韓国語はザ行の音がない?日本人⇔韓国人がそれぞれ苦労する発音について

韓国語はザ行の音がない?日本人⇔韓国人がそれぞれ苦労する発音について

韓国語では、日本語の「ザ行」にあたる音がないということを聞いたことはありますか?

ザ行とは「ざじずぜぞ」のことです。日本人は特に意識することなく、普段から使っている音ですが韓国語にはない音と言うのはどういうことなのでしょうか。韓国語にない音だということで、日本語を学んでいる韓国人にとってはザ行の発音はとても難しいものだということなのですが、気になりますね。

ザ行以外にも韓国語にない音で韓国人が苦手な音があるのでしょうか。また、その逆として日本語にない音が韓国語に使われていて日本人が苦労する音と言うのもあるのでしょうか。

今回は韓国語にはザ行の音がないと言われていることについて調べて見たいと思います。

この記事の目次
・韓国語はザ行の音がない?
・韓国語でザ行はジャ行になる?
・韓国語で書けない・韓国人が苦労する日本語の音
・ザ行だけでなく「つ」も難しい音
・日本語で書けない・日本人が苦労する韓国語の音
・韓国語はザ行の音がない?まとめ

韓国語はザ行の音がない?

韓国語には日本語の「ザ行」(ざじずぜぞ)にあたる音がないという話を聞いたことはありますでしょうか。

韓国人の友達がいて日本語を勉強している人から良く話題になるというこの「ザ行」。韓国語にない音なので韓国人にとっては日本語のザ行はとても発音が難しいのだそうです。

逆に言うと、日本語を上手に話している人でも、時々ザ行の発音に違和感があって、「あ、もしかして韓国の方ですか?」なんて気づいたりするきっかけにもなったりすることがよくあります。

例えば「ありがとうございます」を「ありがとうごじゃいます」といったり、「全然大丈夫です」を「じぇんじぇんだいじょうぶです」のような音に聞こえる時です。

日本人でも英語を話すときに、「GOOD」を「グッド」、「START」を「スタート」のように最後の文字をしっかり発音してしまったりする独特の癖のようなものがありますが、韓国の人にとってのザ行はまさにそのような事例にあたるようなのです。

その理由は、韓国語には日本語のザ行にあたる音が存在しないからなのですが、詳しく見てみましょう。

韓国語でザ行はジャ行になる?

たいていの日本語は、韓国語の文字であるハングル文字で書くことが出来ます。

「あかさなた はやまらわ」の音を韓国語のハングルで書くと「아가사다나 하마야라와」となります。韓国語の勉強を始めたばかりの頃は、このようにハングルに読み仮名を振ることは多くの人がやっていることでしょう。

また逆に、日本語に韓国語で読み仮名を振るということもできますよね。「가나다라마바사아」は「カナタラマバサア」と書けます。

しかし、日本語と韓国語の間でどんな文字でもこのようにフリガナを振ることが出来るわけではありません。その中でも有名なのが日本語のザ行です。ザ行は「ざじずぜぞ」のことですが、この音を正確に韓国語で書くということはできないと言われています。

ザ行の「ざじずぜぞ」を韓国語で書くとすると最も音が近いのが「자지즈제조」となりますが、韓国語のまま発音するとなると「ジャジジュジェジョ」となってしまいますね。つまりザ行なのにジャ行になってしまうということです。

LINE@追加

韓国語で書けない・韓国人が苦労する日本語の音

他にザ行(ざじずぜぞ)にあたる音があればいいのですが、無いので仕方ありません。日本人の名前や地名などの固有名詞を韓国語で使う場合は、一番近いハングル文字を当てて使うことが一般的ですが、ザ行の言葉はちょっと不便というか、発音が正確ではなくなってしまうので苦労しますね。

例えば「カズヒロ」という名前の人は韓国語で書くと「가즈히로」となりそのまま韓国の人が読むと「カジュヒロ」と聞こえてしまうことでしょう。韓国人や日本人に限らず、世界中ほとんどの人が、外国語を勉強する時、このような母国語にない発音は、習得に苦労するものです。

自分で発音するものもですが、聞き分けも難しいです。また英語を例に出しますが、「右」を意味する「right」を「あかり」を意味する「light」。日本人には全く同じ音に聞こえるというのは、有名なエピソードです。英語が母国語の人からすればその差は明らかですが、日本人には聞き分けられないという人がほとんどです。

この違いを聞き分けられるようになるには、相当トレーニングを積まなくてはなりません。韓国語にとってのザ行がそれと同じような音にあたるというわけです。しかし、ザ行以外にもそういう音と言うのは以外にあるようです。

■関連韓国語記事
韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

ザ行だけでなく「つ」も難しい音

日本語のザ行は韓国語に相当する文字がない為、ジャ行になってしまうということをご紹介しましたが、それ以外にもあります。もう一つ有名なのが「つ」の音です。

「つ」の音が言えないという韓国人の人も結構たくさんいます。「ちゅ」に聞こえてしまうんですね。

「一つください」を「ひとちゅください」とこのように言ってしまいます。これも、ザ行と理由は同じで、韓国語に「つ」にあたる音がない為、一番近い「츠」を使うしかないのが原因です。

また、韓国語には英語で言う「F」の音がないということで、英語の発音で「F」が入るものが「P」になるというのも有名なエピソードです。

コーヒー:coffeeを韓国語で言うと「커피(コピ)」となるんです。アイフォン:iPhoneも「아이폰(アイポン)」と韓国では使います。なんだかおもしろいですね。

日本語で書けない・日本人が苦労する韓国語の音

こういうことは日本語側でももちろん起こります。聞き分けに苦労する韓国語の音で有名なのが「ン」の音です。韓国語では日本語の「ン」にあたる発音が3種類存在しています。パッチムで書き表します。

例えば「先生」という意味の「선생님」です。3文字ともパッチムがある言葉ですが早く発音すると「ソンセンニン」と聞こえる日本人がほとんどです。しかし、韓国語を見るとわかる通り、3つとも違う音と言うのが正しいはずです。

実際のところ、日本語でも「ん」と書いているけれども、言語学的には単語によって違う「ん」になっている日本語は多いそうですが、私たちは普段それを意識することはありません。例えば「カバン」「ハンカチ」などの「ン」ではどうですか?口に出してみると、カバンの方は、唇はくっつきませんが、ハンカチの方はくっつきますよね。

韓国語や英語ではこういう違いをしっかり文字として区別して使っているのです。日本語ではそうだはないため、苦労するんですね。先ほど紹介した英語の「right」と「light」と同じようなことです。

■関連韓国語記事
韓国語は独学でマスターすることができるのか!?勉強方法を解説

韓国語はザ行の音がない?まとめ

韓国語にはザ行の音がないということについて、その理由を調べて見ました。韓国語と日本語、そして英語を一緒に比較して調べて見てもたくさんそういう例はありますね。

外国語をマスターしようと勉強をする時に、こういう母国語にない発音と言うのはどんな人でもさいぎょは苦労するものです。しかし、練習すればマスターはできるもの。難しいといって落ち込まず、そういうものだから難しくて当然という思いで取り組んでいきましょう!そして、逆にそれくらいの発音の間違いくらいは、恥ずかしいと思わずに気にせずいっぱい積極的に話していく方が、上達するはずです。日本人としても、少しくらい発音がおかしくても一生懸命勉強して日本語を話している外国の人を見ると嬉しくなるものですよね。それを思い出して練習していきましょう。

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 韓国語の食材特集!豚肉・牛肉・魚。韓国料理がおいしくなる豚肉…

  2. ハングルの発音をマスターしたい!ハングルの発音記号と発音変化…

  3. 韓国語のいろんな色!韓国語で言いたい黒やピンクあの色この色を…

  4. ハングルの笑いについてを深堀り!笑い声をハングルで表現するに…

  5. 大好きな気持ちをもっと伝えたい!時に使える韓国語

  6. 韓国語単語の覚え方は初心者と中級者で違う?!

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。