韓国語コラム | 韓国語勉強は単語から?文法から?ハングル文字の次に初心者が効果的にステップアップする順番・方法をチェック!

韓国語勉強は単語から?文法から?ハングル文字の次に初心者が効果的にステップアップする順番・方法をチェック!

韓国語勉強を始めたばかりという人は、まず最初にハングル文字の読み書きから勉強をスタートすると思いますが、その次はどうしたらいいのでしょうか?

一番多くの人が迷ってしまうのが、韓国語って単語から勉強するのがいいのか、それとも文法からなのかという順番のようです。

確かに、単語から、文法からのどちらからやるのが良いのでしょうね…

どちらも大切ですが、せっかくなら効率よく、効果的に勉強を進めていきたいのでおすすめを知りたいものです。

今回は、韓国語勉強は単語から?文法から?を調べてみたいと思います。

効果的に韓国語勉強したいなら順番が大切!まずやることは【ハングル文字】

冒頭でも触れましたが、韓国語勉強の第一歩はまず【ハングル文字の読み書き】です。

反切表を使って、子音と母音の組み合わせで成り立つハングル文字をしっかりと理解し、正しい書き方、そして一つずつの発音をしっかり覚えていくことが、スタートとなります。

発音は日本語では使われない音があって、なかなか苦労すると思いますが、しっかり自分の口を使って声に出して練習する事、そして音を聞いて真似するだけでなく、唇やのど、舌の動かし方にも注意して繰り返し練習する事が肝心です。

最初の壁ともいえるハングル文字ですが、一度マスターすれば大丈夫!

韓国語には日本語のように、ひらがな、カタカナ、漢字のようにたくさんの種類の文字が使われているわけではないので、ハングルを覚えると韓国語が読めるようになりますし、書き方は漢字の要領ですんなり書けるようになるはずです。

でも、問題はその次です。

次はどんどん韓国語の単語を覚えていくべきなのか、いやいやそれとも文法をしっかり押さえてから進めていくべきなのか…

迷ってしまいますよね。

韓国語は単語だけ勉強すればいいという話もあるみたいだけど?

と言うのも、韓国語の勉強の進め方として、「韓国語は単語だけを勉強すればいい」という説があるのを聞いたことがある人もいると思います。

これはちょっと補足が必要なのですが何故こんな話があるのかと言うと、「韓国語の文法・語順は日本語と同じだから」という事が影響しているようです。

英語と違って、疑問文にする時は語尾だけを変えればいい、否定文の時も同じ。

主語、目的語、述語の並び順が日本語と同じ韓国語は、英語と比較すると明らかに日本人にとって文法は学びやすいと言えるんです。

つまりこのことを極端に言って、「文法は勉強する必要はほとんどなし、だから韓国語は単語だけを勉強すればいい」という話が出てくるようです。

実際のところで言うと、単語だけをたくさん知っていて、それを会話の中で並べていけば、ある程度コミュニケーションを取ることはできるようです。

でも、文章で会話ができないとなると、細かいニュアンスが伝えられない、正確に会話を理解できないという事が、当然起こってきます。

とはいえ、単語はたくさん知っている方がもちろん有利だし、とても重要な勉強のポイントです。

でも単語だけやればいいというのは、実際には違います。

当然文法も大切。そこは誤解をしないようにしたいですね。

韓国語おすすめ記事韓国語のあいさつ・日常会話・授業フレーズをわかりやすい一覧でご紹介!
韓国語勉強でまずやること!ハングル文字の仕組みを理解して読み書きを最短ルートでマスターしよう!

LINE@追加

ハングル文字の次は単語から?それとも文法から?

それでは本題、ハングル文字の次の韓国語勉強は、単語からなのか、それとも文法からなのか。

この答えは、人それぞれと勉強のスタイルや好みがありますが、はっきりしているのは、最終的に韓国語を勉強していくなら、単語だけを覚えてもダメ、文法も大切。

つまり単語も文法も両方やっていく必要があるという事です。

これは英語の授業をはじめて受けた時の事を思い出してみると、イメージしやすいと思います。

BOOK、Student、Dogなど簡単な単語を勉強しつつ、「This is a…」などの文法も一緒に習いましたよね。

韓国語もこのように、まずは基本的な単語、そして文法から少しずつステップアップして進んでいくようにしましょう。

韓国語おすすめ記事韓国語は独学でマスターすることができるのか!?

単語も文法も並行して勉強するけどまず文法は超基本パターンだけでOK!

基本的な単語、そして文法から少しずつステップアップしていくのが、韓国語勉強のおすすめの進め方と言いましたが、もう少し具体的に見ていきましょう。

一番最初におすすめしたい文法はコチラ。

1.〇〇は□□です。 〇〇은/는 □□입니다

日本語の「~は」の助詞は韓国語では「은/는」の二通りがあります。

これはその前の単語にパッチムがある場合は은、パッチムがない場合は는を使います。

そして「~です」は「~입니다」。

もう一つ「~예요/~이에요」という言い方もありますが、まずは「~입니다」から始めて行きます。

次に、〇〇と□□に入れていくのは単語ですが、まずはこれくらいをチェックしてみましょう。

日本語 韓国語 発音
女性 여자 ヨジャ
男性 남자 ナムジャ
日本人 일본사람 イルボンサラム
これ 이것 イゴッ
それ 그것 クゴッ
あれ 저것 チョゴッ
구두 クドゥ
チェッ

「〇〇は」の〇〇に使える単語と言えば「私:나(ナ)」や「これ:이것(イゴッ)」がありますね。

まず、助詞の은/는のどちらを使えばいいのかを見極める必要があります。

「私:나(ナ)」はパッチムがないので「私は:나는(ナヌン)」となりますし、「これ:이것(イゴッ)」はパッチムがあるので、「これは:이것은(イゴスン)」となります

このパッチムの有無でその後の言葉が変化するというルールは、韓国語の文法を学んでいく上において、とてもよく出てきます。

なぜこのようになるのかと言うと、「連音」するからなんですね。

이것の最期にあるパッチムの「ㅅ」が、「은」の子音に来るため、実際に発音すると「슨(スン)」となるんです。

最初は戸惑うルールかと思いますが、慣れればこちらの方が発音もしやすいですし、すぐに単語も覚えていけます。

今はまずこの仕組みをしっかり理解し、少しずつ慣れていきましょう。

次は「~です」は「~입니다」ですよね。

こちらは書くときには特にパッチムを意識せず、単語を□□に入れていけば大丈夫。

私は女性です

나는 여자입니다
ナヌン ヨジャイムニダ

私は日本人です

나는 일본사람입니다
ナヌン イルボンサラミムニダ

これは靴です

이것은 구두입니다
イゴスン クドゥイムニダ

これは本です

이것은 책입니다
イゴスン チェギムニダ

書くときは簡単でも読むとなると、こちらもその直前にパッチムがあるかないかで連音化するので、ちょっと考えなければいけませんね。

基本の文法でまずはしっかり基礎を作ろう

1.〇〇は□□です。 〇〇은/는 □□입니다という基本的な文法の一つをご紹介しましたが、実はこの文法、一つマスターするだけでとても便利なんです。

前後に入る単語を変えるだけで、無限に韓国語の文章が作れますし、単語の勉強にもなりますよね。

またこの次は「〇〇は□□ですか?」という疑問文や「〇〇は□□ではありません」などの否定文にもステップアップしていくのですから、とても大切です。

文法は最初からあまりたくさん覚えようとする必要はありません。

まずは基本的なものをしっかり押さえ、どんどん新しいものを覚えようとするよりも、まずはじっくりそこから知っている単語で韓国語を使っていくことを練習していきましょう。

韓国語勉強は単語から?文法から?まとめ

韓国語勉強は単語からなのか、文法からなのかという、勉強の進め方、順番について調べてみました。

単語だけ、文法だけではなくやはりバランスよく、そして基本から進めていくことが大切なようです。

基本と侮るなかれ!基本はよく使うから基本なのであり、上級者になってもやっぱりよく使うものなので、とても大切なんです。

最初のうちからしっかりとマスターして、基礎を作ることが大切なんですね。

【PR】K Village 韓国語K Village 韓国語は12,000人が通う日本最大の韓国語教室。講師は全員日本語もバッチリ。受付には韓国留学経験もある日本人スタッフもいて安心。

まずは無料体験レッスンで韓国語を楽しんでみませんか?全国18校 + オンラインレッスンでおまちしております!

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み
LINE@追加

K Villageは全国に18校+オンラインも

まずは韓国語レッスンを無料で体験してみませんか?

韓国語教室 K Village 韓国語 は生徒数12,000人を超える日本最大の韓国語教室です。まずは無料体験レッスンでお待ちしています!

※2021年2月 日本マーケティングリサーチ機構調べ。在籍生徒数(生徒数)No.1

まずはお試しレッスン! 無料体験レッスン申込み

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH

K Villageで韓国語を一緒に勉強しませんか?

ぜひお気軽にご相談ください。

TOP
TOP