韓国語の助詞「で」を使いこなそう!韓国語「で」を初心者にもわかりやすくご紹介!

韓国語の助詞「で」を使いこなそう!韓国語「で」を初心者にもわかりやすくご紹介!

韓国語には助詞があります。ですが、英会話の経験から外国語の助詞は日本語とは似ても似つかないことを知っているはずです。きっと、韓国語の助詞をマスターするのは大変なんだろうと身構えてしまっているかもしれません。

日本語の~でにあたる助詞がわからないと、韓国人に手段を説明したり、待ち合わせ場所を決めたりすることができないので、韓国人とコミュニケーションをとるときに困ってしまうことも。韓国語の~でという助詞だけでも知っておきたいという日本人もいるのではないでしょうか。

韓国語の助詞・「で」を使いこなそう!初心者にもわかりやすくご紹介!

そこで今回は、韓国語の助詞「で」についてご紹介します。

この記事の目次

韓国語の助詞の特徴とは?

韓国語の助詞・「で」を使いこなそう!初心者にもわかりやすくご紹介!

韓国語の助詞は比較的、日本語とよく似ています。いわゆる「てにをは」の感覚です。英語のように主語・目的語に格助詞が含まれている、こんなややこしいことはありません。日本人だからこそすんなり飲み込むことができます。

実際に韓国語の助詞がどのようなものか、例文からみていきましょう。

나는 회사원이에요 (ナヌン フェサウォニエヨ)
私は会社員です。

韓国語の私である나(ナ)に、助詞の는(ヌン)が接続しています。さらに会社員の회사원(フェサウォン)に~ですという語尾の~이에요(イエヨ)がつながります。日本語と比較しても変わりがありません。英語だと「I am a company employee」、中国語だと「我是公司員工」というように、日本語や韓国語のような「てにをは」ではないことがわかります。

しかし、すべてが日本語と一緒というわけではありません。例として~のという助詞である의(エ)をあげてみます。

나의 자전거(ナエ チャジョンゴ/私の自転車)という日本語の翻訳のように、誰かが何かを所有しているときには、日本語と同じような表現がされます。ですが、日本語における所有ではない~のは、韓国語では省かれてしまいます。韓国の音楽というとき、韓国語では한국음악(ハングクウマク)となるのです。한국의 음악(ハングゲウマク)にはなりません。

このように、韓国語にしかない特徴があるので、日本語母語話者は日本語の使用方法と混同しないように意識する必要があります。

韓国語の助詞・「で」 【手段】

韓国語の助詞・「で」を使いこなそう!初心者にもわかりやすくご紹介!

韓国語の助詞で手段について表現するときは、로/으로(ロ/ウロ)といいます。日本語だと「韓国語で会話をする」「インターネットで購入します」といった、~でという助詞にあてはまるものです。

気を付けなければならないのは、ハングルにしたとき、パッチムがあるのか、ないのかによって助詞が変わるということ。パッチムがあるときは로(ロ)、パッチムがないときは으로(ウロ)が接続します。

パッチムなし

한국어로 대화합니다 (ハングゴロ テファハムニダ/韓国語で会話します)

パッチムあり

인터넷으로 삽니다(イントネツロ サムニダ/インターネットで購入します)

どのような手段でおこなうのか説明するのは、パッチムがあるのかないのかだけ気を付ければ、それほど難しいものではありません。日本語母語話者ならすぐに理解できるでしょう。

韓国語の助詞・「で」 【場所】

韓国語の助詞・「で」を使いこなそう!初心者にもわかりやすくご紹介!

韓国語で「どこどこで……」と場所について表現するときには、에서(エソ)という助詞が使用されます。手段を意味する로/으로(ロ/ウロ)とは区別されているのです。日本人にとっては混同しやすいので注意が必要です。에서(エソ)はパッチムの有無によって使い分けることはありません。パッチムがあってもなくても、에서(エソ)が接続します。

오사카에서 기다리고 있어요(オサカエソ キダリゴイッソヨ/大阪で待っています)、신오쿠보에서 치즈닭갈비를 먹고 싶어요(シノクボエソ チズダッカルビルル モッコシポヨ/新大久保でチーズダッカルビを食べたいです)、도쿄에서 쇼핑해요(トキョエソ ショピンヘヨ/東京でショッピングします)というようにいいます。

この에서(エソ)は場所を意味する~でばかりでなく、~からという意味でも使用されます。신주쿠에서 신오쿠보까지(シンジュクエソ シノクボカジ/新宿から新大久保まで)という言い方もできるので、覚えておくと便利でしょう。

まとめ

韓国語で~でというとき、手段については로/으로(ロ/ウロ)、場所については에서(エソ)という助詞で表現されます。로/으로(ロ/ウロ)はパッチムがないときは로(ロ)、パッチムがあるときは으로(ウロ)というので、間違わないように気を付けましょう。에서(エソ)はパッチムがあってもなくてもそのまま接続できます。

韓国語できちんと手段を説明できたり、しっかり待ち合わせ場所を確認することができたりすると、韓国人とのコミュニケーションがスムーズになります。韓国人と会話する機会も増えるでしょう。韓国語の助詞を駆使して会話の幅を広げていくためには、韓国語のスキルが必要になってきます。

K Village 韓国語は、韓国人の先生が韓国語の助詞から初歩的な文法まで、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の助詞を使いこなす一歩を踏み出しましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員ネイティブ。受付スタッフは韓国語も堪能な日本人。
まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

9,000人が通う日本最大の韓国語教室、K Village 韓国語。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に11校

まずは韓国語レッスンを無料体験してみませんか?

韓国語教室 「K Village 韓国語」は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP