韓国語勉強で最初にすることは?読み書き・発音・文法?勉強法の順番やポイントも!

韓国語勉強で最初にすることは?読み書き・発音・文法?勉強法の順番やポイントも!

韓国語を勉強しよう!

そう思っても最初は何を始めたらよいのかわらかないものですよね。

英語と違って、文字は全く読めないし、知っているフレーズと言えば「アンニョンハセヨ」や「カムサハムニダ」くらいだけど…

一番良い方法は、韓国語教室に通って、先生に習うことが思い浮かびますが、その前に独学でできることをやってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

韓国語の勉強をするなら最初はテキストや参考書を買いに行こう!

そう思っても何からやっていいのか、最初にするべきことは何なのか、きっちり整理しておきたいですよね。

ここでは、「韓国語勉強で最初にすることは?」というテーマでおすすめの方法をご紹介したいと思います。

韓国語を勉強してやりたいことは何ですか?

「韓国語勉強で最初にする」ことを見ていく前に確認しておきましょう。

韓国語を勉強する目的です。

「韓国語を勉強して、それからやりたいことは何ですか?」

韓流ドラマを字幕に頼らずもっと楽しめるようになりたい!
大好きなK-POPアイドルの作品をもっと楽しんでファンレターも書きたい!
韓国に留学して現地でダンスレッスンを受けてみたい!
将来、韓国ファッションに関わる仕事ができるようになりたい!
韓国が大好きで、一人でもっと自由に旅行ができるようになりたい!
韓国人の友達ができたので、韓国語でも話をしてみたい!
などなど。

きっかけは人それぞれですが、必ず理由はあるはずです。

韓国語の勉強を始めるにあたり、それを忘れないようにしてください。

最初にやりたいと思った理由が、何か勉強を始めてつまずいた時や、辛くなった時にきっと力を与えてくれます。

また、その目的に合わせれば、どんな風に勉強するのが良いのかが見えてきます。

どんな小さなことでもいいので、まずは自分で理由をしっかり考えて覚えておいてください。

最初の韓国語勉強はハングル文字を読めるようになること!

最初はハングル文字を読む勉強から

韓国語を勉強する目的を再確認したところで、最初にすることを見ていきましょう。

どんな目的でも、韓国語を勉強しようと思ったら最初にすること、それは「ハングル文字を読めるようになること」です。

そういう風に言うと最初からちょっと抵抗を感じる人もいるかもしれません。

英語の授業もそうですが、読み書きをあれだけ一生懸命学校で習っても、あんまり自信が持てないまま大きくなっている人が多いことも原因の一つでしょう。

でも、韓国語で言うと、最初の内からハングル文字が読めるようにすることが、近道であるという事をお伝えしたいと思います。

それに、ちょっとしたコツをつかめば、簡単に誰でも韓国語のハングルを読めるようになります。

簡単に読めるようになるのであれば、最初から勉強しておいて損は無いと思いませんか?

安心してください。

韓国語に使われているハングル文字は、その昔韓国の王様が、教育を受ける機会のない平民も含めて広く読み書きの習慣を身に付けられるようにと開発された文字なんです。

知識の革命と呼ばれるほどの文字なんですよ。

ちょっとその仕組みを知れば、納得できるはず!

ハングル文字は、14個の子音と10個の母音から成り立っている文字です。

この24個の文字をパーツとして覚えてしまえば、その組み合わせですべての韓国語が読めるようになるんです。

日本語はひらがなもあればカタカナもあって、さらに漢字がありもし自分が外国人として勉強することになったらとても苦労しそうですよね…

それに比べて韓国語は24個!

英語はABCのアルファベットが27文字だけですが、単語を見ても何て読むのか、いまいちわからないという人も多いはずですが、韓国語はそんなことはありません。

その点で言うとひらがなと同じで、「この文字はこの発音」と決まっているからです。

どうですか?

最初からハングル文字を覚えるのは大変そうと思ったかもしれませんが、大丈夫そうですよね?

それでは、もっと具体的にハングルを読むためのポイントを見ていきましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
ヒット曲で韓国語勉強!歌謡曲を使うメリットや勉強方法のポイントにおすすめ曲も!

LINE@追加

韓国語勉強の第一歩:ハングルを読むためのポイント

韓国語を勉強する目的は人それぞれ違います。

でも最初にする勉強としておすすめの「ハングル文字を読めるようになること」ができるようになるポイントをチェックしていきましょう。

ハングルは表音文字

先ほど、ハングルは「この文字にはこの発音」と決まっているとお話しました。

「あ」は「あ」、「か」は「か」と読むひらがなと同じなんです。

「は」を助詞の時は「わ」と呼んだりすることもありますがそれは例外です。

基本的にはひらがなやカタカナは、文字に対して読み方は決まっています。

そういう文字を「表音文字」と言います。

逆に漢字は「表意文字」と呼び、一つの漢字でも読み方が一つではありませんよね。

昔は韓国でもハングル文字と合わせて漢字を使っていましたが、今はハングル文字だけ。

例えるなら、日本語で漢字がなくひらがなだけがあるという状態によく似ています。

それなら、絶対にひらがなを読めるようにまず勉強しますよね。

ハングル文字は子音と母音の組み合わせで発音が決まる!

そして、ひらがなを勉強するよりも、ハングル文字はずっと楽に読めるようになります!

ひらがなは50音図で、50種類の文字を全部覚えないといけませんが、韓国語は14個の子音と10個の母音からなるとお話しました。

全部で24個覚えれば後は組み合わせで読めるようになるんです。

例えば、子音の例として「ㄱ」、「ㄷ」の二つをあげましょう。そして母音の「ㅏ」です。

「ㄱ」はアルファベットの「K」、「ㄷ」は「T」と同じ発音の意味。

そして「ㅏ」は「A」なんです。

組み合わせて「ㄱ」+「ㅏ」はK+AでKA、つまり「か」という発音になります。

もう一つ、「ㄷ」+「ㅏ」はT+AでKA、つまり「た」という発音になります。

1つ読み方を覚えればどんどんそれを組み合わせて読めるようになるという仕組みなんです!

素晴らしいですよね!

ローマ字のようにハングルを練習する

この仕組みさえ知っていれば後は、どんどんパーツである子音と母音の読み方を覚えていけば、韓国語が読めるようになります。

コツは「ローマ字のようにハングルを練習する事」!

日本人の名前や地名を英語表記する時にローマ字表記を使いますが、あれも子音と母音の組み合わせで書いています。

韓国語もその要領でどんどんパーツを覚えて組み合わせていくだけなので、読めるようになります。

「反切表」という表を手に入れて、掛け算のように組み合わせていけばどんどん読めるようになりますよ。

ハングル文字の配置は上下・左右

その時、覚えておきたいポイントとして、ハングル文字の配置は、上下と左右の二つがあるという事。

先ほどの例は、左右に並べるパターンでした。

でも上下に並ぶパターンもあります。

母音が「ㅗ」の場合は、上下。先ほどの「ㄱ」、「ㄷ」と組み合わせると「고」、「도」と書くことになります。

ちなみに発音は「ㅗ」が「O」なので、「고」はKO(こ)、「도」はTO(と)と読みます。

ハングル文字のパッチムは下敷きのこと

これらのハングル文字の基本を覚えたら後はパッチムと言う下敷きになる文字があることを知っていれば最初にすることは終わりです!

「김치」はキムチというハングルですが、正確にはムの音はMだけなんです。

そうです。韓国語には「子音+母音+子音」というパターンがあるという事、それがパッチムです。

パッチムとは下敷きと言う意味。基本の文字の下にもう一つ、子音が入りますよという事なんです。

でもこれも文字の発音を知っていればどんどん読めるようになります。

最初は反切表を手元に置いて、一つ一つ調べながらでもいいのでたくさん読んで練習していきましょう!

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

最初のステップを乗り越えて韓国語勉強を進めて行こう!

韓国語が読めるようになるポイントを見てきましたが、できる気がしてきますよね?

日本語や英語に比べればとても考えて作られた文字なので、効率よく勉強ができる文字です。

そして文字が読めれば、どんなに長い文章でも韓国語を読めるようになります。

そこさえ最初にクリアできれば、後は自分の目的に合わせてどんどん勉強していくだけ!

独学でもできます。ですが、出来れば、最初の段階のこの文字を覚えるところから韓国語教室に通って正しい発音と共に習うことをおすすめします。

日本語にはない母音や子音の発音があり、それがなかなか一人だとマスターするのが難しいからです。

最初が肝心!

是非本気で韓国語を勉強したいと思ったなら、教室も検討してみて下さいね。

韓国語勉強で最初にすることは?まとめ

韓国語勉強で最初にすることは?という事で、ハングル文字が読めるようになることをおすすめしました。

文字からと言うとちょっとハードルが高く思えるかもしれませんが、韓国語はとても覚えやすい文字なので是非気負うことなく挑戦してみて下さい!

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は9,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数9,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP