韓国語の先生はソンセンニㇺ?韓国の変化する先生事情をご紹介!

韓国語の先生はソンセンニㇺ?韓国の変化する先生事情をご紹介!

韓国ドラマのおもしろさを「1%の奇跡」に教えてもらったという韓流ドラマペンもいるのではないでしょうか。これまでの韓国ドラマにはなかったコメディー要素満載のストーリーが、日本人にもマッチしたことが理由だといえます。
そんな「1%の奇跡」の主人公「タダ」は平凡な中学校の先生。韓国の先生という存在が身近に感じられたのではないでしょうか。

ドラマが放送されたのは2003年のこと。あれから15年……韓国の先生を取り巻く環境も変化しています。ドラマでは「선생님(ソンセンニㇺ)」と敬われていましたが、最近では선생님(ソンセンニㇺ)という言い方もされなくなってきているといいます。韓国語のテキストでも「선생님(ソンセンニㇺ)=先生」とあるだけに、日本人学習者にとっては寝耳に水といったところ。韓国の先生と生徒たちに、いったい何が起こっているのでしょうか。

韓国語の先生はソンセンニム?韓国の変化する先生事情をご紹介!

そこで今回は、韓国の先生事情についてご紹介します。

韓国語で先生は「ソンセンニㇺ」じゃなくなっている?

韓国語の先生はソンセンニム?韓国の変化する先生事情をご紹介!

韓国ドラマで先生は선생님(ソンセンニㇺ)といわれていました。先生が主役のドラマ、高校生が中心の学園ドラマ、ホームドラマを賑やかにする小学生のこどもたち。先生のことを선생님(ソンセンニㇺ)といっていた……はずです。ですが、最新の韓国ドラマではそうでもないということがみえてきます。最近のこどもたちは、先生のことを선생님(ソンセンニㇺ)といわないことがあるのです。

それが쌤(ッセㇺ)という言い方です。선생님(ソンセンニㇺ)よりも親しみが感じられます。
もともと、先生に面と向かっていうものではなかったといいます。それがここ数年のうちに、親しみある先生という言い方になったのです。人気の先生の誕生日ともなると、生徒たちが「쌤 생일 축하합니다(ッセㇺ センイㇽ チュカハㇺニダ)」と誕生日のお祝いをするほどです。

先生のことを敬っていないわけではありません。むしろ敬う気持ちもひとしおということもあるでしょう。最近の先生たちも、そんな生徒たちの気持ちがわかっているからか、선생님(ソンセンニㇺ)といわなくても、特に指摘することはありません。ですが、年配の人たちにとっては、なかなか馴染めないようです。

韓国語でソンセンニㇺに感謝!先生の日って?

韓国語の先生はソンセンニム?韓国の変化する先生事情をご紹介!

韓国には先生に感謝をする「先生の日」があります。韓国語では스승의 날(ススンエナㇽ)といいます。日本語に直訳すると師匠の日という意味です。かれこれ60年ほど前から、セジョン大王の誕生日である5月15日に、日頃からお世話になっている先生、またはこれまでにお世話になった恩師に感謝をする日とされてきました。おとなになった韓国人たちも、스승의 날(ススンエナㇽ)に造花と感謝の手紙やメッセージを渡した記憶があるようです。

ですが、教育熱の高まりとともに、この感謝のプレゼントが賄賂になってしまったことが社会問題になりました。韓国の法律によって厳しく制限されたため、賄賂問題には終止符が打たれたことになります。かつては当たり前だった造花や手紙でさえ渡せなくなったので、保護者たちの動揺も相当なものだったとか。

あるべき先生の日を取り戻そうと、学校によっては、先生のために歌ったり、先生を拍手で出迎えたりして、プレゼントとは別の手段によって感謝の気持ちを伝えています。
ちなみに、日にちは違いますが、韓国のお隣である中国にも先生の日である教师节(ジャオシージエ)があります。しかし、やはりというべきなのでしょうか、韓国のように賄賂問題となってプレゼントが制限されるようになりました。

韓国語で先生は教師・教授・医者で違う

韓国語の先生はソンセンニム?韓国の変化する先生事情をご紹介!

日本語では小・中学校、高校教師のことを先生といいます。教授のことも先生、医者のことも先生といいます。ですが韓国では教授のことを선생님(ソンセンニㇺ)といったりすることはありません

大学・大学院の教授のことは교수님(キョスニㇺ/教授様)といいます。医者のことは의사 선생님(ウィサソンセンニㇺ/医者先生様)もしくは선생님(ソンセンニㇺ/先生)といいます。

また、特に先生と呼ばれる仕事に携わってなくても初対面で相手に対して丁寧に言いたい時も선생님(ソンセンニㇺ)といいます。

まとめ

韓国の선생님(ソンセンニㇺ)たちを取り巻く状況は変化しています。선생님(ソンセンニㇺ)が쌤(ッセム)といわれたり、先生の日(스승의 날/ススンエナㇽ)に先生へプレゼントができなくなったりしています。また、日本語では先生という職種であっても、韓国では先生といわれることはないということもあります。韓国人が日本での先生事情を知って驚くこともたくさんあるそう。

韓国語の선생님(ソンセンニㇺ)という言い方から、韓国語や韓国社会、韓国文化に興味・関心を持ったかもしれません。

K Village 韓国語では、ネイティブスピーカーの講師が、初心者でも韓国語がわかるようにしっかりとレッスンしてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語のおもしろさに触れてみましょう。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP