韓国語コラム | ひらがな五十音図で韓国語勉強!ハングル文字を日本語で整理して覚えよう!ハングルはひらがなより簡単って本当?!

ひらがな五十音図で韓国語勉強!ハングル文字を日本語で整理して覚えよう!ハングルはひらがなより簡単って本当?!

日本語を覚える時に使う五十音図。

あいうえおが縦に並び、あかさなたはまやらわが横に並んだあの表ですよね。

韓国語の勉強の第一歩であるハングル文字を覚えるのに苦労しているという人、一度その五十音図を使って、慣れしたんだひらがなの要領で韓国語を勉強してみませんか?

少し注意しておきたい点はあるものの、最初のハングル文字を覚えるのには意外と効果があると評判なんです。

早速チェックしてみましょう。

反切表じゃなくてひらがなの五十音図で韓国語勉強!

韓国語勉強の基本中の基本であるハングル文字。

これは【反切表】を使って覚えるのが定番ですよね。

韓国の子供ももちろん、最初はこの反切表を使って文字を覚えます。

でも日本人からすると慣れないので、馴染むのに時間がかかったりしますよね。

また反切表があれば、ハングル文字を読んだり書いたりすることはできますが、なかなか見ないで書けるようになるところまで上達しないという悩みを持つ人もいるようです。

そんな人に効果があったと評判なのが、反切表じゃなくてひらがなの五十音図でハングル文字を練習するという方法。

ハングル文字をすべて網羅できるわけではないのですが、なじみのある五十音なので気軽に取り組めて、意外に覚えられたという意見もあるようです。

実際には、人名や地名などの日本語の固有名詞を韓国語で表記する時にも役立つという事で、チェックしてみると、実用的でとても役にも立ちます。

まずはどんな物なのか、ざっと一気にチェックしてみましょう。

ハングルをあいうえおの五十音図で書いてみよう

다/타 가/카
치/티 기/키
츠/쓰 구/쿠
데/테 게/케
도/토 고/코
갸/캬
ひゃ にゃ ちゃ しゃ きゃ
규/큐
ひゅ にゅ ちゅ しゅ きゅ
교/쿄
ひょ にょ ちょ しょ きょ
ぴゃ びゃ じゃ ぎゃ りゃ みゃ
ぴゅ びゅ じゅ ぎゅ りゅ みゅ
ぴょ びょ じょ ぎょ りょ みょ

韓国語をひらがな五十音図で覚える時の注意

ざっと五十音図で並べたひらがなと、それに会うハングル文字を一気に見てきましたが、いかがでしょうか。

ハングル文字を反切表で勉強したことがあるという人なら、なるほどなとすんなり理解できるはずです。

反切表も五十音図も母音と子音が軸になり、ずらっと並んでいるところは共通なので、どちらも縦横で見て規則性があるのがわかりますね。

しかし、この表よく見ると何か所か気になる部分があるはずです。

違う言語の音を無理やり表記しているため、ちょっと違和感が出てしまう文字、なんだか候補が二つ、三つある文字などなど。

そうなんです。実はこの表ではいくつか注意しなくてはならない点があるんです。

その理由は韓国語の独特の発音ルールがある事、そして韓国語では正しく表記できない日本語の発音があるという事、この2点です。

ハングル文字は同じ文字なのに、その位置によって発音が変わるものがあるんです。

韓国語は母音も子音も日本語よりも数が多いので、日本語で正確に書き分けができない、書き表せられない文字がある事は、知っている人も多いのですがその逆もあるんです。

韓国語の勉強を進めている人ならおなじみのポイントなのですが、五十音図で書き表したときに覚えておきたいポイントをいくつかチェックしてみましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!

LINEを使って韓国語勉強!LINEで韓国語を使う方法や既読やスタンプは韓国語で何て言うかをチェック!

LINE@追加

「かきくけこ」のハングルはどっち?

まず一つ目は「かきくけこ」の表に一文字に対して二つ文字がある問題です。

一体どっちを使えばいいんでしょうか。

【かきくけこ】は【가기구게고】なのか、【카키쿠케코】なのか?

これは「가구」と言う単語を正確に読む事ができる人なら理由がわかるはずです。

濁音化というルールですよね。

「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」の4つの子音限定ですが、「K」の時もあれば「G」の時もあるというあのルールです。

文章や単語の一番最初(語頭)にこの4つのハングル「ㄱ ㄷ ㅂ ㅈ」の子音が来る場合はそのまま「K」の発音ですが、二文字目以降の語中や語末の場合には「G」と濁って発音します。

なので「가구」はどちらも同じ「ㄱ」ですが、「カグ」と読むのが正解です。

このルールがある為、「かきくけこ」を正しく表記したい場合、語頭の場合は가でいいのですが、それ以外の場合は「が」という発音で読む事になるので日本語としておかしい、だからはっきり「かきくけこ」となる【카키쿠케코】も一緒に覚えておこうという事で、二つのハングル文字が書かれています。

「たちつてと」でも二つ候補があるのはそういう理由です。

でも違う子音が並んでいるので他とは違います。

こちらの理由も見ていきましょう。

日本語の「つ」は韓国語で書けない?!

「たちつてと」のハングルが二つあるのは濁音化の為もありますが、もう一つ。

「つ」が韓国語にない発音だからという事があります。

実は韓国の人が日本語を勉強する時に一番苦労する発音だと言われているのがこの「つ」なんですが、皆最初は「ちゅ」のようになってしまうんです。

それはハングル文字に「つ」に相当する文字がないから。

「두」と書くと「トゥ」か「ドゥ」となってしまいます。

そこで韓国では、厳密に言うと同じではないが、最も発音が近い文字という事で、「츠」があてられるのが一般的。

「쓰」と書く場合もありますが「츠」の方が近いですよね。

「ち」が「디」ではなく「치」なのは、「디」と書くと「ティ」と言ってしまうからです。

「かきくけこ」以上に「たちつてと」はややこしいので注意してください。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

「ざじずぜぞ」は「자지주제조」じゃない?

次にハングル文字をしっかり勉強した気になるのが、「ざじずぜぞ」ではないでしょうか。

こちらも実は注意が必要です。

「자지주제조」は「ざじずぜぞ」じゃなく、「じゃじぃじゅじぇじょ」と読むのが正しいからです。

実は「ざじずぜぞ」もハングル文字では正確に書き表すことができないひらがな。

当てはまる文字がない、だから一番近い音で表すので、「ざじずぜぞ」は「자지주제조」になっています。

こちらも「つ」同様、韓国の人が日本語を勉強する時に、発音練習に苦労する文字です。

私たちはなにも意識しなくても言えるのに、不思議だなと思うかもしれませんが、私たちも韓国語の発音を勉強する時に「ㅓ ㅡ」や「가 카 까」など発音が難しい文字がありますよね。

全く同じことです。

自分の母国語にない発音はそれまで使ってこなかった音なので、勉強する場合全くのゼロからのスタートです。

英語でも「R」「TH」など一生懸命練習しましたよね。

外国語なんだからなじみのない発音があるのは当然!さらに言うと、習得するのも簡単ではないのも当然なんです!

五十音図で整理するとこういう事も知れるので、より韓国語の特徴が理解できますね。

ひらがな五十音図で韓国語勉強!まとめ

ハングル文字の勉強に効果があると言われている、ひらがな五十音図で韓国語勉強について調べてみました。

「あいうえお」は「아 이 우 에 요」、「あかさたな」は「아 가 사 다 나」と言いながらハングルを一度書いてみましょう。

五十音図でハングルを見ると、母音と子音が軸になり、ずらっと並んでいることから日本語との共通点も分かりますし、細かい発音に注意する事で韓国語の発音ルールや難しい発音などを知る事が出来ます。

より韓国語が身近に感じられるのではないでしょうか。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP