韓国語教室 K Villageのブログ 韓国語コラム

韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!使い分けや意味の違いは?

韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!使い分けや意味の違いは?

韓国語の助詞「が」は「가/이」と習いました。基本的に韓国語の助詞も日本語と同じように使えるものがほとんどなのですがやはりちょっと違うところがあります。その代表例が「が」ですよね。

日本語で当たり前のように使う「が」なのに、同じ文法のはずなのに韓国語で微妙に違うケースがあるので、かえって混乱してしまいます。

この韓国語の助詞の「が」、日本語と使い方が違うパターンをしっかりチェックしてマスターしましょう。

この記事の目次
・韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!
・まずは基本の韓国語の助詞「が」の使い方
・韓国語でも「は」と「が」で意味が変わる
・日本語では「は」なのに韓国語で「が」になるケース
・韓国語の助詞「が」迷ったら使わないのもアリ?
・韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!まとめ

韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!

韓国語でも日本語と同じように助詞を使いますよね。「てにをは」と呼ばれるあの助詞です。

基本の助詞と言えば「は」と「が」と「を」です。韓国語では「~は」は「는/은」で、「~が」は「가/이」、「~を」は「를/을」と習いました。

英語には助詞がなく、外国の人が日本語や韓国語の助詞を理解するのは難しいそうですが、日本人が韓国語を学ぶには同じ文法なので簡単なはずです。しかし、「が」の助詞はちょっと違います。

日本語と同じ感覚で使えないケースが韓国語にあるからです。似ているだけにややこしい韓国語の「が」を見ていきましょう。

まずは基本の韓国語の助詞「が」の使い方

韓国語と日本語で違うパターンを見る前にまずは基本の助詞「が」の使い方からおさらいです。

韓国語で助詞「が」は「가/이」です。パッチムがない言葉の後には「가(ガ)」、パッチムがある言葉の後には「이(イ)」が来ます。「이(イ)」の場合は前の言葉のパッチムが連音化(リエゾン)しますので、発音には注意が必要です。

しかし、文章を作るのはそれほど難しくないですよね。

お腹がすきました。
배가 고파요.(ペガ コッパヨ)

キムチが食べたいです。
김치가 먹고 싶어요.(キムチガ モッコ シッポヨ)

ビビンバが有名です。
비빔밥이 유명합니다.(ビビムパビ ユミョンハムニダ)

お金がない。
돈이 없다.(トニ オプタ)

単語さえ知っていれば韓国語の助詞「が」にあたる「가/이」はパッチムの有無を見分けることさえしっかり理解していれば大丈夫ですよね。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINE@追加

韓国語でも「は」と「が」で意味が変わる

次に、韓国語と日本語で助詞の「が」の使い方が違うパターンの前に、両方とも使えるパターンもあって、微妙に意味が変わることも確認しておきましょう。

私がやりました。
내가 했습니다.(ネガ ヘッスムニダ)
私はやりました。
나는 했습니다.(ナヌン ヘッスムニダ)

ご飯が美味しいです。
밥이 맛있습니다.(パビ マシッスムニダ)
ご飯は美味しいです。
밥은 맛있습니다.(パブン マシッスムニダ)

「私がやりました」の方は誰がやったかをはっきり強調するニュアンスですし、「私はやりました」は他の人はともかく「私は、私だけは」ということを強調する意味になります。

「ご飯が美味しいです」はご飯のおいしさをあえて強調している意味になりますし、「ご飯は美味しいです」は何か他のものは美味しくないという意図を感じますね。

韓国語に訳した場合でもその意味やニュアンスは全く同じです。

日本語では「は」なのに韓国語で「が」になるケース

それでは、日本語では「は」の助詞なのに韓国語では「が」になるケースを見ていきましょう。一番多いのは人の名前や場所・地名に関する文章でしょう。

はじめまして。名前は何ですか?
私の名前はハナコです。よろしくお願いします。

처음 뵙겠습니다. 이름이 무엇입니까?
(チョウム ペッケッスムニダ。イルミ ムオシムニカ?)
내 이름은 하나코입니다. 잘 부탁해요.
(ネ イルムン ハナコイムニダ。チャル プッタッケヨ)

日本語では「名前は何ですか?」と助詞は「は」なのに、韓国語の場合は「이름이 무엇입니까?」と助詞が「が」にあたる「이」を使います。韓国語の助詞の通りに訳すと「名前が何ですか?」となり、日本語としては不自然ですよね。しかし、韓国語の場合はこう言いますよね。

そして返事で名前を応える場合は、「私の名前はハナコです。」は「내 이름은 하나코입니다.」となり助詞はどちらも「は」となります。

これは韓国語では疑問文・質問などで、初めて話題に上がった対象に「が」にあたる「가/이」を使うというルールがあるからです。もっと例文を見てみましょう。

あの人は誰なのかな?
저 사람이 누구일까?(チョ サラミ ヌグイルカ?)
太郎の妹だよ。
타로의 여동생이야(タロエ ヨドンセンイヤ)

それは何ですか?
그것이 뭐에요?(クゴシ モエヨ?)
先生のカバンです。
선생님의 가방입니다.(ソンセンミメ カバンイムニダ)

この二つの例文の一つ目は韓国語の助詞の通りに訳すと「あの人が誰なのかな?」「それが何ですか?」となり、やっぱり日本語としては違和感を感じるかもしれません。しかし、意味は解りますよね。そして、一番最初に上がる話題、「誰?」「何?」ということを強調しているように感じると思います。新しい情報・話題・対象を際立たせているんですね。この韓国語で日本語と違う助詞の「が」にはそういう役割があります。

そして、最初にだけ強調の目的で「が」を使うので、次の返事には「は」にあたる「는/은」を使うのです。

もちろん返事にも「が」を使うこともありますが、そうするとまた文章のニュアンスが変わってきます。

あの人は誰なのかな?
저 사람이 누구일까?(チョ サラミ ヌグイルカ?)
あの人が太郎の妹だよ。
저 사람이 타로의 여동생이야(チョ サラミ タロエ ヨドンセンイヤ)

返事も「が」の助詞を使うと、元々太郎の妹が会話をしている二人の間で話題に出ていたことが伺えますね。それを特定する文章になっています。

このように助詞はたった一文字で、文章のニュアンスが大きく変わるとても大切な役割を持っています。だからこそ難しいのですが、日本語でも同じなので、感覚はつかめるのではないでしょうか。

助詞がある文章では韓国語の単語のまま一つずつを機械的に訳すのではなく、全体を見て日本語として自然な形にすることを意識しましょう。

韓国語の助詞「が」迷ったら使わないのもアリ?

ここで、一つ助詞に関しての裏ワザをご紹介します。「が」なのか「は」なのか悩ましい場合、会話においては思い切って省くのもアリです。なぜなら、意味は通じるからです。

先ほどの例文で助詞を省いてみましょう。

あの人誰なのかな?
저 사람이 누구일까?(チョ サラム ヌグイルカ?)
太郎の妹だよ。
타로의 여동생이야(タロエ ヨドンセンイヤ)

日本語でも韓国語でも十分意味は通じますよね。もちろん正しい文章とは言えませんが、韓国人も日常会話において助詞を省いて会話をすることはよくあります。日本語でもありますよね。

「おなかがすいた」「おなかすいた」どちらもよく使います。慣れるまではこのように少しくらい楽をしてもいいかもしれませんね。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターン!まとめ

韓国語と日本語で助詞「が」の使い方が違うパターンについて見てきました。

疑問文や質問で、新しい話題・情報・対象を話すときには、日本語では「は」になるような文章でも韓国語では「が」を使うということがわかりました。韓国語も日本語も助詞1つで文章の意味が変化し、微妙なニュアンスの違いを産むのは面白いですね。


【PR】K Village TokyoK Village Tokyoは日本最大級の韓国語教室。まずは無料体験レッスンでおまちしております!

LINE@追加

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に9校

まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪校 なんば校
福岡校

無料体験申し込み 申込アイコン

韓国語学校 K Village ブログ関連記事

  1. 韓国在住の韓国人が日本で働くには?仕事の探し方や生活の様子を…

  2. 韓国語を覚えてもっと好きになろう!知っておきたい4つの法則!…

  3. 韓国語と朝鮮語の違いは?ハングル語って?韓国語の呼称の違いま…

  4. 韓国語で「も」は何て言う?「AもBも」の「も」や「何度も」の…

  5. ハングルのリスニング上達への道!おすすめの方法は映画やラジオ…

  6. すぐに使える韓国語!素敵な彼氏をベタ褒めしちゃおう♡

1レッスン500円からの韓国語教室
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。