには、韓国語のどういたしましては「천만에요(チョンマネヨ)」だと記載されていることがほとんどですが、実は韓国ではほとんど使いません。

もともとはどのような意味なのでしょうか?

천만(チョンマン)とは「千万」のこと。直訳すると「千万です」といっていることになります。つまり、相手のありがとうの言葉だけでいっぱいですという意味から「どういたしまして」となっています。

そのため、どちらかというと「とんでもありません」という日本語に近いかもしれません。まさかありがとうといわれるとは想像していなかったことにありがとうをいわれた、そんなシチュエーションがしっくりとくるでしょう。

ですが、韓国では「ありがとうございます」といわれたときに、あえて「チョンマネヨ」ということはありません。何度も何度もゆずりあってようやく……というやりとりでもない限り、使わないようなのです。韓国人からすると、きっと外国人だからと思われてしまうことも。テキストには「천만에요(チョンマネヨ)」とありますが、韓国では忘れてしまったほうがよさそうです。

オールマイティーな괜찮아요(ケンチャナヨ)!

韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

韓国語の「괜찮아요(ケンチャナヨ)」といえば、韓国ドラマだったり、K-POPだったり、韓国カルチャーに興味があれば、「だいじょうぶ!」という意味だということは、すでに知っているのではないでしょうか?

韓国では大変なことになってしまったときに괜찮아(ケンチャナ)!とポジティブに乗り切るところがあるのだとか。そんな괜찮아요(ケンチャナヨ)はオールマイティーな韓国語のフレーズでもあります。

ありがとうございますといわれたときに、どういたしましての意味合いで괜찮아요(ケンチャナヨ)というひとも少なくないのです。

韓国に滞在していて、ちょっとした親切に感謝をされたときに、さりげなく괜찮아요(ケンチャナヨ)というくらいがちょうどいいようです。

韓国ではありがとうをいうときも、どういたしましてというときも、基本的に何度も「ありがとう」「どういたしまして」と頭を下げ合ったりせず、スマートにすませる傾向があることも理由かもしれません。

これがスタンダード!네(ネ/はい)が大多数だった!

韓国語でどういたしまして!韓国人と「どういたしまして」で気持ちよくあいさつしよう

韓国では失礼にあたるわけでも、冷たいわけでもないのですが、日本だとちょっと素っ気なく感じられるかもしれません。ですが、実際は네(ネ/はい)だけでどういたしましてをすませてしまう韓国人が大多数なのです。

「고맙습니다(コマスムニダ)」
「네(ネ/はい)」

これだけでよかったのです。ちょっとこれだと抵抗がある、無難な受け答えをしたいというときは괜찮아요(ケンチャナヨ)がいいでしょう。ですが、もっとローカルルールにしたがいたいのなら네(ネ/はい)がベストです。

それだけで会釈をして立ち去れば、日本人だとさえ思われないかもしれません。それほど、こなれた雰囲気になるのは間違いありません。ありがとうといわれるほどではない、それは当然のことだったのだから、そんな韓国人のふところの深さも感じられるはずです。

まとめ

韓国語のテキストに「천만에요(チョンマネヨ)」と説明されているのだから、韓国人は当たり前に「감사합니다(カムサハムニダ)」「천만에요(チョンマネヨ)」と受け答えをしているのだろうと思うかもしれませんがそれは違います。

実際は、「괜찮아요(ケンチャナヨ)」「네(ネ/はい)」と、すがすがしいほどあっさりとすませてしまいます。日本人だと素っ気ないんじゃ……と慣れるまでは抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえばむしろ、嫌味ったらしさがなくて気持ちいいものです。

韓国語のどういたしましてを、あたりまえのように「괜찮아요(ケンチャナヨ)」「네(ネ/はい)」でいえるようになったら、こんなときは韓国語ではどんな受け答えをするのだろうと、さまざまなシーンの韓国語に興味が出てくるのではないでしょうか。

K Village 韓国語では、韓国人の先生が初心者にもわかりやすいようレッスンをしてくれるので、韓国語でのやりとりもきちんとできるようになっていきます。韓国人の先生だからこそ、実際はこういういいかたをするというテキストにはないことも教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語で受け答えをするための一歩を踏み出してみましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員ネイティブ。受付スタッフは韓国語も堪能な日本人。
まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

9,000人が通う日本最大の韓国語教室、K Village 韓国語。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に11校

まずは韓国語レッスンを無料体験してみませんか?

韓国語教室 「K Village 韓国語」は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP