韓国語に濁音の発音はない?濁音は例外?正しい発音のルールを覚えよう!

韓国語に濁音の発音はない?濁音は例外?正しい発音のルールを覚えよう!

「韓国語の発音に濁音がない」という話があるのですが、ご存知ですか?

濁音とは「濁る音」のこと。日本語で言うとひらがなカタカナで書いたときに「〃」がついている文字のことです。

でも、韓国語を少し勉強している人は、同じハングル文字でも濁った音になったり、ならなかったり発音が変わるものがあることを知っていますよね。

でも韓国語に濁音がないとはどういうことなのでしょうか。

また、どんな時に濁音に発音が変化するのでしょうか?

これを理解すると、より韓国語が自然に発音できるようになり、リーディングももっと楽にできるようになるはずです。

この濁音化について正しい発音のやり方、そしてルールを調べてみたいと思います。

韓国語には濁る音・濁音の発音がないって本当?

 

まずは「韓国語には濁音の発音がない」という話についてです。

正しい答えは「韓国語には濁音かそうでないかの区別がない」です。

良く知っている韓国語の単語で見てみましょう。

1:クッパッ=국밥

2:ハングッ=한국 (意味:韓国)

どちらの単語にも「국」というハングル文字がありますが、1の発音は「クッ」、2の発音は「グッ」となります。

2の発音は濁っている、つまり濁音になっています。

そうすると、韓国語に濁音が無いと言うのは間違いになりますが、実は韓国の人はこの違いを違いとして意識していません。

ただ単に、言いやすいように濁った音に変化させているだけという感覚なのです。

なので、基本的には韓国語の発音は濁らない、濁音がない。だけどある特定の状況では発音を楽に、やりやすいように変化させるだけなんです。

つまり濁音になるのは「例外」という事なのです。

詳しく見てみましょう。

韓国語で濁音化する例外の子音は4つ

例外的に濁音になるの子音は4つしかありません。

「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」

この4つの子音だけがあるルールで例外的に濁音に変化します。

濁音表で見てみましょう。

【k】カキャコキョコキョクキュクキ

【g】 ギャ ギョ ギョ ギュ

【t】 ティヤ ティヨ ティヨ トゥ ティユ トゥ ティ
【d】 ディヤ ディヨ ディヨ ドゥ ディユ ドゥ ディ

【p】 ピャ ピョ ピョ ピュ
【b】 ビャ ビョ ビョ ビュ

【ch】 チャ チャ チョ チョ チョ チョ チュ チュ チュ
【dʒ】 ヂャ ヂャ ヂョ ヂョ ヂョ ヂョ ヂュ ヂュ ヂュ

子音「ㄱ」の場合「가」は、「カ」が「ガ」となる

子音「ㄷ」の場合「다」は、「タ」が「ダ」となる

子音「ㅂ」の場合「바」は、「パ」が「バ」となる

子音「ㅈ」の場合「자」は、「チャ」が「ヂャ」となる

並べて確認してみると、分かりやすいですね。

では、次にどのような時に、濁音に変化するのかを見てみましょう。

韓国語で子音が濁音化するのは2パターン

 

韓国語で発音が濁音になるのは例外であると見てきましたが、そのパターンは2つだけです。

1:濁音に変化するのは母音の後に来る時

母音の後に来るというと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単です。

最初の文字でない時、つまり2文字目以降の時に濁音になるという事です。

一つ目の文字の子音と二つ目の子音が同じ単語で実際に見てみましょう。

1:さつまいも=고구마(コグマ)

2:再来週=다다음주(タダウムチュ)

3:夫婦=부부(プブ)

4:よく、しょっちゅう=자주(チャジュ)

고구마は、一文字目も二文字目も子音は「ㄱ」ですが、「コクマ」ではなく「コグマ」と発音します。

二つ目の「ㄱ」は濁音になっていますね。他の単語も同じです。

口に出してみても「コクマ」よりも「コグマ」と濁音にする方が発音しやすくなりますね。

一つ目の濁音化のルール、「母音の後に来る時」、最初の文字でない時をまずは覚えておきましょう。

2:濁音に変化するのはパッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」の後に来る時

二つ目のルールはパッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」の後に来る時です。

母音の後だけでなく、この4つのパッチムの後に来るときに濁音になります。

1:友達=친구(チング)

2:カルビ=갈비(カルビ)

3:風邪=감기(カムギ)

4:香り=향기(ヒャンギ)

こちらも実際に口に出して発音してみるとよくわかります。

감기を濁音化せずに「カムキ」というよりも「カムギ」と濁らせるほうが自然に発音が出来ますね。

一つ目に続いて、二つ目の濁音化のルール、パッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」の後にも濁音化するという事も覚えておきましょう。

そしてこの二つのルールは同時に怒ることもあります。

こちらも実際の単語で見てみましょう。

日本でも人気の韓国料理であるスンドゥブもハングルで書くと순두부となります。

これは純豆腐のという意味ですが、豆腐だけの時は「두부」と書き、発音は「トゥブ」となります。

でも「ㄴ」のパッチムの後は「ドゥ」となり、さらに「부」もその前がパッチムなしの母音で終わっているので「ブ」ます。

そう考えると二つのルールに気を付けて濁音化に注意しないといけないので、難しく感じるかもしれませんが、その必要はありません。

次は、濁音化のルールを身に付ける練習のポイントを見てみたいと思います。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語で「大丈夫ですか」は何て言う?答え方や一緒に覚えておきたいフレーズもチェック!

LINE@追加

韓国語の濁音練習ポイント

ここまで韓国語の濁音化のルールを見てきましたが、最後にそれをどのように身に付けていけばいいのか練習のポイントを見ていきたいと思います。

でも、ポイントと言っても難しくはありません。

まず、濁音化する文字はたったの4つだけ。「ㄱ」「ㄷ」「ㅂ」「ㅈ」でした。

そして、変化する時のルールは2つだけ。母音の後に来る時とパッチム「ㄴ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅇ」の後に来るだけです。

覚えるポイントとしては多くありません。

さらに、元々の今回のテーマは「韓国語に濁音の発音はない」という事。

それは「韓国語には濁音かそうでないかの区別がない」という事も思い出してください。

実際のところネイティブの韓国の人は、韓国語を話すときに濁音になるのか、そうでないのか全く意識していません。

楽に、自然に話すために勝手に濁っているだけなのです。

なので、濁音の練習ポイントとしては「実際に韓国語を口に出して読む」です。

途中でもたくさんの濁音に変化する単語を紹介してきましたが、口に出してみると濁る方が自然なはずです。

単語だけでなく文章もそうです。

ありがとうございます=감사합니다(カムサハムニダ)

良く知っているこのフレーズも「カムサハムニタ」と最後の音を濁らせずに言うのはなんだか変な感じがしますよね。

「カムサハムニダ」というのが自然です。

既に知っているフレーズだからそう感じると言うのもありますが、他の単語やフレーズも同じです。

それを実際に自分の声に出して読んでみることです。そうすると、細かいいくつかのルールを意識することなく濁音の発音を身に付けることが出来ます。

沢山の韓国語に触れれば触れるほど、勝手に身についてきますので、慣れてくると初めて見る単語であっても濁音化のルールを意識することなく発音できるようになるはずです。

まずはどんどん声に出して、またたくさん聞いて練習してみましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語に濁音の発音はない?濁音は例外?正しい発音のルールを覚えよう!まとめ

「韓国語には濁音の発音がない」でも、実際には同じ文字でも発音が濁るものがあるけどどういう事?

今回はそういったことを調べてきました。

濁音化には幾つかルールがあり、それを見てきましたが難しく感じることなく、どんどん韓国語を実際に自分の声に出してたくさん発音して、慣れていきましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP