韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

韓国語を日本語訳するとき、機械翻訳ではなんだか違和感があるし、辞書・辞典で検索して日本語に置き換えても違和感があるし……どうしてもうまくいかないということがあるかもしれません。

どうしてこんな違和感があるのか、それがわからないのが悩みではないでしょうか。

韓国語を日本語訳する目的も様々であるはずです。

プライベートでハングルのコメントを日本語にしたり、仕事で韓国語のメールを日本語にしたりしないといけないこともあるでしょう。

社内で閲覧するものなら、できるだけ違和感のない日本語にしたいものです。

そこで今回は、韓国語を日本語訳注意点について、わかりやすくご紹介していきます。

韓国語は機械翻訳が難しいってほんと?

韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

韓国語は機械翻訳の難易度が高い。一時期、韓国国内でも話題になりました。

韓国語ではある状況について説明するだけでも、様々な言い方ができます。

語尾ひとつとっても、やたら丁寧になったり、フランクな敬語になったり、パンマル(タメ口)になったり。

話し言葉・書き言葉によって助詞が変化したり、そもそも助詞をはぶいたりしてしまうこともあります。複雑な韓国語の構造は、比較的シンプルな英語にするには難しいというのです。

韓国人が英語の機械翻訳を利用すると、だいたいが「おかしな韓国語だ」とあきれてしまいます。

ですが、この感覚は日本人にもあるはずです。日本語を英語にしたとき、ポエムのような表現に笑ってしまった経験もあるのではないでしょうか。韓国語との共通点があげられる日本語も、英語には翻訳しにくい言語といえるでしょう。

では、韓国語と日本語を翻訳したらどうでしょうか。

韓国人からしても、日本語からしても、意味がわからないという翻訳にはなりません。

ところどころ違和感のある表現になったとしても、機械翻訳で意思疎通が可能でしょう。機械翻訳は、類似性のある言語ほど正確に翻訳することができます。

英語だったら、共通する語順・言葉を持っているフランス語・ドイツ語・オランダ語などは高精度の機械翻訳ができるといいます。

そのため、韓国国内で話題となった、韓国語は機械翻訳の難易度が高いというのは、英語翻訳に限ったことだといえるのです。

日本語を機械翻訳することは、むしろ韓国語にとってはたやすいことでしょう。

韓国語の日本語訳は体言・用言がポイント

韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

韓国語を機械翻訳したとき、意味はわかるけど違和感がある表現になるのは、日本語と韓国語に微妙な表現方法のズレがあるからです。

しかし、日本語と韓国語が似ているからこそ、そのズレがはっきりとわかりません。

韓国語と日本語の表現には、体言・用言、どちらに重点を置くかという違いが存在します。

中学の国語や高校の現代文でインプットした品詞も、すでに忘れてしまっているかもしれません。

まず、体言とは~がをつけて主語になる自立語で活用はありません。ざっくりいうと名詞です。

用言とは自立語で活用があります。単独で述語として機能できるのが特徴です動詞・形容詞・形容動詞があげられます。

日本語でも韓国語でも、国語的な品詞の区分には違いがありますが、体言・用言・名詞といった概念は共通しています。

【日本語】大阪はいい天気です。
【韓国語】오사카는날씨가좋아요 (オサカヌン ナルシガチョアヨ/大阪は天気がいいです)

日本語は「いい天気です」というように体言、韓国語は「天気がいいです」というように用言に重点が置かれています。

ちょっとした言い回しですが、韓国語らしく用言に重点を置いてみると、ネイティブのような日本語訳になるでしょう。

韓国語おすすめ記事ハングルの読み取り翻訳アプリ徹底解剖!シチュエーション別ハングル翻訳アプリの便利な使い方のご紹介

韓国語の日本語訳は湾曲表現NG

韓国語を日本語訳する注意点!似ているから気を付けたい日韓翻訳をご紹介

精神文化も関係してくることですが、日本語では湾曲的な表現をするのに対し、韓国語では直接的な表現をするという特徴があります。

日本人は「奥歯にものが挟まった物言い」、韓国人は「歯に衣着せぬ物言い」といったところ。韓国語を直接日本語訳すると、ズケズケとした物言いになってしまうことがあります。

【韓国語】그발음은틀려요.다시한번말해주세요.(クパルムン トゥリョヨ タシ ハンボンマンヘジュセヨ/その発音は間違っています。もう一度言ってみてください)

【日本語】その発音はちょっと違っています。もう一度、言ってみましょう。

韓国語のレッスンで、はっきり間違っていますといわれると日本人は傷ついてしまいそうですが、韓国人は相手を傷つけているつもりもありませんし、それで傷つく韓国人もいません。はっきりとした物言いが当然なのです。

日本語訳するときはどうすると違和感のない表現ができるのでしょうか。

最初に韓国語を日本語に直訳してしまうのがおすすめです。日本語にしたうえで、ワンクッション挟んだ言い方にしてみましょう。「ちょっと~」「~思います」というだけでも印象が違ってきます。

まとめ

韓国語を日本語訳することは、比較的機械でも容易ですが、違和感が文章になることは否めません。

自然な翻訳は人間によって実現するといえるでしょう。ですが、韓国語スキルによっては、そのまま日本語にするだけでも精一杯かもしれません。ちょっとしたポイントを意識するだけで、日本語訳スキルが向上します。

気を付けたいのは、日本語は体言、韓国語は用言に重点が置かれるということ、日本語は湾曲表現、韓国語は直接表現をする傾向にあるということです。

直訳してからこの2点を見直すだけでも、翻訳の完成度が違ってくるはずです。

日本人でも直訳による違和感の正体はなかなか見抜けないものです。日本語と韓国語が似すぎているから、つい見落としてしまいます。

K Village 韓国語では、韓国語も日本語も堪能な先生が、韓国語と日本語の微妙な違いまで、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

まずは体験レッスンで、韓国語の日本翻訳への一歩を踏み出しましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP