ハングルの基本の読み書きと韓国語の基礎会話はもはや常識?!知っておくべきハングルの基本を見ておこう

ハングルの基本の読み書きと韓国語の基礎会話はもはや常識?!知っておくべきハングルの基本を見ておこう

お隣の国、韓国で使われているハングル。英語と違って学校で必ず勉強するわけではない韓国語ですので、読めないというのは当たり前ですが、もはやそれでは済まされないほど、韓国やハングル文字は私たちの生活に浸透しています。

国内旅行に行くよりも安いし、楽しい!と韓国旅行は人気ですし、日本にいてもグルメにファッション、エンターテインメントとハングルはもはや身近過ぎて当たり前の存在と言ってもいいほど。

そんな時代ですので、ハングル文字を知っていることはもはや常識だと言わんばかりです。せっかく身近にあるハングル。勉強としてではなく、たしなみ程度でも知っていれば、もっと韓国やハングルが楽しめるはずです。実は始めてみると簡単だったとの声も多いハングル。この機会に少しかじってみませんか?

この記事の目次
・ハングルが読めるのはもはや基本?!
・ハングルの基本・子音と母音の組み合わせでできている
・基本さえ知っていれば簡単に読めるハングル文字
・押さえておきたいハングルの基礎的な会話
・基本を知ってどんどんハングルとの距離を縮めよう

ハングルが読めるのはもはや基本?!

  韓流ドラマに、K-POP。テレビやインターネットではもはや韓国のタレントさんを見ない日はないほど活躍をされています。そしてどんな人も一生懸命日本語を話しますよね。中にはびっくりするくらいあっという間に日本語をマスターし、ぺらぺらと流ちょうに話すようになった人なんかも珍しくありません。日本語を一生懸命勉強したんだなと思うとなぜか、親近感がわき、嬉しくなるものです。

それは、韓国の人も同じです。私たち日本人が韓国語を勉強している、ハングルを知っていると聞くと嬉しくなるものです。キムチやカルビなどのグルメはもちろん、オルチャンメイクやコスメ、ファッションなども若い世代であればあるほど韓国はすでに当たり前に生活の中に溶け込んでいます。

グローバルことが当たり前な現在。もはや、国が違うからというだけでは無視できないのか韓国ですよね。そしてその韓国で使われているハングルももちろんそうです。知らないでは済まされず、「ハングルもちょっと基本的なことならわかる。」「基礎的な挨拶くらいはハングルで」というところまで来ているのかもしれません。

これからの時代のたしなみとして、ハングルの基本や基礎会話をかじっておいて損はないでしょう。

ハングルの基本・子音と母音の組み合わせでできている

まずは、基本中の基本。ハングル文字から知っておく必要がありますね。しかし、まずご安心ください。

日本語で私たちが使っているひらがなやカタカナ、そして漢字に比べれば種類が少なく、とっても覚えやすいのがハングルなんです。ハングルはその昔、王様が学校に通えない平民でも文字が読めるようにとの思いを込めて作ったため、とても習得しやす合理的なことが最大の特徴なんです。

特に読み方はとても考えて作られているハングル。基本は、子音と母音が組み合わさっているということを知っていれば、ほとんどのハングル文字を読めるようになります。

■関連ハングル記事
ハングルの読み方一覧!分からない・読めないハングルの「読み方」を攻略しよう!
【ハングルの母音と子音】ハングルの書き方の基本は4つ!母音と子音の組み合わせ方をマスターしよう

基本さえ知っていれば簡単に読めるハングル文字

日本語で言う「あかさたな」は、ハングルでは「カナタラ」と言いますが、ハングルで書くと「가나다라」となります。ここで気づいていただきたいのが、すべて母音が「ア」であるということ。そしてハングル文字にすべて「ㅏ」が入っていること。

つまり、「ㅏ」は「ア」の発音、ローマ字で書くと「A]を示しているということなんです。

そうすると、가の右のㄱは、ローマ字で言うと「K」を示しているということが想像できるはず。KとAなので、「カ」と発音するというわけなのです。ということは、他も読めそうではありませんか?나は「NA(ナ)」ㄴはNを示し、다は「TA(タ)」ㄷはTを示し、라は「RA(ラ)」ㄹはRを示しているわけなのです。

では、고という文字。これはどうでしょうか。ちょっと形が違うので、戸惑うかもしれませんが가(カ)と同じㄱが含まれていますので、子音は「K」です。そしてㅗですが、これは「O(オ)」という発音を占めています。ということは、고は「KO(コ)」と読むというわけなんです。

ハングル文字の基本はこれでおしまい。子音と母音が組み合わさって文字になっていて、発音はローマ字のように読めばいいというわけなんですね。基本を知ったうえで、反切表と呼ばれる韓国語の一覧表を見れば、どんな文字でも一つ一つの読み方を知っていればすべて読めるようになります。

■関連ハングル記事
ハングルの文字数はたった24文字!ハングルは簡単に覚えられる表でマスターしよう

押さえておきたいハングルの基礎的な会話

韓国語の基本であるハングル文字について、かじったところで次は、会話を押さえておきましょう!

ここでは知っておきたい挨拶、自己紹介などの基礎的な会話をご紹介していこうかと思いますが、ハングル文字に加えて、カタカナでも発音をご紹介していきます。

本格的に韓国語を!というのであればハングル文字にもぜひとも挑戦していただきたいところですが、ハングルが書けなくても韓国語は使う機会がたくさんある言葉です。ことばはやはり使ってこそですので、カタカナでもどんどん韓国語に触れていきましょう!

おはようございます / こんにちわ / こんばんわ
アンニョンハセヨ(안녕하세요)

初めまして。〇〇と申します。
チョウン ペッケッスンミダ。〇〇ラゴ ハンミダ。(처음 뵈겠습니다. 〇〇라고 합니다)

ありがとうございます。
감사합니다(カムサハムニダ)

ごめんなさい。
죄송합니다(チェソンハンミダ)

おいしいです。
맛있어요.(マシッソヨ)

また会いましょう!
또 만납시다!(ト マンナプシダ)

—————————————–

これくらいはもう聞いたことがある!知っている!という人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。それではもう少しステップアップしたハングルの基礎会話もご紹介したいと思います。

フェイスブックやインスタグラムをしていますか?
フェイスブギナ インスタグレムル ハゴ イッスンミカ?(페이스 북이나 인스타그램을 하고 있습니까?)

メールアドレス交換しましょう!
イメイル ジュソルル キョハンハプシダ!(이메일 주소 교환합시다!)

ラインを使っていますか?写真を送りますよ!
ライヌル サヨンガゴ イッスンミカ?サジヌル プネルケヨ!(라인을 사용하고 있습니까? 사진을 보낼게요)

日本に来たら連絡ください!
イルボネ オミョン ヨンラッチュセヨ!(일본에 오면 연락주세요!)

少しでも仲良くなれた韓国の人がいたら使いたい基礎会話もご紹介しました。どんどん機会があれば使ってみましょう!

■関連ハングル記事
韓国語の挨拶をハングルで完璧に!朝の挨拶「おはよう」はアンニョンハセヨだけじゃない?!
韓国語の挨拶をハングルで完璧に!ご機嫌伺い「元気ですか?」で会話をスタートさせよう
ハングルが出来なくても韓国の友達とLINE(ライン)は使える!友達追加やスタンプの使い方まで!

基本を知ってどんどんハングルとの距離を縮めよう

韓国語の基本であるハングル文字と、基礎会話をご紹介しました。

ますます身近になってくるであろうハングル文字をこの機会に少しでも距離を縮めていただけたらと思います!

LINE@追加

K Village公式インスタグラムを始めました!

K Villageを覗いてみませんか?

8,000人が通う日本最大級の韓国語教室、K Village Tokyo。授業の様子がよくわかる動画をご覧ください

K Villageは全国に10校。
まずは韓国語無料体験してみませんか?

韓国語学校K Village Tokyoは生徒数8,000人を超える日本最大級の韓国語教室です。各校舎では楽しいイベントも盛りだくさん。一緒に韓国語を勉強しませんか?まずは無料体験してみませんか?

新大久保駅前校 新大久保本校
新宿西口校 上野校
横浜駅前校 名古屋校
大阪本校 梅田校
なんば校 福岡校

15秒でわかるK Village!

15秒でK Villageがわかります。今すぐ再生!

無料体験申し込み 申込アイコン

関連記事

  1. 名古屋で見つけた韓国!中部地方の韓国人の窓口にはコリアンタウ…

  2. 韓国語の「アラッソ」は日本語でどういう意味?「わかった・知っ…

  3. ハングルの二重母音とは?組み合わさっている母音から正しい発音…

  4. 韓国語でTT(TWICE)を歌おう!韓国語歌詞の発音と和訳を…

  5. 【韓国語をオンラインで?】韓国語をオンラインで勉強するメリッ…

  6. 韓国語「クレヨ(그래요)」の言い方を覚えよう!一緒によく使わ…

1レッスン500円からの韓国語スクール
私たちと一緒に勉強しましょう
ぜひお気軽にご相談ください。