韓国語の鼻音化とは?なぜ起こる?ルールや覚え方に代表的な単語をチェック!

韓国語の鼻音化とは?なぜ起こる?ルールや覚え方に代表的な単語をチェック!

韓国語の鼻音化という発音のルールを知っていますか?

「そもそも鼻音化とは?!」

「発音のルールなんて難しそう…」

そんな風に思うかもしれませんが、韓国語の場合はそんなに難しく考える必要はありません。

ここでは、鼻音化とはどんなものなのかを簡単に紹介し、韓国語の鼻音化のルールを覚える方法を見ていきたいと思います。

韓国語の発音ルール【鼻音化】とは?

 

まず、韓国語の発音のルール「鼻音化」についてです。

そもそも鼻音化の「鼻音」とは、読んで字のごとくなのですが、【鼻で出す音】のことです。

普通の言葉は口を開けて、のどや唇を使って出しますが、鼻音はその逆です。

口を閉じたまま、鼻から息を通して出す音のことです。

よく気分がいい時に鼻歌を歌ってしまいますが、あれも鼻音の一種です。

口を閉じたままでもしっかり音が出ますよね。

そして本題の「鼻音化」ですが、韓国語の場合、ある特定のハングル文字が、あるルールでこの「鼻音」に発音が変化するのです。

これを韓国語の発音のルール「鼻音化」と呼んでいます。

なぜ韓国語は鼻音化のルールがあるの?

 

なぜ韓国語にはこのような鼻音化のルールがあるのか。

それは簡単です。その方が「発音がしやすいから」

本来はハングル文字の通りに読むのが基本です。

韓国語に使われているハングル文字は、表音文字と言い、一文字につき、一つ発音があります。

それは日本語のひらがなやカタカナと同じです。

漢字は違いますよね。同じ字でも読み方が変化します。表意文字と言います。

でも韓国語の場合、そのハングル通りに読むと発音が難しい、不便、という事が合って、自然と発音しやすいように言葉が変化しました。

それが鼻音化のルールなんです。

要は、発音しにくいから楽にできるように変わっているという事なんです。

それを知っておくと、これから紹介する鼻音化のルールも怖くありません!

発音が簡単になるのですから、嬉しいルールですよね。

韓国語だけでなく日本語にも鼻音の発音があるって本当?

 

また、もう一つ鼻音化を身近に、簡単に感じるための情報として、日本語にも鼻音の発音があるという事をご紹介したいと思います。

な行、ま行は日本も鼻音なんです。

普通は口を開けて発音しますが、なぜこれが鼻音なのでしょうか?

確認のために鼻音の「なにぬねの」と鼻音でない「かきくけこ」を口に出していってみて下さい。

ポイントは自分の鼻のあたりに集中することです。

「なにぬねの」と発音する時はちょっと鼻の中が震えるというか、響く感じがありますよね。

それに比べて「かきくけこ」は鼻には空気は感じられないはず。

このように鼻音は、すでに日本語の中にもあり、私達もできる発音なんです。

なので、特別に「韓国語で鼻音化」と構える必要はありません。

先ほども紹介しましたが、発音しやすいように読み方を変えているだけなので難しく考えなくて大丈夫です。

それでは具体的にどんなルールでハングル文字が鼻音化するのか、その条件を紹介してきたいと思います。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語で「美容室」は何て言う?ヘアスタイルに関する単語や例文に韓国語でオーダーするフレーズもチェック!

LINE@追加

韓国語の鼻音化のルールと代表的な単語1【パッチム「ㄱ」が「ㅇ」へ】

 

まず一つ目の鼻音化のルールは、パッチム「ㄱ」が「ㅇ」へ変わることです。

代表的な単語は、한국말(ハングンマル)、韓国語という意味ですね。

국は最後の文字がパッチム「ㄱ」ですが、実際に発音する時は「ㅇ」に変化します。

発音通りにハングルを書くと「한궁말」となります。

パッチム「ㄱ」の通りに発音すると「ハングッマル」となり、とても言いにくくありませんか?

なので、韓国語の方も発音しやすく한국말(ハングンマル)と読むように変化しました。

他にも「작년(チャンニョン)」という単語があります。昨年、去年と言う意味ですが、ハングル通りに読むと「チャッニョン」となりとても言いにくいです。

実際に口に出してみて試してみるとよくわかります。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語の鼻音化のルールと代表的な単語2【パッチム「ㄷ」が「ㄴ」へ】

二つ目の鼻音化のルールはパッチム「ㄷ」が「ㄴ」へ変わることです。

代表的な単語は「받는다(パンヌンダ)」です。受けるという動詞です。

받は最後の文字がパッチム「ㄷ」ですが、実際に発音する時は「ㄴ」に変化します。

こちらもハングル文字通りに読むととても言いにくいですよね。

また、また、パッチム「ㄷ」の音は他にもたくさんあってこの鼻音化のルールのグループに入ります。

「ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ」が「ㄷ」と同じ発音をします。

몇명(ミョンミョン)=何人

옛날(イェンナル)=昔

色々ありますが、これもハングル文字通りに読んで、比べてみるとよくわかります。

韓国語の鼻音化のルールと代表的な単語3【パッチム「ㅂ」が「ㅁ」へ】

 

三つ目の鼻音化のルールはパッチム「ㅂ」が「ㅁ」へ変わることです。

代表的な単語は「〇〇입니다」「〇〇합니다」です。

감사합니다(カムサハムニダ)=ありがとうございます

일본 사람입니다(イルボンサラミイムニダ)=日本人です

このような最初に勉強する挨拶や「~です」「~ます」の言い方に出てくるので、無意識に知っていたという人も多いと思います。

他には「십년(シンニョン)」=十年というような単語でもこの鼻音化ルールは起こります。

韓国語の鼻音化のルールと代表的な単語4【頭文字「ㄹ」が「ㄴ」へ】

 

4つ目の鼻音化はパッチムではなく最初の子音になるのですが、頭文字「ㄹ」が「ㄴ」へ変わることです。

국립(クンニプ)=国立

これは一つ目に紹介した鼻音化のルールを混ざっていますが、発音通りにハングル文字を書くと「궁닙」となります。

他には「수업료(スオンニョ)」=授業料や、「대통령(テトンニョン)」=大統領などもあります。

韓国語の鼻音化をどうやって覚える?

 

韓国語の鼻音化のルールを4パターン紹介してきましたが、いかがでしょうか?

ただでさえ、パッチムのある単語は正確に覚えるのが大変なのに、その上発音まで変化する何で難しい…

そんな風に思う必要はありません。

これはハングル文字の子音や母音一つずつを覚えた時とは違って、単語全体、文章全体で実際に口に出してみて、練習すれば大丈夫、すぐに覚えることが出来ます。

なぜなら、鼻音化のルールは発音を便利に、楽にするために起こっているものだからというのは最初にご案内しましたよね。

むしろ文法的にルールを紹介しましたが、これを一つずつ暗記するのではなく、実際の単語をたくさん聞いて、自分で口に出してみることの方が大切です。

読み方が難しいな?なんだか自然に読むことが出来ないな?とひっかかる単語に出会ったら、「もしかして鼻音化なのかも」と思い出すくらいでも十分です。

沢山いろんな単語に触れて、鼻音化をマスターしていきましょう。

韓国語の鼻音化とは?なぜ起こる?まとめ

韓国語の鼻音化とは?ということで、鼻音とはいったい何なのか、それがなぜ韓国語に起こるのかなどを紹介してきました。

鼻音になる実際のルールもご紹介してきましたが、元々は発音を便利に、楽にするためのものなので難しく構えず、たくさんの韓国語を聞いて話して覚えていきましょう。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP