ソウル・望遠洞で市場のハシゴをしちゃおう!望遠市場×望遠洞ワールドカップ市場

ソウル・望遠洞で市場のハシゴをしちゃおう!望遠市場×望遠洞ワールドカップ市場

韓国を訪れたら1度は見学してみたいと思う場所の1つ、伝統市場。「伝統市場」とは、韓国に古くからある市場のことを一般的に「伝統市場」と呼んでいて、1つの名詞になっています。韓国観光公社のサイトでも、そのような市場を「伝統市場」と紹介しています。

食材をはじめ、生活に欠かせない品物がズラリと並ぶ伝統市場は、その国の市民たちの生活を垣間見ることができて、非常に興味深い場所です。

ソウルにもいくつかの伝統市場がありますが、その中でも南大門(ナムデムン)市場や広蔵(クヮンジャン)市場、通仁(トンイン)市場などの有名な市場には、連日多くの観光客が訪れています。

今日ご紹介する望遠(マンウォン)市場と望遠洞(マンウォンドン)ワールドカップ市場は、まだ観光客にはそれほど知られてはいませんが、古くから周辺住民たちの食卓を潤し、愛されてきた伝統市場なんです。

しかもこの2つの市場、どちらか片方の市場を訪れると、もう1つの市場もほぼ自動的にハシゴ出来ちゃうほどとっても近くにあるのだそう。
一体どれほど近いのか、2つの市場を歩いてみました!

この記事の目次
・市場を抜けるとまた市場?!自動的にハシゴできちゃう不思議な市場
・駅からすでに始まっている“場外市場”
・食べ歩きにオススメの市場フード!
・テイクアウトにオススメの市場フード!
・市場を楽しんだ後は散策しながら合井駅まで♪
・まとめ

市場を抜けるとまた市場?!自動的にハシゴできちゃう不思議な市場

まずは地下鉄6号線・望遠駅2番出口から、徒歩5分の場所にある望遠市場からスタートしてみたいと思います!

1970年代に、小規模の店舗が何件か集まって始まったという望遠市場は、「無限に挑戦(ムハントジョン)」などの人気番組などで何度か紹介され、最近では若い人にも注目されるようになりました。

訪れたのは平日の15時頃でしたが、市場はたくさんの人で賑わっていて活気があります!
ほとんどが地元の人たちのようで、外国人観光客はほとんど見かけません。

アーケード内には、野菜、果物、魚介類、お肉などの新鮮な食材を始め、雑貨や金物、寝具に至るまで、いろいろなお店が所狭しと並んでいます。
もちろん、トッポッキやおでんなどの食べ物屋さんもたっくさんありますよー!

では、ちょっとお店をチェックしていきましょう!

韓国のトンカツといえば、お肉が薄くて大きいのが特徴ですが、このトンカツ屋さんはごろんとした丸いカツが特徴!

太刀魚が1匹15,000ウォン、2匹で20,000ウォン・・・値段の差がスゴイ(笑)

美味しそうなジョン!こんな風に目の前で焼いてくれるのも市場ならではです!

望遠市場の有名店「ホンドゥッケソンカルグクス」。
テレビに何度も紹介され、国内外からお客さんが訪れる人気店です。
それにしてもカルグクスが3,500ウォンって!安っ!

こちらも有名店!「キュースタッカンジョン」。
人気番組「無限に挑戦(ムハントジョン)」や「水曜美食会」でも紹介されました。
いろんな味のタッカンジョンが選べます♪

韓国主婦の強い味方、総菜屋さん!

チョッパル(豚足)も数か所ありました!

韓国といえば、やっぱりコレでしょ!キムチの種類がハンパない!

ここが215mのアーケードの最終地点・・・かと思ったら、横断歩道の向こう側にまだ続いていました!

あれ?でも向こう側には違う市場の名前が書かれているじゃないですか!

そうなんです、もうここからは「望遠洞ワールドカップ市場」だったんです!

望遠洞ワールドカップ市場も、望遠市場と同じく1970年代から始まったのですが、2006年にアーケードになったことをきっかけに今の名前に変わったそうです。

道路を1本隔てただけなのに、ここは望遠市場より人が少な目で静かな雰囲気です。
ゆっくり見学したいなら、こちらの方が落ち着いて見ることができそうですよ!

望遠洞ワールドカップ市場の中間地点は、太陽の光が入ってとっても明るい雰囲気!

駅からすでに始まっている“場外市場”

2つの市場をつなげただけでもかなりの規模になりますが、実はこの辺りの市場はそれだけじゃないんです!

望遠駅から望遠市場まで行く途中の道路にもお店がビッシリ!
ここからすでに望遠市場の“前哨戦”が始まっているのです!
いや、むしろこっちの方が人が多いくらいです。

人が多い上に、車やバイク、そしておばあちゃんが引くカートも多いので、ボーッとしているとかなりの確率で人にぶつかります(笑)。

それにしても品物が安い!
アーケードの中より、こちらの方が安いかも?!

 

食べ歩きにオススメの市場フード!

市場でのお楽しみといえば、やっぱり「食べ歩き」ですよね!
あっちもこっちも美味しそうなものがたくさんで、ホント迷っちゃう♪

ここでは、市場にあるグルメの中から、「歩きながら食べてみたい!」と思った食べ物をご紹介したいと思います。

◆コロッケ

日本のコロッケとは違い、韓国で「コロッケ」といえば揚げパンのことなんです。
望遠市場では、なんとコロッケが1個破格の500ウォン!!

1番人気は「野菜コロッケ」なのですが、ちょっと冒険して「辛い野菜コロッケ」を食べてみました!
パンはモチモチ、中のあんはピリ辛で、味が濃すぎないので食べやすかったです♪
大きさも女性にはちょうどいいサイズでした!

◆トッポッキ&おでん&天ぷら

韓国のB級グルメといえば、コレを外すワケにはいきません!
食べ歩きというより、立ち食いグルメになりますね。

トッポッキのタレに天ぷらを付けて食べるのが韓国スタイル。

 

◆ホットク

これも韓国で1度は食べてみたいB級グルメです!
アツアツのホットクをハフハフしながら食べたい♪

テイクアウトにオススメの市場フード!

食べてみたいけど、さすがに歩きながら食べるのは難しい・・・というものもたくさんあります。
そんな時はテイクアウトしてみましょう!

たまにはホテルに持ち帰って食事というのもいいと思いませんか?
市場のテイクアウトは、1人旅の人にもおススメですよ!

 

◆タッカンジョン

望遠市場の「キュースタッカンジョン」では、ピリ辛味やチーズマスタード味などいろんな味が選べるので、辛いものが苦手な人にもオススメです。

骨なしの柔らかいお肉とソースが絶妙なバランスで、トック(お餅)が入っているのも嬉しい♪
1番小さいサイズの箱で、ちょうど1人前くらいの量になります。

食べ歩き用のカップ入りタッカンジョンもありますよ!

1つの箱に2種類の味を入れるのも可能なんです!
上の写真は、左がピリ辛で右は甘いタッカンジョンです。色の違いがわかるかな?!

◆チョッパル(豚足)

食堂でチョッパルを食べる場合、ほとんどのお店で2人分以上からの注文になってしまいますが、市場ではお手頃なミニサイズから売っているので、1人で食べたい時にも大助かりです。

やわらかく、ツルンとした食感のチョッパルは、コラーゲンもたっぷり♪
美味しいのに美容と健康にもいいんです!

 

◆お餅

韓国のお餅は具だくさんで本当に美味しいですよね?
望遠市場とワールドカップ市場にもお餅屋さんが何件かありますので、その中から気に入ったお餅を探してみて下さいね!

種類あり過ぎで迷っちゃう(笑)

ちょうどお餅屋さんが取材を受けていました!

◆お惣菜

市場のお惣菜屋さんは、韓国の家庭の味を1度にたくさん味わえるとても便利なお店です。
百聞は一見に如かず、気になるおかずがあったら、まずは食べてみましょう!

 

市場を楽しんだ後は散策しながら合井駅まで♪

ちょっとレトロで懐かしい感じがする市場周辺ですが、市場の西側にはおしゃれなカフェが集まる「望理団通り」というエリアもあり、最近若い女子たちの注目を集めています。

でも今日は望理団通りの方ではなく、市場から合井(ハプチョン)駅の方へ歩いて行ってみたいと思います。
最近、次々とカフェや食堂がオープンしていて、今後が楽しみなスポットです。

◆カフェZAPANGI(ジャパンギ)

お店の入り口が自動販売機になっているカフェZAPANGI。
望遠市場から歩いてすぐの場所にあるこのカフェは、インスタ映えする写真が撮れると大人気!もはや観光スポットになってしまったといっても過言ではありません。

 

◆ベーカリーnamu(ナム)

美味しいパンが食べれると、地元の人たちに人評判のベーカリー。
テレビでも紹介された人気店です。

 

 

◆望遠洞ティラミス 本店

今では弘大や益善洞など、数か所の支店を構える望遠洞ティラミスですが、もともとはこの場所から始まりました。
歩きながらも食べれる、カップ入りのティラミスという発想が面白いですね!

まとめ

地元住民の生活に密着している望遠洞の市場は、とても活気にあふれ、見ているだけでパワーをもらえたような気がしました。
そして何といっても品物が安い!!こんな市場が町内にあったら、毎日通っちゃいそうです!
あ、だからこの市場は人が多いんですね(笑)。

美味しいB級グルメも満載なので、近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみて下さいね!
でも、食べ過ぎには注意ですよ~!

関連記事

  1. アナタのまだ知らない韓国をご紹介!地方旅行記【蔚山~外島編】…

  2. 【韓国・博物館探訪その①】仁川にある「水道局山タルトンネ博物…

  3. 【韓国・博物館探訪その③】仁川・チャイナタウン「ジャージャー…

  4. 【2019年最新】ソウルの超人気スポット・益善洞(イクソンド…

  5. 【韓国・博物館探訪その②】ソウル・光化門「警察博物館」

  6. ソウルから電車で1時間!「雪の華マウル」で再ブレイク中の仁川…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。