韓国語コラム | 韓国語勉強は英語よりも簡単?同時に勉強は可能?英語は韓国語で何て言うかや英語表記もチェック!

韓国語勉強は英語よりも簡単?同時に勉強は可能?英語は韓国語で何て言うかや英語表記もチェック!

韓国語勉強って英語よりも簡単!

そんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

学校で一生懸命勉強していた英語、苦労しましたよね。

文法も難しいし、三単現のS、複数形、一人称・二人称などなど。

それより韓国語勉強が簡単って言われているのは何故なのでしょうか?

本当なら嬉しいですよね。今回はそういったことを調べてみたいと思います。

韓国語勉強は英語よりも簡単と言われる理由

韓国語勉強が英語勉強よりも簡単と言われる理由。

それは実は日本人限定です。

なぜなら、日本語と韓国語には共通点が多いから!

まず、語順が同じというのが一番のアドバンテージです。

私は 学生 です
나는 학생 입니다(ナヌン ハクセン イムニダ)

このように文章を作る時、日本語と韓国語は順番が全く同じです。

しかし英語は、【I am a student】となり、「私は です 学生」のように順番が変わってしまいます。

この語順のせいで日本人は英語を習得するのが難しいと言われているのですが、韓国語ではそんな苦労がないんです。

否定文、疑問文も同様なので、これはとても大きいポイントです。

「助詞を使う」、「敬語がある」など他の共通点もたくさんあります。

元々の母国語に似ているため、習得も英語より簡単だと言われているんですね。

やはり近い国なだけあります!

もちろん韓国語の勉強にも苦労はありますが、英語よりも簡単と知っておけば、必要以上に気負うことなく取り組めるというもの。

勉強に疲れて、くじけそうになったら英語の勉強を思い出して、励みにするというのは案外良い方法かもしれませんよ。

韓国語勉強と合わせて英語も同時に勉強できるもの?

韓国語勉強と英語勉強を比べたとことで、もう一つ。

「韓国語勉強と合わせて英語も同時に勉強できるもの?」という疑問が起こります。

実際に学生の間に韓国語を勉強している人は、同時に勉強しているという人もいます。

出来ない事はない、可能です。

でもやはり勉強にかかる時間は増えるので大変であることは間違いないようです。

とは言っても実際に勉強している人は、案外メリットも多いんだと感じているんだとか。

英語で言える事を韓国語でも言えるようになろうと目安になるので勉強の計画を立てるのにいいとか、英語から来ている外来語を覚えやすいとか、日本語の直訳だと理解できないけど英語に直してみるとすんなり理解できることが多いなどなど。

上級者になると、映画やドラマを英語字幕、韓国語字幕同時で見て勉強するなんて人も!

英語は昔やったことの復習にもなるし考えてみればとても効率もいい勉強かもしれませんね。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強を始める初心者に人気本の選び方!あなたに合うタイプの本は?参考書を選ぶポイントをチェック!

LINE@追加

韓国語で英語は何て言う?

韓国語勉強と英語の勉強について見てきたところで、次は韓国語で英語を何て言うのか?いろんな国名や言葉を韓国語で言えるように一覧でチェックしておきたいと思います。

英語 영어 イタリア語 이탈리아어
フランス語 프랑스어 スペイン語 스페인어
中国語 중국어 アラビア語 아랍어
ドイツ語 독일어 ロシア語 러시아어
イギリス 영국 アメリカ 미국
フランス 프랑스 イタリア 이탈리아
中国 중국 スペイン 스페인
ベトナム 베트남 シンガポール 싱가포르
インド 인도 イラン 이란
イスラエル 이스라엘 アフガニスタン 아프가니스탄
スウェーデン 스웨덴 ポルトガル 포르투갈
オーストラリア 호주 ハンガリー 헝가리
カナダ 캐나다 メキシコ 멕시코
パナマ 파나마 コロンビア 콜롬비아
オーストリア 오스트리아 ニュージーランド 뉴질랜드
モロッコ 모로코 エジプト 이집트
ドイツ 독일 スイス 스위스
ロシア 러시아 フィンランド 핀란드
香港 홍콩 キューバ 쿠바
マレーシア 말레이시아 アルゼンチン 아르헨티나
トルコ 터키 アフリカ 아프리카
カタール 카타르 カメルーン 카메룬

国名も言葉も日本語のカタカナで言っているのと発音が似ているものが多いですが、意外と漢字語のものも多いです。

漢字を思い出しながら覚えていくと覚えやすいのでおすすめです。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

韓国語の英語表記を勉強しよう!

次は韓国語を英語で書く時の英語表記の方法について勉強しておきたいと思います。

とは言っても、最初にハングルの読み書きを勉強した時、子音と母音の組み合わせで覚えた人がほとんどかと思いますので、英語表記もとても簡単です。

日本語をローマ字で書く時のように、子音と母音を組み合わせて書いていけばOK!

反切表に合わせて、それぞれのハングル文字を一つずつ英語表記で整理して、それを組み合わせれば韓国語の英語表記が完成します。

韓国語子音 英語表記
G(K)
N
D(T)
R
M
B(P)
S
なし
J
CH
K
T
P
H
KK
TT
PP
SS
JJ

子音が二種類あるのは、韓国語の発音変化の為ですね。基本的には濁った方で表記するのが一般的。これは後ほど詳しく見ていきます。

韓国語母音 英語表記
A
YA
EO
YEO
O
YO
U
YU
EU
I
AE
YAE
E
YE
WA
WAE
OE
WO
WE
WI
UI

母音の方が一見、ややこしそうに思うかもしれませんが基本の母音を組み合わせているだけなのでよく見ると規則性がわかるはず!

WやYは母音ではなくて子音では?とちょっと違和感があるかもしれませんが、韓国語では母音になりますよ。

そして最後に、パッチムになる時だけ発音が変わる子音もチェックです。

日本語でいう小さい「ッ」になる場合は大体「T」で表記します。

パッチム子音 英語表記
L
T
NG
T
T

この一覧を知っておけば、韓国語の英語表記ができるようになります。

김치 ⇒Gimchi
한국어⇒Hangugeo

書かれているものを読んでみると、何となくハングル文字が想像できますよね?
ハングル文字の読み書きを既にマスターしているなら実はあまり知らなくても困ることはないという人も多いのですが、役に立つこともあるかもしれないので、覚えておきましょう。

英語表記は語頭の発音変化に注意!

簡単だとご紹介した韓国語の英語表記ですが、一点だけちょっと知っておいていただきたいルールがあります。

それは語頭の発音変化について。

例えば有名なのが釜山という地名。

韓国語で書くと「부산」、カタカナだと「プサン」ですが、英語表記は「Busan」となります。

ご存知の通り、韓国語は「ㄱㄷㅂㅈ」の4つは文字の最初(語頭)に来るときは、濁らない音になるというルールがありますよね。

プサンの부は普通は「ブ」だけど語頭なのでこの場合は「プ」と読みます。

これ最初に勉強した時、本当にややこしいと誰もが感じた経験があるはず。

とてもややこしい!

と言うわけで、世界に向けての英語表記はこの発音変化は無視しようというルールがあるんです!

つまり、ㅂはどこにあってもBで統一します。

なので、英語表記では「Busan」と書くんです。

ソウルの有名な街、강남(カンナム)も英語表記は、【Gangnam】です。

濁っているのがデフォルトだけど語頭は濁らなくなるというルールがなくなるんです。

ちょっとややこしいかもしれませんが、英語表記の勉強で考えるとシンプルなのでそのように覚えて下さい。

韓国語勉強は英語よりも簡単?同時に勉強は可能?まとめ

韓国語勉強は英語よりも簡単だと言われている理由、同時に勉強は可能なのかと言う疑問を調べてみました。

チャレンジしている人も多いようで、試してみる価値はあると言えるかもしれませんね!

英語は世界共通語。知っていれば韓国語に困った時に役に立ったなんて経験もよく聞かれます。

苦手意識を持たず、韓国語も英語もどちらも勉強して上手になれたらいいですよね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は10,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国16校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に16校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数10,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

この記事の監修者

チョン スジョン

韓国ソウル出身、高麗大学で日本語・日本文学専攻、韓国語教員資格2級 2016年からK Village 韓国語でレッスンを担当。講師歴5年以上。 レッスン通算時間は約10,000時間、約400人の生徒に韓国語の楽しさを教えてきた大人気講師。K Village プレミア講師としてレッスンはもちろん、教材作成、レッスンカリキュラム、講師育成など幅広い分野で活躍。

K Village 韓国語 ブログ関連記事

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP