韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

韓国ドラマのワンフレーズが日本語だと錯覚してしまう、空耳アワー……実は現実だったということも珍しくありません。

それくらい、韓国語と日本語には似ている語彙がたくさんあります。

韓国カルチャーに精通していると韓国語のなかに日本語をみつけることもあるはずです。韓国語と日本語って似ていておもしろい!と韓国語をはじめたというケースもあるかもしれません。

韓国語と日本語、似ているから混乱することもありますが、似ているからこそおもしろいもの。

日本語母語話者が韓国語にハマってしまう理由でもあります。韓国語と日本語には、どんな似ている語彙があるのでしょうか?

韓国語初心者が韓国語と日本語の似ている語彙を知ることで、さらに韓国語への興味を持てるようになるはずです。

そこで今回は、韓国語と日本語のおもしろいくらい似ている語彙を特集します。

そもそもどうして韓国語と日本語は似ているの?

韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

朝鮮半島と日本列島は陸続きになっていて、人々が自由に往来していた。

海峡に隔てられたときには、すでにひとつの言葉で会話ができるようになっていた。

韓国語と日本語はもともとひとつの言語であった。

……枚挙にいとまがありませんが、どれも根拠に欠けていると言わざるを得ません。

朝鮮半島にある資料がどれも中国大陸にならった漢文表記であるため、古代韓国語の全容が把握できないことも理由です。

ですが、火のないところに煙はたたないともいいます。

朝鮮半島も日本列島も漢字文化圏にあります。

それぞれ中国大陸の漢字に影響を受けています。

韓国語ではハングル表記がされますが、漢字語そのものは数えきれないほどあります。

日本語には漢字表記とあわせて漢字語が活用されています。

つまり、それぞれ中国の言語をベースにした漢字語があるため、似ている語彙があるのも当たり前なのです。

言語学では韓国語・日本語はアルタイ語族に分類されるともいわれています。

モンゴル語・トルコ語などが含まれる語族です。

相撲界で活躍するモンゴル出身の力士たちは、おどろくほど流暢な日本語をしゃべります。

モンゴル語話者にとって、日本語はとても似ていてしゃべりやすいというのです。

韓国語・日本語にもアルタイ語族の特徴がみられます。

ですが、アルタイ語族に分類するには、条件がそろっていないことも指摘されています。

現状では、日本語・韓国語の語族はわからないというのが一般的な見識です。

近代になって、朝鮮半島は日本の政治に影響されました。

漢字語の一部として日本語が取り入れられたこともあげられます。

朝鮮半島南端の釜山は日本列島と至近距離にあるため、日本語の影響を受けています。

釜山方言として日本語そのものが普及しています。

例えば、韓国語の共通語ではテレビのことを「티비(ティビ)」「텔레비전(テルレビジョン)」といいますが、釜山では「테레비(テレビ)」といいます。

日本列島と朝鮮半島は「隣国」です。

目と鼻の位置にあるため、古代から接点があったことは事実です。

韓国語と日本語がひとつの言語であったというのもありえるかもしれないと思えるほどに、韓国語と日本語は似ているということができます。

韓国語と日本語の似ている語彙① 発音も意味も一緒

韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

昔から漢字を多く使っている韓国と日本。

そのため、現在も韓国語と日本語には漢字語が多く、その発音もとても似ています。

ここでは、韓国語と日本語の似ている語彙をご紹介します。

まずは、その発音と意味が全く同じの単語から見ていきましょう。

1.鞄:가방(カバン)

日本語でも韓国語でも鞄は「カバン」

日本でもよくバッグと言いますが、韓国でも英語で「백(ペッㇰ)」という時も多いので両方覚えて置いたらいいですね。

2.簡単:간단(カンタン)

容易にできることを意味する簡単、韓国語でも「カンタン」といいます。

韓国語では語中の子音がにごるので、実際の発音は「カンタン」よりも「カンダン」に近いでしょう。韓国でも「簡単だよ」と言いたい時は「간단해(カンタネ)」とよく使います。

3.記憶:기억(キオㇰ)

韓国ドラマではお決まりともいえる「記憶喪失」。

日本でも高視聴率を獲得した「ファンタスティック・カップル」では、記憶喪失になったヒロインに「기억상실(キオㇰサンシㇽ/記憶喪失)」から「サンシㇽ」という名前がつけられました。

韓国語でも記憶のことを「キオㇰ」といいます。ただ左のカタカナ表記でも分かるように、韓国では最後の「ク」をほぼ聞こえないように発音するので気をつけましょう。

4.気分:기분(キブン)

気分がいい、気分がすぐれない、気分がのらない……この日本語の「気分」は韓国語でも「キブン」といいます。

「기분 좋아?(キブンジョア)=気分いい?」「 기분 어때?(キブンオッテ)=気分どう?」など日常でもよく使われるので、覚えておくといいでしょう。

5.山:산(サン)

「山」という漢字は日本でも「ヤマ」や「サン」で読まれますが、韓国でも「サン」といいます。

ヒョンビン主役のドラマ「내 이름은 김삼순(ネ イルムン キㇺサㇺスン)、私の名前はキム・サムスン」でも有名な登山シーンがありましたが、ご存じですか。済州島の真ん中にある「漢拏山(ハンラサン)」を登るシーンがとても印象的でそれを見た多くの人が漢拏山(ハンラサン)まで足を運んだと。

韓国にはあちこち山が多くて趣味が登山の人も多いらしいです。

6.準備:준비(ジュンビ)

韓国語でも準備は「ジュンビ」で同じ発音になり、意味も同じです。

よくお店の前に「준비중(ジュンビジュン)」と書いてありますが、「準備中」の意味です。なので食事するなら少し時間をずらして行ったほうがいいですね。

7.炭酸:탄산(タンサン)

最近は水より炭酸水を飲む人も多いでしょう。韓国でも特に若い女性たちを中心に人気なんですが、韓国語でも同じ発音で「タンサン」と言います。

因みに炭酸水は「タンサンス」と言います。

8.茶:차(チャ)

日本人なら毎日のように飲んでいるお茶。韓国語でも「チャ」と言います。

韓国ではとうもろこしひげ茶の「옥수수수염차(オㇰスススヨㇺチャ)」が有名ですね。また日本と同じく麦茶もよく飲んでいるようです。

ただ、韓国語で「차(チャ)」というと「車」という意味もあるので、会話の流れでその意味を把握する必要があります。

9.無理:무리(ムリ)

日本では何か自信がない時によく無理無理と言いますね。韓国でも発音は一緒で「ムリ」なんですが、この単語に関しては少し注意が必要です。

「あまり無理しないで」=「너무 무리하지 마(ノム ムリハジマ)」のように「無理をする」という意味で使う場合は日本語も韓国語もほぼ同じです。

ですが、日本では気軽に「それは無理」とか「無理無理!」のように無理を繰り返して使う時もあるんですね。この場合韓国で同じく「무리」を使うとニュアンスが違ってきます。韓国では完全に不可能だと言い切るようなニュアンスになるので、日本語と同じ感覚で使わないように気をつけてください。

例えば、何か頼まれたことに対して「それは無理です」を直訳で「그건 무리예요(クゴン ムリエヨ)」というと韓国人にはとても冷たく感じられる表現でコす。代わりに「그건 좀 어려울 것 같아요…(クゴン チョㇺ オリョウㇽコッガタヨ)」=「それはちょっと難しいそうです」で言い回したほうがよりネイティブに近くなります。

10.約束:약속(ヤㇰソㇰ)

韓国語でも日本語でも約束は「ヤㇰソㇰ」です。意味も同じです。

日本語では「ヤ・ク・ソ・ク」とはっきりいいますが、韓国語では「ヤㇰ・ソㇰ」の「ク」をはっきりいいません。日本語の「ク」の音が韓国語ではパッチム「ㄱ」に当たるからです。

 

いかがでしょうか。日本語と全く同じ発音で意味も同じ韓国語!
実はこれ以外でもたくさんあります。これならすぐでもマスターできそうですね!

韓国語と日本語の似ている語彙② 発音だけ少し違う

韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

ここで紹介するのは、同じ漢字を使って意味も同じだけど発音だけが微妙に違う単語です。
では早速見ていきましょう。

1.計算:계산(ケサン)

日本語の計算は韓国で「ケサン」と言います。日本語よりは短く発音するので少し違いますね。

意味も同じで数学でいう計算なんですが、韓国では「お会計」の時にもよく使われます。

「お会計お願いします」とお店で言いたい時は「여기 계산해 주세요!(ヨギ ケサネジュセヨ)」と言います。韓国観光中でもぜひ使ってみたいフレーズですね。

2.新聞:신문(シンムン)

日本語の新聞は韓国語で言うと「シンムン」になります。発音が少し変わりますが、慣れたら何となく意味が分かってくると思います。

3.注意:주의(チュイ)

「注意」は先の計算と同じで日本語の発音より短くなる単語です。韓国語では「チュイ」と短く発音しますが意味は日本語と全く同じです。

次に続く単語も全て韓国語にすると発音が短くなる単語です。

4.到着:도착(ドチャッㇰ)

日本語の到着は韓国語で「ドチャッㇰ」になります。特に韓国語では最後にパッチム「ㄱ」がついているため発音する時は주의(チュイ)!「ク」の音が聞こえないように喉を締め付けて発音してください。

因みに到着の反対語で出発は「출발(チュㇽバㇽ)」と言います。合わせて覚えておくといいですね。

5.道路:도로(ドロ)

韓国語で道路は「ドロ」と言います。「ドウロ」が短くなって「泥」になってしまったんですが、韓国では「道路」を意味します。

因みに「高速道路」は韓国語で「고속도로(コソッㇰドロ)」と言います。漢字語なのでやはり発音が似てますね。

6.無料:무료(ムリョ)

無料も発音が若干短くなって「ムリョ」と言います。

韓国でも日常でよく使う単語なので覚えておくと便利ですね。

7.有料:유료(ユリョ)

有料は無料よりも発音が短くなるのでもっと주의(チュイ)!

韓国で有料なのか無料なのか気になるときは「무료예요?(ムリョエヨ)」もしくは「유료예요?(ユリョエヨ)」と聞いてみましょう。

8.料理:요리(ヨリ)

日本語の料理は韓国語にすると「ヨリ」ととても短くなります。

韓国料理が好きで韓国に興味を持ち始めた人も多いはず!韓国料理って真っ赤で辛いイメージがありますが実は辛い物ばかりではありません。甘くて赤くない食べ物もたくさんあるのでぜひ試してみてください!

【まとめ】韓国語と日本語の似ている語彙特集!おもしろいくらい似ている韓国語をご紹介!

韓国語と日本語は似ている言語です。古代から中国大陸と接触していたため、それぞれ大陸の言語に影響されています。

韓国語と日本語でみられる漢字語もそのひとつで中国語を表記するための漢字から、日本語・韓国語それぞれの発音に影響された語彙がたくさんあります。

韓国語の漢字語を応用して、語彙を増やすことができます。

どの韓国語の音声がどの漢字に対応しているのかわかれば、知らない語彙があっても組み合わせでわかることがあるのです。

日本語に置き換えることでインプットしやすいというメリットもあります。韓国語と日本語は知れば知るほど、似ているところがたくさんあります。

それは、漢字語だけではありません。韓国語・日本語文法表現が似ていることも指摘されています。

外国語を身に付けることは簡単なことではありませんが、韓国語であれば日本語との共通点をみつけながら勉強できるはずです。


この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP