韓国語で「暴言」は何て言う?注意したいスラングやフレーズに暴言を注意する言い方もチェック

韓国語で「暴言」は何て言う?注意したいスラングやフレーズに暴言を注意する言い方もチェック

韓国語で「暴言」を何て言うか知っていますか?

一度、口から出た暴言はいくら後から謝っても取り消すことが出来ません。

悪口などの汚い言葉もそうですよね。

しかし、そういった言葉ほど気になりますし、一度耳にすると忘れないものです。

どういう言葉が暴言や悪口になるのかを知識として正しく知っておきましょう。

使ってはいけないけど知っておきたい韓国語の暴言

 

今回は、韓国語の暴言、悪口などの決してむやみに使ってはいけない言葉を調べてみたいと思います。

自分が使うことが無いにしても、映画やドラマなどでは耳にする機会もあります。

あまり想像したくはないですが、暴言や悪口を言われているような状況で理解ができていないとさらに状況がややこしくなることもあるでしょう。

人を傷つけるためではなく知識として、またいざという時に自分を守るために韓国語の暴言や悪口についてチェックしておきましょう。

暴言や悪口を韓国語で何て言う?

 

まず、単語から見ていきましょう。

暴言

폭언
ポゴン

悪口


ヨッ

日本語では、「暴言」の後に続く動詞は「吐く」がセットですが、韓国語の場合は「폭언을 하다(ポゴヌル ハダ)」という風に하다(ハダ)を使います。

直訳すると「暴言をする」となり、ちょっと違和感を感じる人もいるかもしれませんが、日本語をそのまま言うとおかしくなるので、セットで覚えてしまいましょう。

また同様に、「悪口」のほうは「言う」がその後に続くのが日本語ですが、韓国語の場合は「욕을 하다 ヨグル ハダ)」とこちらも하다(ハダ)を使います。

一緒に例文も見ておきましょう。

いくら社長といえどもあの暴言はこれ以上我慢できません

아무리 사장님이라고 해도 그 폭언은 더 이상 참을 수 없습니다
アムリ サジャンニミラゴ ヘド ク ポゴヌン ト イサン チャムルスガ オプスムニダ

ヨグン ハジ マプシダ

また、悪口や人を馬鹿にしたり傷つけるような言葉をスラングとも言いますね。

日本語では俗語と言いますが、韓国語では속어(ソゴ)と言います。

絶対に使ってはいけない韓国語の暴言

 

それでは次に実際に、絶対に実際には使ってはいけない韓国語の暴言や悪口をいくつかご紹介します。

知識として、また自分の身を守るために知っておくのは良いのですが、決してむやみやたらに人に使わないように注意してください。

バカ・アホ

바보
パポ

この野郎、こいつ

임마
インマ

この二つは、日本語でもそうですが、韓国語でも友達同士など仲の良い間柄では親しみを込めて使うようなケースもあります。

比較的、ドラマやK-POPの歌詞にも登場することも多いので聞いたことがある人もいるかもしれません。

次に紹介するのは日本語にはない意味ですが、韓国語ではとても相手を侮辱する意味を持った暴言です。

개새끼

ケセッキ

씨발

ッシバル

一つ目の暴言は、直訳すると「犬の子供=子犬」という意味です。一見すると暴言ではないようにも思えますが、これは韓国語の暴言の中でもかなり上位に入る汚い言葉です。

相手を人ではなく犬扱い、さらに何もできない子供だとさげすんでいる意味になります。

二つ目の暴言は、あえて日本語で言うなら「くそったれ」だったり「畜生」というようなニュアンスです。

本当にどちらも決して韓国の人に対して意味なく使ってはいけません。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語の方言を覚えてみよう!どんな方言がある?特徴は?K-POPアイドル【BTS】の方言事情も!

LINE@追加

暴言ではないけど気を付けたい韓国語フレーズ

 

暴言として単語をいくつかご紹介しましたが、気を付けたいフレーズもあります。

狂う

미치다
ミチダ

너 미쳤어?(ノ ミチョッソ?)と疑問形にして使うと、「お前は頭がおかしくなったのか?」とバカにするような暴言になりますし、男性に対しての良くない呼び方である놈(ノム)につけて、미친놈(狂ったやつ)、女性に対しての良くない呼び方である년(ニョン)につけて미친년(狂ったやつ)と使ったりもします。

消える

꺼지다
コジダ

これは命令形で「꺼져!(コジョ!)」と使うと、「消えろ!」「ひっこめ!」などの暴言になります。

死ぬ

죽다
チュッタ

こちらも꺼지다(コジダ)と同じで、命令形で「죽어(チュゴ)」と言うと「死ね」と相手に言うことになります。

よくケンカの前のシーンで「죽고 싶어?(チュッコ シッポ?)」=「死にたいのか?」と相手を脅したりするときにも聞かれます。

いらいらする

짜증나다
チャジュンナダ

こちらは「짜증나!(チャジュンナ!)」と言うと目の前の相手に「むかつく!」「うっとおしい!」と暴言を浴びせる言葉になります。

本当に実際に人に向かって使うことが無いように気を付けましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

SNSやメッセージで使われる暴言(スラング)

暴言となる言葉やフレーズを見てきましたが、今の時代は会話だけでなくSNSやメッセージなどのやり取りにも気を付けなければなりませんよね。

情報のスピードが速いネットの世界なので、次から次へと新しいスラングや暴言になる言葉が生まれています。

そういう新造語ではなく、韓国語独特のハングル文字を使った暴言、スラングも幾つか紹介しておきます。

ㅗㅗ

「ㅗ」の母音を並べただけのこの文字ですが、実は両手で中指を相手に向かって立てている状態を表しています。

そのポーズがどんな意味かはご存知ですよね。くれぐれも軽々しく使うことのないように気を付けましょう。

ㅉㅉ

こちらは「ㅉ」の子音を並べていますが、これは舌打ちの音を表しています。

日本語では「笑う(WARAU)」の頭文字から、語尾にwを付けることがあり、それを勘違いをする人がいるそうですが、これは舌打ちの意味で相手に不満がある時に送るメッセージですので気を付けましょう。

ㅅㅂㄹ

これは先ほども暴言として紹介した「씨발」を表すスラングです。子音だけを並べています。本当に注意が必要な言葉です。

暴言を戒める韓国語のことわざ

いろいろな暴言や悪口、スラングがありましたが、最後に一つ韓国語のことわざを紹介します。

혀 안에 도끼 들었다

ヒョ アネ トッキ トゥロッタ
舌の中に斧が入った

これは日本語で言うと「口はわざわいの元」と同じ意味であると、良く紹介される韓国のことわざです。

しかし、「舌の中の斧」というと、もっと重い意味を感じますよね。

私たちは口の中に人を殺める斧のような武器を持っている、そこから発する言葉は人を傷つけることもあるという戒めです。

くれぐれも自分の言動には気を付けないといけないと感じさせてくれることわざです。

韓国語で「暴言」は何て言う?まとめ

韓国語の暴言について調べてみました。

どの言葉も、そうなのかもしれませんがその言葉自体が暴言になるものもあれば、使い方や言い方によって相手を傷つける言葉になるものもあります。

一度口から出た言葉は消えることはありません。本当に気を付けないといけないと思いますよね。

「혀 안에 도끼 들었다(ヒョ アネ トッキ トゥロッタ)=舌の中に斧が入った」ということわざの意味を忘れずに心にとどめておきたいですね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP